母と

山田洋次監督の83作目の映画「母と暮せば」(2015年12月12日公開)。山田監督は、なぜ家族を撮るのでしょうか。中でも母親を描きつづける理由は何なのでしょうか。出演した黒木華さん、音楽を手がけた坂本龍一さんにもお話を伺いました。スペシャルムービーは、過去の山田監督作品から、お母さんが登場する場面を選んだものです。(ムービーに登場する作品はこちら)※ムービーの公開は終了いたしました

インタビュー

(映画)母と暮せば

〈あらすじ〉 1948年8月9日、長崎で助産師として暮らす伸子の前に、ちょうど3年前に原爆で亡くしたはずの息子浩二の亡霊が現れる。その日から話すようになった2人の関心事は、浩二の婚約者町子のことだった。町子を諦めきれない浩二を、伸子はいとおしく感じていた。(130分)

監督:
山田洋次
出演:
吉永小百合、二宮和也、黒木華、浅野忠信、加藤健一ほか
音楽:
坂本龍一
PL
大西滝子
D, CO
佐久間盛大
DI
木村円
ページトップへ