現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ニュース特集
  3. 原発・電力
  4. 記事
2012年10月15日6時47分
このエントリーをはてなブックマークに追加

脱原発候補、認定マーク 超党派議員呼びかけ

図:倉本氏発案の原発ゼロマーク拡大倉本氏発案の原発ゼロマーク

 【南彰】脱原発を訴える超党派の国会議員でつくる「原発ゼロの会」が、次の衆院選や参院選で脱原発に賛同する立候補予定者を募っている。脚本家の倉本聰さんの発案でロゴマークも作製。このマークを掲げて選挙を戦い、国会勢力の過半数確保をめざすという。

 ロゴマークは「原発ゼロの会」に賛同した倉本さんがクラゲをあしらうことを提案。関西電力大飯原発の取水口付近にクラゲが大量発生して出力を一時低下させたことから、「原発再稼働を阻止せんとする自然界の抗議デモと感じた」という。デザインは福島県内の小中学生から公募し、小学4年生の作品が選ばれた。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

PR情報
検索フォーム

社会アクセスランキング (14時38分現在)

    原発・エネルギー最新ニュース


    朝日新聞購読のご案内
    新聞購読のご案内事業・サービス紹介

    アンケート・特典情報

    朝日新聞社会部 公式ツイッター