現在位置 : asahi.com > ニュース特集 > 自民総裁選 > 記事 ここから本文エリア

安倍新総裁「よかった」57% 本社世論調査

2006年09月21日22時58分

 朝日新聞社が20日夜から21日にかけて実施した全国緊急世論調査(電話)によると、自民党の新しい総裁に安倍官房長官が選ばれたことを「よかった」と思う人は57%、安倍氏に親しみを「感じる」人は59%で、ともに女性の好感度が高かった。安倍氏に強いリーダーシップが「ある」との見方は29%と少なく、安倍氏が唱える「闘う政治家」とは違ったイメージを持たれている様子が浮かぶ。政治的な信念や考えを「あいまいにしている」との答えも目立った。

グラフ

安倍新総裁の印象は

 12日に無投票で再選された民主党の小沢代表に「期待する」は43%、「期待しない」は44%だった。安倍氏とは逆に男性で「期待する」が50%と多い。

 安倍氏の選出を「よかった」と思う人は男性52%、女性62%。自民支持層では85%に達するが、公明支持層では44%と与党支持者でも落差がある。安倍氏に親しみを「感じる」は男性51%、女性66%だった。

 安倍氏の指導力については強いリーダーシップが「ある」29%に対し、「それほどでもない」が53%。特に男性では59%と高い。

 信念や考えを「きちんと説明している」は38%で、「あいまいにしている」の42%を下回った。安倍氏が総裁選で、財政や外交、歴史認識などについてあいまいな発言をしたことが響いているとみられる。

 一方、安倍氏が総裁になって自民党が「よくなる」と思う人は17%、「悪くなる」は3%で、「変わらない」が70%と最も多かった。安倍氏のもとで、自民党改革はそれほど期待されていないようだ。

 昨年の総選挙で郵政民営化に反対した議員の復党をめぐっては、「抵抗がある」が43%、「抵抗はない」が42%と伯仲、自民支持層でも見方が二分した。無党派層では「抵抗がある」が3割台と少なく、逆に公明支持層では半数を超えた。

 安倍氏と小沢氏のどちらが首相にふさわしいかを聞くと、安倍氏57%、小沢氏22%だった。

   ◇

 〈調査方法〉 20、21の両日、全国の有権者を対象に「朝日RDD」方式で電話調査をした。対象者の選び方は無作為3段抽出法。有効回答は1062人。回答率は59%。

PR情報


この記事の関連情報


ここから広告です
広告終わり

マイタウン(地域情報)

∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.