チャレンジド wonder athletes

パラスポーツの最高峰に迫るプロジェクト「チャレンジド」が幕を開ける。登場するのは車イス・プレーヤーや義足スプリンターたち。思いもしない困難に見舞われることをチャレンジと言うなら、ひるまず自分の限界に挑むこともチャレンジと呼ぶ。世界で輝くチャレンジド・アスリートの世界

数ある車いすスポーツのなかでも人気が高い「バスケットボール」。今夏のリオで躍進が期待されるジャパンのキーマンたちに密着した。

車いすバスケ

日本が世界に誇る車いすテニスプレーヤー「YUI KAMIJI」。史上最年少となる20歳で「グランドスラム」を獲得した彼女の素顔に迫る。

車いすテニス かみじゆい選手の画像

車いすバスケットボールから車いすフェンシングへ。競技歴20年以上のベテランが、ゼロから再スタートを切った。38歳、自分自身と戦い続ける。

車いすフェンシング やすなおき選手の画像

“見えない世界”を泳ぐ。2歳で全盲になって以来、コーチや仲間を信じて泳ぎ続けて来た。3度目のパラリンピック。いざ、世界の頂点へ。

盲目スイマー木村敬一選手の画像

走り幅跳びで五輪メダル級の記録「8m40」。 “跳びすぎた”ことで議論を巻き起こしている義足アスリートがいる。2016年、男は五輪の舞台を目指す。

義足幅跳び選手のマルクス・レーム選手(独)の画像