メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

認知症とともに

 2025年には、高齢者の5人に1人にあたる約700万人が認知症になるといわれています。超高齢化が進むなか、認知症になっても安心して暮らしていける「認知症フレンドリー」な社会作りに、創刊140周年記念事業として朝日新聞グループ全体で取り組みます。

連載:本人の思い

 認知症の人が自らの言葉で胸のうちを語る「本人の思い」。特集「認知症とともに」の連載で、原則月1回配信しています。

写真・図版

味覚をなくした料理人 死を考えた僕、涙の叫びが変えた(2018/12/25)有料記事

料理人として店を構えようとしていた4年前、アルツハイマー病…[続きを読む]

認知症にやさしい街

おすすめの本

お金の悩み

〈認知症〉 厚生労働省研究班によると、65歳以上で認知症の人は2012年時点で約462万人。いくつかのタイプがあり、記憶障害が典型的な症状の「アルツハイマー型」が最も多く、7割近くを占める。脳出血など脳血管障害が原因の型が2割ほど、幻視などを伴う「レビー小体型」が4%ほどとされる。高齢化で25年には高齢者の5人に1人の700万人に増えるとみられている。65歳未満で発症する若年認知症の人も09年発表の厚労省調査で推計約3万8千人いる。(2016年12月26日夕刊より)

 朝日新聞は今後の記事で、認知症の人の行動を表す際に「徘徊(はいかい)」の言葉を原則として使わず、「外出中に道に迷う」などと表現することにします。今後も認知症の人の思いや人権について、本人の思いを受け止め、様々な側面から読者のみなさんとともに考えていきたいと思います。

最新ニュース

写真・図版

里親探しや世話頼まれ… 高齢者とペット、悩む介護現場(2019/1/21)有料会員限定記事

 「認知症でペットの世話ができなくなり、フンや尿で清潔さを保てない」「家族同然のペットがいるからと入院を拒む」――。介護保険のサービス提供で、ペットの扱いにケアマネジャーらが苦慮する事態が広がっている…[続きを読む]

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】吸引機能がついた賢いゴミ箱

    センサーでゴミを検知して吸引

  • 写真

    【&TRAVEL】しるこにイチゴ、静かな時間

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】複業は人生を広げる選択肢

    著者と語る朝渋・西村創一朗

  • 写真

    【&w】「余白のある街」の可能性

    日本橋浜町のブックカフェ

  • 写真

    好書好日気持ち悪いのにクセになる

    白井智之ミステリーの世界観

  • 写真

    WEBRONZA柳川前町長から玉城知事へ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    キュートな猫缶は高感度UP

  • 写真

    T JAPANすきやばし次郎、マグロを語る

    日本の水産資源の現実とは

  • 写真

    GLOBE+中国「真の男をつくる学校」

    NYタイムズ世界の話題

  • 写真

    sippoオスの三毛猫は存在しない?

    まだまだ残る猫のなぞ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ