現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. 中之島フェスティバルタワー特集
  3. 記事
2012年11月6日15時45分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

話題のモダン社屋 朝日新聞大阪本社

写真:明治40年代の朝日新聞社通用門。専属車夫の帳場がここにあった。新聞発送もこの門から行われた。右側は新聞掲示板拡大明治40年代の朝日新聞社通用門。専属車夫の帳場がここにあった。新聞発送もこの門から行われた。右側は新聞掲示板

写真:大正5年11月、蔵屋敷社屋に代わり、3年がかりの新社屋が完成拡大大正5年11月、蔵屋敷社屋に代わり、3年がかりの新社屋が完成

写真:完成当時の1931年に上空から撮影した朝日ビル。丸みを帯びた外観が特徴的だ拡大完成当時の1931年に上空から撮影した朝日ビル。丸みを帯びた外観が特徴的だ

 朝日新聞社は中之島で120年以上にわたって新聞を発行。話題を呼ぶ建築物をこの地に建てつづけ、文化の発信役を担ってきた。

 1879(明治12)年1月、現在の大阪本社の所在地から約500メートル南の江戸堀で創刊した。棟割り長屋の1軒に印刷機械を置いてのスタートだった。

 中之島に本拠を据えたのは1885(明治18)年。梅田停車場が近く、船での新聞用紙の搬入に便利だったからだ。4千平方メートルの敷地がある旧宇和島藩の蔵屋敷を購入し、社屋に改装。刷り上がった新聞は長屋門から荷車で運びだした。

 社員が増えて蔵屋敷が手狭になり、1916(大正5)年10月、当時珍しかった鉄筋コンクリート造りの新社屋が完成。4階建てで高さ40メートル近くの時計塔を備え、一般向けの見学会には11月28〜30日の3日間で1万6千人が訪れたという。

 10年後には黒に黄金の彩色をほどこした朝日会館(6階建て)を建設した。2階までは印刷などの施設、3階に展覧会場、4〜6階に1600人収容の「公演場」を造り、国内外の演奏家らが来演した。

 創刊50周年を記念し、1931(昭和6)年に建てた朝日ビルは今も健在だ。全館完全冷房で、屋上には国内初の航空灯台やアイススケート場を備えるモダンな建物だった。長年親しまれてきた丸みのある外観は、中之島フェスティバルタワーのデザインにも引き継がれている。

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

アンケート・特典情報