第1回 “跳びすぎた”男

有利でない証明

8メートル40。義足アスリートの走り幅跳び世界記録だ。この記録が今夏、ある「夢物語」を現実にするかもしれない。障害者アスリートが、パラリンピックではなくオリンピックでメダルを手にする物語の主人公の名はマルクス・レーム。ドイツ出身の27歳だ。

世界選手権・走り幅跳びで優勝後、指を突き上げながら引き上げるレーム=おちたかお撮影

8メートル40とはどういう数値か。北京・ロンドン五輪の男子走り幅跳び金メダリストの記録と比べれば分かる。

ロンドン五輪(2012年)
グレグ・ラザフォード(英)8メートル31
北京五輪(2008年)
アービング・サラディノ(パナマ)8メートル34

単純な比較だが、レームは過去2大会のチャンピオンよりも遠くへ跳んでいるのだ。彼が8メートル40を記録したのは昨年10月。ドーハで開催された障害者陸上の世界選手権だった。実はこのとき、レームは1回目の試技で9メートル近いジャンプを見せている。踏み切りで、つま先がわずか数センチ出てしまったためファウルだったが、今後のさらなる記録更新に期待を抱かせる大跳躍だった。2016年、彼は“どこ”を目指すのか。昨年12月、レームが所属するドイツ西部にあるスポーツクラブ「レーバークーゼン」を訪れて質問した。「あなたは、リオ五輪に出たいのか?」彼は即答した。

メダルが欲しいわけじゃないの動画(音声が含まれています)

この動画の内容をテキストで読む

「出たいです」そして続けた。「べつに『金メダルをよこせ』と言っているわけではありません。評価は別でいいので、同じ舞台で跳ばせて欲しいのです」だが“跳びすぎた男”の挑戦への道は、平坦ではない。2014年のドイツ選手権。レームは8メートル24を跳び、健常者を破り優勝した。だが他の選手たちが、「カーボン製義足を着けた右足で踏み切ったことが有利に働いている」とドイツ陸連に訴えた。陸連は、レームの踏み切り前後の速度を分析した結果、レームをドイツ代表にしない決定を下した。レームは言う。「私が健常者と同じ大会に出場することが、議論になっていることは知っています。でもこれだけは言いたい。義足が私のすべてではないのです。義足だけに注目が集まっているのは、不満です」。レームは国際陸連(IAAF)に手紙を書いたという。「五輪に出させてほしい」と懇願する内容ではない。「どんなデータを出せば、有利でないことの証明になるのか、基準を教えてほしい」と尋ねたものだ。はたしてレームは、健常者を超える記録を連発する新たなスターか、それとも、道具の力を借りた“ずるい”選手なのか。

所属するスポーツクラブ「レーバークーゼン」で練習するレーム

称賛から疑念へ

レームは5歳で陸上を始めた。陸上大会で表彰状やメダルをもらう運動神経のいい少年だった。その一方で、モーターボートに引かれて水上をボードで滑るウェイクボードにも夢中になった。15歳になる直前、悲劇が襲った。ウェイクボード中、ボートがレームに乗り上げてきた。スクリューに右足が巻き込まれ、水面が赤く染まる。3日後、右足を切断することになった。「自分の基盤が失われたようで、ショックでした」。レームは振り返る。15歳の少年は、両親と離れて一人暮らす病院でリハビリをしながら願った。「前と同じ自分になりたい」と。思いは膨らむ。「他の人から『できない』と言われても、自分の限界は自分で確かめたかったのです」事故から5年後、レームはスポーツ用義足を初めて着けて走った。「顔で風を感じ、何とも言えない心地よさでした」。けがをする前以上に陸上にのめり込んでいった。走り幅跳びを再開した当初、レームは利き足ではない左足で踏み切っていた。コーチの勧めで、すぐに義足の右足で踏み切るようにした。11年に7メートル09だった記録は、12年に7メートル35、13年に7メートル95に。8メートル40まで伸びた昨年、健常者に勝つことが当たり前のようになった。

産業技術総合研究所・保原浩明 データで解析するレームのすごさの動画(音声が含まれています)

この動画の内容をテキストで読む

「義足なのに大したものだ」「よく頑張っている」。快進撃を続けるレームを、周囲は称賛した。しかし2014年、ドイツ選手権でついに健常者を抑えて優勝すると、別の声が聞こえるようになった。「義足の選手が勝てるはずがない」「何かがおかしい」と。大会直後の2014年7月、ドイツ陸連がレームの跳躍を分析したデータを南ドイツ新聞が報じた。8メートル24を跳んだレームと、8メートル~8.59メートル跳んだ健常の選手32人の平均を比べた内容だった。着目したのは、踏み切る前と後の速度の変化だ。

ドイツ陸上連盟の考えの動画(音声が含まれています)

この動画の内容をテキストで読む

レームの踏み切り前の速度は秒速9.72メートル。健常者選手の平均10.43メートルよりも遅い。ところが、踏み切った直後、レームの垂直方向の速度は秒速3.65メートル。これは32人の平均3.36メートルを上回る。また、踏み切り直後の水平速度は、レームが秒速8.80メートルで、32人は8.93メートル。踏み切り前と後でレームは0.92メートルしか減速していないのに対して、32人は平均1.50メートル減速している。これにより、ドイツ陸連は「レームと他の選手が同一のメカニズムで跳躍しているとはいえない」と結論づけた。“ロケットのような上昇力”は、義足がバネのような働きをしているからだレームは後ろ指を指されるようになった。(後藤太輔)

=敬称略