メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三木 淳(みき・じゅん)

記事一覧

「言語島の言語島」を訪ねて~奈良県十津川村と北海道新十津川町

ことば談話室

「言語島の言語島」を訪ねて~奈良県十津川村と北海道新十津川町 (2014/09/25) 

 北海道のほぼ中央にある新十津川町は、明治時代に水害で壊滅的な被害を受けた奈良県十津川村の人々が入植した町として知られる。北海道の市町村名の約8割はアイヌ語に…続きを読む

出世魚「ブリ」が、さらに「オオイオ」に出世する四国最果ての島へ

ことば談話室

出世魚「ブリ」が、さらに「オオイオ」に出世する四国最果ての島へ (2014/03/27) 

 成長に応じて名前が変わる魚「出世魚」。相撲取りが出世のたびにしこ名を変えたことに由来するらしい。出世魚は「縁起のいい魚」、とくに西日本では「年越し魚」として…続きを読む

東日本と阪神、二つの被災地 「えびす」が結んだ縁と絆③

観字紀行

東日本と阪神、二つの被災地 「えびす」が結んだ縁と絆③ (2014/02/28) 

 福を招く、商売繁盛と豊漁祈願の神様として知られる七福神の一人「えびすさん」。えびすさんを祭った神社は全国各地に約3000社もあるという。えびす総本宮は、十日…続きを読む

観字紀行

東日本と阪神、二つの被災地 「えびす」が結んだ縁と絆② (2014/02/14) 

 招福と商売繁盛、豊漁祈願の神様として知られる七福神の一人「えびすさん」。えびすさんを祭る「えびす信仰」の由来や形態は地域によって千差万別で、充てる「えびす」…続きを読む

東日本と阪神、二つの被災地 「えびす」が結んだ縁と絆①

観字紀行

東日本と阪神、二つの被災地 「えびす」が結んだ縁と絆① (2014/01/31) 

 毎年1月10日午前6時、西宮神社(兵庫県西宮市)で行われる祭り「十日戎(とおかえびす)」の「開門神事(福男選び)」。大太鼓の音を合図に表大門(国重要文化財)…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1