メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ことば談話室

魅惑のチャーム

中原 光一

 どこの世界にも「業界用語」てもんがある。入社早々、その日掲載しない記事を翌日以降に繰り延べることを「AZ(エーゼット)する」って言うのを聞いて、

 「さっすがー!何かカッコイイっすねー!」

 て先輩に聞いたら、

 「預かり(=azukari)の略だよ」

 て言われ、「日本語かい!」とずっこけたのを覚えている。

 そんな素直でピッチピチだった日々から、気づけば10年超。飲み歩きの末、詳しくなったのは「夜の」業界用語。そんな私が、かねて不思議に思っている言葉がひとつある……それが「チャーム」。小袋に入ったおかきやナッツ、時にはラムネやチョコなんていう甘物。ショートカクテルのグラスや小皿に入って出てくる、いわゆるおつまみのお菓子類のことなのだが……なんで「チャーム」??

 辞書を引いても、

チャーム【charm】 

広辞苑

 人の心をひきつけること。魅惑。

大辞林

 人をひきつけること。また、魅力。多く他の語と複合して用いる。

てな具合だ。

◇いざ、取材へ(夜の部・東京編)

ヨコ写真拡大手前のポテトチップスは、チャーム?
 「夜の」業界用語とは、たとえば「つめしぼ/かわしぼ」。これは「冷たいおしぼり/乾いたおしぼり」の略。あまりこの業界に詳しくない方でも「ピンドン」(=高級シャンパン、ドン・ペリニヨンのピンク=ロゼ)くらいは聞いたことあるでしょう。この辺は略語だから分かりやすいのに。

 いくら考えても分からない。こんな時は寺山修司じゃないけど「書を捨てよ、町へ出よう」だ! 「記者と刑事は現場百回」とも言うしな!

 つーわけでいそいそと……いやもとい仕事への緊張感に満ちて、夜の街へ。

 「何でやろーねー」

 ――誰か知ってる人おらんかなぁ?

 「店長に聞いてみよっかー」

 ところが店長も「そうですねぇ。20年くらい前ですか…年長の方に連れて行かれたスナックでも言ってたことは覚えてますが、さて、なぜ言うのかと聞かれると……日々普通に言ってますけど、考えたら不思議ですね」。

 うーん。めげてはならぬ。続いてもう一軒。

 「知らんわー。業界用語と違うの?」

 お客さんにも聞いてみたがみんな由来は知らず。

 ・お店によって何を「チャーム」とするかは微妙に違う

 ・ポテトチップスのようなスナックは「乾き物」で、小袋に入っているものだけを「チャーム」と呼ぶ店も

 などの声があった。

◇承前(夜の部・大阪編)

 前の任地、大阪ではどうかな。メールで聞いてみた。

 「昨日お店の人に「チャーム」のこと聞いたんですけど、わからへんみたいで(°∇°;) パソコンでも調べてくれたんですけど、出てこなくって**も携帯で調べたけど出てこなくて。。お役に立てず申し訳ないです(T_T)」

 仕方ない。安易にネットに頼るのは本意ではないが……。検索することしばし。やはり、ネット上でも「なぜ言うのか、語源は分からない」説が大半。しかしそんな中で、面白い説がひとつ。

 乾燥したもの → 乾きもの → 乾いたもの → かわいいもの → チャーム

 なにこの強引な展開。ほとんど無茶な伝言ゲームのノリやん。この説をネタに、もう一度お店で聞いてみると、

 「すっごく納得! 絶対これだよ。信憑性あるかもー」

 ――ええっ? そうかなー。

◇昼の部、そして深まる謎

 まあ現場だけだと偏るので、お菓子の業者さんにも聞いてみるとしよう。

 まずは大阪のチャームとして人気の、ティラミスの味を再現した「呼吸チョコ」シリーズで有名な「お菓子のまるしげ」を展開するマルシゲ(大阪市)に電話。総務部長さんが直々に応対。何だか申し訳なし。

 「うーん。確かによく言いますが、由来は存じ上げません。我々も普通に使ってはいますが、よく考えると不思議な言葉ですね」

 やっぱ分からへんか……。すると数日後、改めて部長さんからお電話。重ね重ね申し訳なし。

 「何人かに聞いてみたんですが、<乾きもの>→<かわいいもの>説、ありましたよ!」。おっ!やっぱり大阪発なのか?

 「あと、アクセサリーの“チャーム”と同じで、包み紙がキラキラしてるから、という意見もありました」。光り物好きの関西人ならでは、か?

 しかし、どれが正解かは断言できないな……。めげずにもう一軒。東京・銀座の食品卸「澤商事」。応対してくださった経理の方が、周りにも色々聞いて下さる。その中で、あくまで想像ですけど、と断られた上で、

 「ペンダントトップとかも“チャーム”って言いますよね。<飾り>→<お飾り>から来ているんじゃないか、て推測もあります」

 「メーンの食べ物ではないお飾りですけど、一応魅力的=チャーミングなもの、をお出ししたい気持ちもあるのではないでしょうか?」

 なるほど。それはそれで何か納得。

 ――夜のお店以外では使われるんですか?

 「一般の小売店さんとかは言われませんね」

 ――いつごろから使われてます?

 「(年配の方いわく)30~40年前から言うそうです。やっぱり業界用語ですね」

◇すすきの、中洲、現地取材は・・・

 やっぱり昔から言うんや。しかし、はやりすたりの多いこの業態で、この言葉がよくぞここまで長生きしている、てことに素直に驚く。

 そして、大阪-東京といった東西差がまったくない事にも気づく。

 結局ちゃんとした由来の答えは出ないままだけど、札幌・すすきの、名古屋・栄、福岡・中洲でも「チャーム」って言うのかな。

 これは取材に行かなければ……って部長、出張費出ます?

 やっぱダメですか。(汗

(中原光一)