第4回 若きコーチと

勝負できる

高桑さきが陸上を始めたのは高校1年だ。決して早くはない。家族で親しんだテニスを続けようかとも迷ったが、テニスにはひとつ義足使用者には克服しづらい点があった。欠かせない横方向の動きが、義足ではひどくむずかしいからだ。その点、陸上短距離走は克服しやすかった。前方向への動きだけで勝負できる。しかも同い年の健常者と並んで走ってみて、自分のスピードに自分で驚いた。義足ながら100メートルを15秒台で走りきることができた。高校の陸上部はいごこちが良かった。一般の部員と同じように練習し、いっしょに遠征できることが素直にうれしかった。

競技用の義足をつけて走る高校時代の高桑選手

二人の挑戦

高1の秋、大分市で開かれた国体に出場した。高2の秋には東京であったアジア・パラユースという国際大会に挑んだ。さきは100メートルと走り幅跳びにエントリーし、何とその2種目とも金メダルを獲得してしまう。さきが初めての本格的な指導者と出会ったのはその年だ。埼玉大学でスポーツを専攻していた大学院生の高野大樹(26)である。パラ陸上の埼玉県代表を率いるコーチだった。そのチームにさきもいた。高野自身、パラリンピックの競技経験はない。パラリンピック選手を指導した経験もない。だがさきの素質と研究熱心さにはピンとくるものがあった。伸びしろがまだ相当あるように見えた。パラリンピック選手の指導方法が確立していないのなら、自分がやってみたいとも思った。さきの走りを動画に収め、動作感を尋ねては記録する生活が始まった。

高野大樹 インタビューコーチの動画(音声が含まれています)

この動画の内容をテキストで読む

ゾーンに入る

去年秋、韓国・インチョンであったアジアパラリンピックには、高野も同行した。追い風参考ながら、13秒38を出したあのレースだ。「あの大会では彼女は最高に調子が良かった。あのコンディションなら風がなくても目標だった13秒59はまちがいなく出ていた」と高野は断言する。陸上の世界に「ゾーンに入る」という言葉がある。自分でも分からないまま体が思うままに動いて苦もなく自己ベストを出すような理想的な状態を指す。インチョンでの彼女はまちがいなくゾーンに入っていた。あれはまぐれではないんです」何と何の条件がそろうとさきが着実に「ゾーン」に入れるのか、コーチである高野はそれを懸命に考えている。それが解明できれば、さきがいま目標と格闘している100メートル13秒5台は容易に達成できるはずである。

競技場にあぐらをかいて、足をほぐす高桑選手

高野はさきをこう評する。「メンタルな部分では抜群に安定した選手。練習不足だからといってレース前に弱気にならない。やけを起こすこともない。ケガをした時などは、開き直ってたっぷり休む勇気がある」。一方で「しっかり者を演じようと思うのか、つらい時に葛藤を内にため込んでしまう傾向がある」とも言う。

高野コーチが上げる右ももを見つめる高桑選手

研究は続く

さきの劇的な記録向上を研究対象として、高野は3年前、修士論文を書き上げた。題は「義足スプリント走の疾走フォームに関する発生運動学的研究」。健足と義足のストライドは同じでなければならないのか、義足が接地後に反動で高く上がりすぎるのをどう抑えたらよいのか。さきの指導を通じて見えた発見を科学的に分析した。これで修士号を得た高野は、埼玉県立の定時制高校で教職に就いた。今も土曜と日曜はさきのコーチングを続ける。(特別編集委員・山中トシヒロ

=敬称略