現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 新鮮組
  5. 記事

新鮮組

もっと吹け寒風、赤カブカーテン 滋賀・彦根

2009年11月21日16時22分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

次々と「はさ」に掛けられていく赤カブラ=彦根市松原町

 湖東地方に冬の到来を告げる風物詩、赤カブラの天日干しが滋賀県彦根市松原町の琵琶湖岸で始まった。湖から吹く強い寒風にさらして水気を飛ばし、甘みや風味を増す作業が、12月上旬まで続く。

 丸太と竹で組んだ「はさ」と呼ばれる高さ約4.5メートルの干し場に、市内の漬物工場の関係者らが直径7センチ前後の赤カブラの束を次々にかけていく。10〜12トン干す予定で、湖岸には赤いカーテンができたよう。

 1週間ほど干した後、2〜3カ月間ぬかに漬け込む。例年だと贈答用として12月中旬には出荷されたが、生活の洋風化で注文も減ってきたため、今年は出荷を取りやめ、年明けからスーパーなどで販売するという。

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内