サラ・レイナーツェン選手 インタビュー 動画(58秒)

シーン1

(サラ) 私はチーム・オズールのメンバーです。オズールは世界有数の義足会社です。メンバーに選ばれたのは17歳ごろですが、いまでも誇りに思っています。オズールのサポートを受けたい切断者は世界中にいます。長いあいだ支援を受けている私は幸せです。世界中の切断者にスポーツをするきっかけを与えることが、私の使命だと思っています。

チーム・オズールのメンバーで居るためには、結果を出し続ける必要があります。メンバーの入れ替えは、よくあります。だってスポーツですから。別にオズールだけに限ったことではありません。ナイキだってそうです。結果を残せなければ入れ替えが待っています。それが現実です。

インタビューで語るサラ 義足をつけて走るサラ
=敬称略