2005年06月14日18時16分のアサヒ・コム
		このサイトの使い方へ検索へジャンプメインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 » 新ツールバー登場: ウォークマンスティック当たる

  

 » 恐竜博2005: 東京・国立科学博物館で開催

メインメニューをとばして、本文エリアへ朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップWebUD情報

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ >  ニュース特集 > 梅雨特集記事

梅雨特集2005

梅雨って何?(2) 「梅雨入り」「梅雨明け」の発表

2005年06月12日

写真

複雑な気象を予報するにはデータの分析は欠かせない=気象庁提供

 前回は「梅雨」とはどういう気象現象なのか、ということについて、気象庁・天気相談所の日野修所長と一緒に考えました。第2回は、気象庁のいわゆる「梅雨入り宣言」の仕組みを教えてもらいます。

   ◇   ◇

――そもそも「梅雨入り」って何なのですか。

 よく「梅雨入り宣言」と言われますが、梅雨は春から夏に移る時期に現れる季節現象で、5日間ほどの移り変わりの期間があると言われているものですので『宣言』というのはちょっと... 「○○地方は梅雨入りしたとみられます」と気象情報で発表するのが我々の仕事になります。

――確かに。では、具体的にどうなったら「梅雨」と判断しているのでしょう。

 前日や当日が「曇りや雨」の天気となり、翌日以降も、週間予報などで「曇りや雨」のぐずついた天気が続くと予想される場合に「梅雨入り」と気象情報で発表しています。

――なるほど。例えば6月10日に「今日が梅雨入りの日」と発表するためには?

 理想的には、

 (1)当日(6/10)が「曇りや雨の天気」だった

 (2)前日(6/9)と前々日(6/8)も「曇りや雨の天気」だった

 (3)翌日(6/11)以降も「曇りや雨が続く天気」と予想されている

という三つの条件がそろって、初めて「発表」が行われます。

 「梅雨明け」の日についても、「曇りや雨が続かず、晴れの日が出てくる天気」を目安に発表しています。

――「梅雨入り」は誰が発表するのですか。

 梅雨に関する気象情報の発表は「予想して判断する」という要素を含んでおり、やはり、常日頃からそれぞれの地域の気象を観測し、熟知している所が発表するのが合理的だと考えています。現在は全国を北海道を除く12地区に分けて、それぞれの気象台が発表しています。

 分担は

    沖縄    : 沖縄気象台

    奄美    : 鹿児島地方気象台

    九州南部  : 鹿児島地方気象台

    九州北部  : 福岡管区気象台

    四国    : 高松地方気象台 

    中国    : 広島地方気象台

    近畿    : 大阪管区気象台

    北陸    : 新潟地方気象台

    東海    : 名古屋地方気象台

    関東甲信  : 気象庁

    東北南部  : 仙台管区気象台

    東北北部  : 仙台管区気象台

となっています。複数の地域を管轄するところもあります。

◇北海道には「梅雨」がない?

――よく「北海道は梅雨がない」といわれます。上の12地区にも北海道はありませんが、北海道には梅雨はないのですか。

 北海道では、はっきりした梅雨の現象はないとされていますが、年によっては、一時的に前線が北海道付近に停滞することもあり、「えぞ梅雨」という言葉もあります。

――そういえば、梅雨明けが「できなかった」とか「特定できなかった」という年もあったように記憶しています。

 残念ながら、気象条件によっては「移り変わりの5日間」が特定できず、「梅雨明け」の発表ができないままになってしまう年もあります。これまでに3回、このような例がありますが、なにぶん相手は自然現象なので、こちらの思うとおりになってくれないこともあるのです。

 (様々な困難を乗り越えて出される「梅雨」の発表。次回は、その意義について考えます)


ここから広告です

PR情報

広告終わり

関連情報


ここから検索メニュー

検索 使い方

検索メニュー終わり ここから広告です
広告終わり

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり ここからサブコンテンツへの直リンクメニューです
サブコンテンツへの直リンクメニュー終わり
▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.