asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  Top30 
サイト内 WEB
ニュース特集 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
ニュース特集一覧   
     
 home > ニュース特集 > BSE問題  
【BSE問題】
 
米BSE検査、疑いの牛の一部だけ 農務省が内部報告書

 牛海綿状脳症(BSE)に関する米農務省の検査体制に不備があるとの報告書が、同省の内部監査でまとめられていることが13日明らかになった。検査対象は、食肉用に解体するために処分場に持ち込まれた牛に限られ、BSE感染の疑いがあっても牧場で死んだ牛は検査対象になっていなかった。報告書は「問題が修正されなければ、検査全体の有効性に否定的な影響を与える」と指摘しており、米国産牛肉の輸入再開をめぐる日米協議にも影響を与える可能性がある。

 下院政府改革委員会の民主党議員団が同日、報告書の草案を公表した。それによると、BSE感染の可能性を示す中枢神経障害の疑いがある牛について、02会計年度(01年10月〜02年9月)以降に見つかった680頭のうち、検査を受けたと確認できたのは162頭だけだった。牧場で原因不明で死んだ牛は、他の牛より感染の可能性が高いとされるが、検査体制が整備されていない。

 米農務省は今年6月、検査対象を年間2万頭から約29万頭に拡大し、1年〜1年半の予定で実施している。しかし報告書によると、一部の処分場を除くと協力は任意で、検査対象が偏る可能性がある。このため、検査結果に基づいて米国内でどの程度BSEが広がっているかを推定しても、「信頼できない可能性がある」と指摘した。

 これに対し、農務省のディヘイブン動植物衛生検査局長は同日の記者会見で「監査が実施されたのは3月で、指摘された問題の多くはすでに解決した」と説明した。

(04/07/14 13:21)


 関連情報  


 PR情報

 これまでの記事一覧







| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission