現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ニュース特集
  3. 原発・エネルギー
  4. 記事
2012年10月23日15時32分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

風力購入、過少に設定 電力6社、全原発稼働が前提

関連トピックス

図:風力発電はもっと増やせる拡大風力発電はもっと増やせる

図:風力発電の買い取りには上限がある拡大風力発電の買い取りには上限がある

 【渡辺淳基、上地兼太郎】北海道、東北、北陸、中国、四国、九州の6電力会社が、買い取れる風力発電量を少なく見積もっていることがわかった。原発を使えば使うほど風力を取り込む余地が小さくなるという特徴があるため、全原発のフル稼働を前提にして買い取りを抑え、結果的に風力の普及を妨げている。

 朝日新聞の取材に対し、九州、中国の2電力は原発稼働率を数割減らして見積もれば、3割ほど風力発電の枠を増やせることを認めた。ほかの4電力はどれだけ増やせるかを明らかにしていないが、原発フル稼働を減らして見積もれば風力発電が増える見通しだ。

 風力は風の強さに応じて出力(発電量)が上下する。このため、火力発電と組み合わせ、風が強い時は風力を増やして火力を減らし、風が弱い時は火力を増やすという出力調整が必要になる。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

PR情報
検索フォーム

社会アクセスランキング (14時38分現在)

    原発・エネルギー最新ニュース


    朝日新聞購読のご案内
    新聞購読のご案内事業・サービス紹介

    朝日新聞 原発・電力情報 公式ツイッター

    アンケート・特典情報