現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 地検改ざん疑惑
  5. 記事

全国10地検でも取り調べ可視化 最高検が試行通知

2011年5月18日3時3分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 大阪地検特捜部の不祥事を受けた改革の一環として、最高検は17日、横浜、神戸、福岡など全国の10地検にある特別刑事部の独自捜査事件で、逮捕した容疑者の取り調べの録音・録画(可視化)を試行するよう通知した。東京、大阪、名古屋の各地検特捜部では3月から試行が始まっており、特別刑事部も特捜部に準じる形で実施する。

 特捜部では、逮捕した容疑者が録画を拒んだり、取り調べでの真相解明が害されたりする場合を除いて、検事の判断と責任で実施することにしている。江田五月法相が先月、最高検に対して特別刑事部でも可視化を試行するよう指示していた。

 特別刑事部は、特捜部のように独自捜査をしたり脱税事件を扱ったりする部署で、札幌、仙台、千葉、横浜、さいたま、京都、神戸、広島、高松、福岡の10地検に設置されている。

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧