現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 新鮮組
  5. 記事

新鮮組

田んぼの真ん中で愛を叫ぶ 絵文字くっきり

2009年10月15日20時48分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真拡大「米」とハートマークが描かれた田んぼ=福島県田村市常葉町

 実りの秋を迎え、稲穂が黄金色に輝く、福島県田村市常葉町常葉の「ひとめぼれ」の田んぼに「米」の文字とハートの絵文字がくっきりと現れ、人目をひいている。

 米づくりが大好きという市内の嘱託職員早川勝征(かつゆき)さん(65)が、農家の高齢化で働き手がいなくなった田んぼを借り、見よう見まねで田んぼアートに初挑戦した。

 心温まる出来栄えだが「米を作るなっていう、国の減反政策に反対の意味があるんだ」。ほのぼのとした作品に、農家の反骨メッセージが「コメ」られている。

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内