現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. メディア激変
  5. 記事

〈メディア激変239〉この先へ―8 ハイチ、チリ、NZ、日本

2011年4月1日17時43分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真拡大「sinsai.infoを震災のデータ基盤として活用して欲しい」と話す三浦広志さん(左)と関治之さん=東京都港区

 震災情報サイト「sinsai.info」の開設は11日、東日本大震災発生から4時間足らずのことだった。自由に使える地図作りに取り組む国際グループ「オープンストリートマップ(OSM)」の日本のメンバーが中心になり、地図上に様々な情報集約ができるオープンソース「ウシャヒディ」を使って立ち上げた。

 「日本で地震があったら何ができるかと、以前から話をしていた」。日本法人代表理事、三浦広志さん(40)はNTTデータの課長だ。

 「ウシャヒディ」はスワヒリ語で「目撃証言」の意味。昨年のハイチ大地震、チリ大地震、先月のニュージーランド南部地震でも、被害状況の集約、さらに現場の救援活動の情報共有に活用された。その際、日本を含むOSMのメンバーが現況地図の作製などで協力してきた。

 今回は、本格的なサイト構築のためにネット上でボランティア技術者を募集。70人を超す専門家が取りかかった。

 パソコン、携帯電話から使え、被害状況、避難所情報などを場所とともにサイトに書き込むほか、電子メール(report@sinsai.info)、さらに#jishinなどのハッシュタグ付きでツイッターから投稿できる。投稿は場所ごとの件数とともに地図に表示され、地名や情報種別で検索できる。

 すでに7千件を超す情報を集約。内外のボランティア約100人が手分けして内容をチェック、公開しているが、まだ人手が必要だ。サイト運営の中心、「ジオリパブリック・ジャパン」最高経営責任者、関治之さん(36)は、「震災に関するデータ基盤として活用して欲しい。それを通じて、歴史を記録できたら」と話している。

 同じくハイチなどで使われたのが、グーグルの「パーソンファインダー」だ。消息情報の提供と検索ができる。今回も地震発生から約2時間後には、特設サイトとともに立ち上げた。「国内外のスタッフがアイデアを出し合って作っている」とまとめ役のグーグル日本法人プロダクトマネージャー、ブラッド・エリスさん(29)。

 避難所の名簿写真を携帯電話でメール(tohoku.anpi.google@picasaweb.com)すれば、ネット公開できる仕組みも作った。9千枚以上が投稿され、4600人を超すボランティアが協力し、パーソンファインダーに手入力していった。

 NHKの「安否情報ダイヤル」、携帯電話各社の「災害用伝言板」、朝日新聞社が取材した安否情報も集約し、登録情報は50万件を超す。

 そして、これらをつなぐ取り組みも始まっている。(編集委員・平 和博)

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧