asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  アクセスTop30 
サイト内検索:
ニュース特集 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
ニュース特集一覧   
 
 
 
 home > ニュース特集  
【対イラク武力行使】
 
ミサイル廃棄、イラクから「原則受諾」の書簡 査察委

 イラクの大量破壊兵器査察を担当している国連監視検証査察委員会(UNMOVIC)は27日、短距離弾道ミサイル「アルサムード2」の廃棄要求に対し、イラク政府から「原則的に受諾する」との書簡を受け取ったと明らかにした。査察委は、廃棄着手の期限として通告している3月1日までにイラク側が作業に取りかかるかどうかを、慎重に確認する方針だ。

 受諾はイラクのサアディ大統領顧問から、査察委のブリクス委員長あてに書簡で回答された。書簡の内容は明らかになっていないが、査察委事務局によると「原則的に」という文言付き。査察委は現地事務所がイラク政府と連絡を取り、受諾が無条件なのかどうかや、実際にどんな方法で廃棄するのかを確認する。

 アルサムード2は液体燃料を使用した移動発射式の地対地ミサイル。00年に試射に成功し、現在50〜60基がイラク国内の軍事拠点に配備されていると見られる。

 ミサイルは核や生物、化学兵器の運搬手段になるため国連は91年、湾岸戦争の停戦を定めた安保理決議でイラクの保有できるミサイルを「射程150キロ以内」と制限した。だがアルサムード2は制限射程を超えることが判明。ブリクス氏は14日の安保理報告で「違反」を公表した。

 一方イラク側は、試射で射程を超過したケースのあることは認めたが、純粋に技術的な問題と主張。米国が周辺に軍事力を展開する中、実戦配備されたミサイルの廃棄はイラクの軍事力に打撃となるため、受諾するか否かが注目されていた。

(02/28 10:36)


 関連情報  


 これまでの記事一覧  

  • 米政府、テロ警戒態勢を引き下げ(02/28 11:10)
  • ミサイル廃棄、イラクから「原則受諾」の書簡 査察委(02/28 10:36)
  • 米英と仏独は平行線 イラク問題で非公開協議(02/28 10:25)
  • 「全ての関連決議を根拠に行動」 米国務長官(02/28 03:30)
  • 政府の米英支持、与党に抵抗感も イラク攻撃めぐり(02/28 03:29)
  • イラク、ミサイル問題で回答の意向 米英、廃棄との見方(02/28 01:26)
  • 安保理「米英」「仏独」の溝深く 新決議で協議(02/28 01:20)
  • 米ロ首脳が電話協議 「安保理作業活発化」で一致(02/28 01:05)
  • 「イラク危機は北朝鮮の試金石」 仏外相(02/27 20:47)
  • 中ロ外相会談で共同コミュニケ イラク攻撃に反対(02/27 20:41)
  • カイロで反戦20万人集会(02/27 20:33)
  • OPEC、イラク攻撃時は増産の意向表明(02/27 20:00)
  • イラク攻撃、従軍認められるのは記者ら500人以上(02/27 17:06)
  • 日本への攻撃、米国への攻撃とみなす 米国務副長官(02/27 14:13)
  • 「人間の盾」攻撃の可能性も否定せず 米、イラク攻撃で(02/27 14:02)
  • 英政権に身内の反乱 対イラク修正案、与党から賛同多数(02/27 12:03)
  • 米軍、イラク長期駐留も 戦後の国家再建で米大統領(02/27 11:22)
  • 独ロ首脳、対イラク新決議の不支持で一致(02/27 10:54)
  • 「イラクは武装解除まだ決断していない」ブリクス委員長(02/27 10:38)
  • 研究者ら、米政権に北朝鮮との直接対話を提言(02/27 03:09)







  • | 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
    GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
    asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
    | 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
    Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission