asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  アクセスTop30 
サイト内検索:
ニュース特集 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
ニュース特集一覧   
     
 home > ニュース特集 > BSE問題  
【BSE問題】
 
米農務省、BSEで記録改ざんか 監察官が刑事捜査入り

 米国で昨年末に初めて確認された牛海綿状脳症(BSE)の感染牛について、米農務省の記録が改ざんされていた疑いが浮上した。省内の事件に捜査権限を持つフォン同省監察官は3日、下院で証言し、改ざんの有無と適切な対応だったかどうかについて、刑事捜査に入ったことを明らかにした。米国牛に対する当局のデータ管理に改めて疑問を投げかけるもので、今後の捜査次第では、輸入再開に向けた日米交渉にも影響を与えそうだ。

 AP通信によると、農務省に対する刑事捜査は、処分された時の感染牛の状態が焦点になる。昨年12月に確認された感染牛について、農務省は「歩行が困難な病的な牛」だったとしてきた。しかし、処理場関係者らの証言から、そうでなかったとの疑いがでていた。

 下院の政府改革委員会では先月、関係者の証言をもとに「病的な牛ではなかった可能性がある」と指摘する書簡を、ベネマン農務長官に送っている。これに対して、長官は、農務省の説明に問題はなかったと反論していた。

 感染牛の調査対象が「病的な牛」でなかった場合でも、「疑いがあれば病的な牛以外でも調べていたわけで、それ自体に問題はない」(スイスの農業専門家)。しかし、米国産牛肉の輸入再開には日本と同等の全頭検査などが必要とする農水省では、「牛に関するデータ管理そのものが十分でないことを示唆するものになる」と捜査の行方を注目している。

(04/03/04 11:57)


 関連情報  


 これまでの記事一覧







| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission