asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  アクセスTop30 
サイト内検索:
ニュース特集 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
ニュース特集一覧   
     
 home > ニュース特集 > イラン核問題  
【イラン核問題】

 
リビア、IAEAの強制査察受け入れる追加議定書に署名

 国際原子力機関(IAEA)の理事会は10日、核計画の廃棄を決めたリビアの決定を評価する決議を採択した。リビアは同日、IAEAの強制的な査察を受け入れる「追加議定書」に署名した。リビアは批准を待たず、署名と同時に議定書に従う「暫定適用」に応じた。

 採択された決議によると、理事会は核放棄の決定を「称賛」し、「深い満足の意」を表明。過去の核兵器開発計画については、保障措置(核査察)協定違反の事実を国連安保理に付託するが、「単なる情報提供のため」と付記するなど、リビアに好意的な内容だ。

 リビアを核放棄に追い込んだ米英や、廃棄を検証するIAEAへの協力、さらにパキスタンのカーン博士を中心とする「核の闇市場」に関する情報提供などを評価した。

 一方、新型遠心分離器の開発や核爆弾の起爆用物質の生産など新たな保障措置協定違反が明らかになったイランへの決議案をめぐる非公式協議は、9日までに米欧の調整が終了した。決議案によると、遠心分離器製造にかかわる企業の多くが軍需企業であることを明記し、イランの核計画が核兵器開発の疑いをぬぐえないことを示唆する内容だ。米欧は、この決議案を非同盟諸国など他の理事国に提示し、12日までに決議を採択したい意向だ。

(03/10 21:28)


 関連情報  


 これまでの記事一覧







| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission