メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月30日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

認知症とともに

 2025年には、高齢者の5人に1人にあたる約700万人が認知症になるといわれています。超高齢化が進むなか、認知症になっても安心して暮らしていける「認知症フレンドリー」な社会作りに、創刊140周年記念事業として朝日新聞グループ全体で取り組みます。

連載:本人の思い

 認知症の人が自らの言葉で胸のうちを語る「本人の思い」。特集「認知症とともに」の連載で、随時配信しています。

写真・図版

認知症カフェで笑顔に 全国に急増、当事者による運営も有料会員記事 (2019/4/23)

「認知症カフェ」をご存じでしょうか。認知症の当事者やその家族が気兼ねなく過ごしたり、情報交換したりする憩いの場として、各地に広がっています。高齢者の7人に1人が認知症と言われる現代。中国地方でも特色を生かしたカフェが増えています。 平日水…[続きを読む]

私のおばあちゃん

コラム:認知症と生きるには

〈認知症〉 厚生労働省研究班によると、65歳以上で認知症の人は2012年時点で約462万人。いくつかのタイプがあり、記憶障害が典型的な症状の「アルツハイマー型」が最も多く、7割近くを占める。脳出血など脳血管障害が原因の型が2割ほど、幻視などを伴う「レビー小体型」が4%ほどとされる。高齢化で25年には高齢者の5人に1人の700万人に増えるとみられている。65歳未満で発症する若年認知症の人も09年発表の厚労省調査で推計約3万8千人いる。(2016年12月26日夕刊より)

 朝日新聞は今後の記事で、認知症の人の行動を表す際に「徘徊(はいかい)」の言葉を原則として使わず、「外出中に道に迷う」などと表現することにします。今後も認知症の人の思いや人権について、本人の思いを受け止め、様々な側面から読者のみなさんとともに考えていきたいと思います。

最新ニュース

写真・図版

静かに忍び寄る「医療崩壊」 疲弊する病院を襲う第2波(2020/10/29)会員記事

 新型コロナウイルスの国内感染者数が10万人を超えた。3~5月の「第1波」と比べ、7~9月の「第2波」は軽症の人が増え、死者数も減っている。この状況をどうみるのか。「第1波」と「第2波」の違いとは。都…[続きを読む]

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】プログラミング教育の本質

    利根川裕太さんが語る

  • 写真

    【&M】常にやるべきことを中心に

    輝いている人の生き方

  • 写真

    【&TRAVEL】美食とスターを巡る香港の旅

    身も心も大満足!

  • 写真

    【&M】国産バンコン最大の室内空間

    「救急車ベース」のすごい実力

  • 写真

    【&w】コロナ禍で気づいた「愛」

    ハンバート ハンバート

  • 写真

    好書好日生きやすい街求めドイツ移住

    香山哲「ベルリンうわの空」

  • 写真

    論座クマを森から出さないために

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンいい作品との出合いに感謝

    女優・石橋静河の現在

  • 写真

    T JAPAN馬に魅せられた注目の美術家

    今月の必見アート展3選

  • 写真

    GLOBE+ボトムアップ型で変わる医療

    私たち抜きに決めないで

  • 写真

    sippoみんな大好きパンケーキ!

    米粉で作る簡単犬おやつレシピ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ