現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 普天間移設の行方
  5. 記事

普天間配備予定オスプレイ、騒音・安全性は 米で搭乗

2010年10月27日17時37分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真駐機中のオスプレイ=米ノースカロライナ州の海兵隊ニューリバー航空基地、望月写す

写真記者の同乗取材を終えて、駐機場に戻るオスプレイ。造園作業員が耳をふさいでいた=米ノースカロライナ州の海兵隊ニューリバー航空基地、望月写す

写真住宅街の上空を飛ぶオスプレイ=26日、ノースカロライナ州の海兵隊ニューリバー航空基地付近上空、望月写す

 【米海兵隊ニューリバー航空基地(米ノースカロライナ州)=望月洋嗣】米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に2年後にも配備予定の新型輸送機MV22オスプレイに26日、当地で試乗した。海兵隊は、配備中のヘリコプターより静かで、飛行も安定していることを強調した。同機をめぐって、沖縄では騒音や安全性を懸念する声が絶えない。

 「バババ……」。担当者の指示で基地の建物から表に出ると、高音に見舞われた。キュウーンというエンジン音と、ヘリより高音の回転翼音が混ざり合う。建物前に駐機したMV22の回転翼が生み出す「ダウンウオッシュ」と呼ばれる風とともにまき散らされる。音質は違うが騒がしさはヘリと同程度だ。足を踏ん張りながら機体後部の座席に乗り込んだ。

 離陸はあっけなかった。少しだけ滑走路を前に進んだと思ったら、わずか数秒で空中に。数分すると、音が静かになった。プロペラを前傾させ、「ヘリコプター」から「飛行機」に変わったのだ。変更に必要な時間は8〜10秒。途中、機体を傾けて何度も急旋回。強い力で体が座席に押しつけられ、飛行機らしさを感じた。

 MV22は、普天間に現在配備されている中型ヘリCH46の後継機として、2012年10月以降の2年半で計24機が配備される計画だ。

 オスプレイは開発段階で4機が墜落、30人の死者を出し、かつて「未亡人製造機(ウィドーメーカー)」とも呼ばれた。同機の操縦士としてアフガンに派遣されていた海兵隊のトーマス中佐は安全性について「結婚して子どもが2人いる。搭乗は楽しく、満足だ」と語った。すでに1千時間搭乗しており「運航しやすい」と強調した。

 騒音については、搭乗歴2年の操縦士フォアマン大尉が「離着陸時はCH46よりややうるさいが、飛行中はずっと静かだ」と話した。今回の試乗でも住宅街の上空約700メートルを通過した。基地広報のクランプ少佐は「時々、苦情はあるが、問題になるほどではない」。基地付近に住む女性は「(MV22の)騒音は気にならない。長い間住んでいるから、ヘリの音に慣れてしまったのかも」と話した。

     ◇

 〈オスプレイ(V22)〉 両翼に二つの回転翼を備え、その角度を変えることでヘリのように上下動したり、飛行機のように高速で水平飛行したりできる。全長約17メートル、全幅は約26メートル。最高速度は時速約500キロ。航続距離は最大3900キロで高度約7千メートルでの飛行も可能。兵員24人を搭載できる。米国防総省は458機の導入を計画している。

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介