asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  Top30 
サイト内 WEB
ニュース特集 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
ニュース特集一覧   
     
 home > ニュース特集 > BSE問題  
【BSE問題】
 
「牛丼なき」吉野家、24年ぶり当期赤字転落の見通し

吉野家の安部修仁社長
当期赤字への転落予想を発表した吉野家の安部修仁社長=30日、東京証券取引所で
吉野家は「牛カレー丼」など新メニューをアピール
吉野家は業績回復へ、「牛カレー丼」など新メニューをアピールしている=東京都千代田区鍛冶町2丁目で

 牛丼チェーン最大手の吉野家ディー・アンド・シーは30日、05年2月期の連結当期損益の予想を、4月時点の31億円の黒字から18億円の赤字に大幅に下方修正すると発表した。米国で牛海綿状脳症(BSE)に感染した疑いのある牛が見つかったために、吉野家が主材料と頼ってきた米国産牛肉の輸入が止まり、今年2月に牛丼販売を停止。それ以降の売り上げが予想以上に落ち込んだ。当期赤字は、会社更生法の適用を申請した80年度以来、24年ぶりとなる。

 修正後の05年2月期の連結売上高予想は4月時点より5.2%減って1223億円。米国産牛肉の輸入が再開されないことを前提とした数字で、今年2月期比では13.3%の減少となる。米国産牛肉に代わる材料調達費などが上昇しており、経常損益の予想も41億円の黒字から9億円の赤字に見直した。

 既存店売上高の低迷が今年2月以降続き、4、5月は前年同月を3割強下回った。6月は一段と落ち込む見通しだ。第1四半期(3〜5月)は12億円の営業赤字を計上。「豚丼」の投入や各種セールで集客力の回復を図ってきたが、十分な成果があがっていない。 (04/06/30 20:04)


 関連情報  


 PR情報

 これまでの記事一覧







| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission