第5回 もうひとつの支え

働きながら

慶応大学を卒業した高桑さきは今春、芸能大手エイベックスに就職した。タレントのマネジャー業務で知られる会社だ。歌手や俳優、モデルが多く所属する。障害者雇用にも積極的で、さきを含む12人の障害者アスリートを採用している。さきは、東京・六本木にある本社の広報課に配属され、社内外のPRなどを担当する。紺色のビジネススーツに身を包んださきは、本社で会うと、パリパリの新入社員風だ。「2年目からはカジュアルな服で出勤してもOKなんですけど、1年目はスーツ着用がルールでして」と照れ笑いを浮かべる。出勤が求められるのは火曜、木曜、金曜。コンピューターの電源を落として午後3時に退席すると、まっすぐ横浜かよよぎの練習場へ向かう。トラックに着くと、日常用の義足を、競技用の義足にはきかえる。

競技場のベンチに腰掛ける高桑選手

姉と暮らす

練習を終えると、新宿区内の家へ帰る。姉のきえ(25)と2人暮らしだ。きえは埼玉県内に住んでいたが、ごく最近、転職をして、妹のもとへ合流した。さきがあちこちの大会に出るようになって、ロンドンのパラリンピック前からは新聞やテレビの取材も増えた。落ち込むことや辛いこともある。食生活も含め、だれかのサポートが必要かなと思って、私の学生時代以来の姉妹2人暮らしを再開したわけです」きえによると、さきは幼いころから運動神経に恵まれていた。三輪車も一輪車も自力でスイスイ乗り始める。自転車も、親や姉が後ろから支える必要すらなかった。鉄棒の逆上がりも得意中の得意。テニスを始めれば3歳上のきえの技量をやすやすと超えた。

姉・きえさん インタビュー動画(音声が含まれています)

この動画の内容をテキストで読む

4人のシャツ

そんな天性のアスリートに左足切断の運命が待っていたとは、きえには予想もできなかった。さき中一の夏、手術を終えて退院した直後、一家はペットを飼い始めた。さきを励ますためだった。パピヨンというけんしゅのオスを選び、「ポロ」と名付けた。

愛犬「ポロ」とほほを寄せ合う手術後の高桑さき

さきは子供のころからハンバーガーやフライドポテト、炭酸飲料が大好きだ。しかし世界というステージで戦うためには栄養摂取にも気を配らなくてはいけない。大会が近づくと、きえは「ハンバーガー断ち」を妹に命じる。「競技内容のことはよくわかりませんが、メンタルな面なら支えてあげられる。競技に集中できるよう生活環境を整えてあげたい」ほんの数年前まで、さきは大会や練習に家族が来ることをあまり好まなかった。「恥ずかしいから見に来ないで」「来ても声援は控えめに」最近は言わなくなった。単身赴任中の父、きいちが上海から応援に来ると素直に喜ぶようになった。昨秋の韓国・インチョンでの大会には、母と姉、友人ら女性4人で応援に出かけた。そろいの紺色のシャツに一文字ずつ「高」「桑」「早」「生」と名前を大書して、スタンドから遠慮なく大声援を飛ばした。

「高」「桑」「早」「生」と一文字ずつプリントした青いシャツを着てスタジアムで記念撮影する4人。左から高桑さきの姉、母、友人。

さきが抗がん剤治療のたびに悲しいほど無口になった10年前の夏が、遠い昔の幻のことのように思えた。(特別編集委員・山中トシヒロ

2015年9月のジャパンパラ陸上競技大会で女子200mに出場し、トラックを走る高桑早生選手
=敬称略