現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 新鮮組
  5. 記事

新鮮組

イモらしからぬ収穫風景、ネクタイ姿に軍手 名古屋

2009年11月17日10時38分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真ビルの屋上で丸々と太ったサツマイモがとれた=名古屋市西区

 名古屋市西区のオフィスビルの屋上で12日、サツマイモの収穫作業があった。ヒートアイランド対策の一環として植えられ、この日は入居するテナントの社員らが加わった。

 ビルを所有するNTT都市開発が07年から始めた。成長が早いサツマイモを水耕栽培しており、5月に苗を植えるとツルはどんどん伸び、半年後には「畑」の面積は約230平方メートルに広がった。8月に畑と、それ以外のコンクリート部分の表面温度を測定したところ、最大で約30度もの差があったという。

 ネクタイ姿のビジネスマンたちは軍手をはめ、長靴をはいて作業し、141キロを収穫した。会社員山本浩介さん(26)は「普段働いている職場の上で、こんなにサツマイモがなっているとは思わなかった」と話していた。

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内