メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

認知症とともに

 2025年には、高齢者の5人に1人にあたる約700万人が認知症になるといわれています。超高齢化が進むなか、認知症になっても安心して暮らしていける「認知症フレンドリー」な社会作りに、創刊140周年記念事業として朝日新聞グループ全体で取り組みます。

連載:本人の思い

 認知症の人が自らの言葉で胸のうちを語る「本人の思い」。特集「認知症とともに」の連載で、随時配信しています。

写真・図版

認知症カフェで笑顔に 全国に急増、当事者による運営も有料会員限定記事 (2019/4/23)

「認知症カフェ」をご存じでしょうか。認知症の当事者やその家族が気兼ねなく過ごしたり、情報交換したりする憩いの場として、各地に広がっています。高齢者の7人に1人が認知症と言われる現代。中国地方でも特色を生かしたカフェが増えています。 平日水…[続きを読む]

私のおばあちゃん

コラム:認知症と生きるには

〈認知症〉 厚生労働省研究班によると、65歳以上で認知症の人は2012年時点で約462万人。いくつかのタイプがあり、記憶障害が典型的な症状の「アルツハイマー型」が最も多く、7割近くを占める。脳出血など脳血管障害が原因の型が2割ほど、幻視などを伴う「レビー小体型」が4%ほどとされる。高齢化で25年には高齢者の5人に1人の700万人に増えるとみられている。65歳未満で発症する若年認知症の人も09年発表の厚労省調査で推計約3万8千人いる。(2016年12月26日夕刊より)

 朝日新聞は今後の記事で、認知症の人の行動を表す際に「徘徊(はいかい)」の言葉を原則として使わず、「外出中に道に迷う」などと表現することにします。今後も認知症の人の思いや人権について、本人の思いを受け止め、様々な側面から読者のみなさんとともに考えていきたいと思います。

最新ニュース

(天声人語)認知症カルタ(2020/2/25)有料会員限定記事

 一風かわったカルタを手にした。すべてが認知症にちなむ札なのだ。たとえば「ふ」。「ふらふらと歩くことにも意味がある」。解説も付いている。出歩くのは目的あってのこと、「まずは話を聞いてみましょう」と呼び…[続きを読む]

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&AIRPORT】空の上のレストランで舌鼓

    フィンエアーで過ごす極上の旅

  • 写真

    【&TRAVEL】1週間サハリンで暮らす旅

    再び「12万円で世界を歩く」

  • 写真

    【&M】受け継がれた名店のカレー

    「フィッシュ」(東京・新宿)

  • 写真

    【&w】チョコレート・アート展

    チョコレートをプレゼント

  • 写真

    好書好日親子って、厄介な存在だな

    松本穂香さんインタビュー

  • 写真

    論座汚染源は在沖米軍基地

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンホテルで買う老舗の和菓子

    The Okura Tokyo

  • 写真

    T JAPAN新時代のスポーツウォッチ

    最旬は「ブレスレット一体型」

  • 写真

    GLOBE+「もてたい」は批判の対象

    「議論」を好む国のSNS論争

  • 写真

    sippoペット保険契約が増加傾向

    治療費の高額化が背景に

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ