メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人権・校閲

こちら人権情報局

9月21日号の人権情報

【最近の記事から】

◎は朝日新聞本紙、【県名】は朝日新聞地域面、○は他紙などの記事。

■人種・民族

アイヌ民族子孫、北大を提訴へ 先祖の遺骨返還求める(9/12)
 北海道大学が研究目的でアイヌ民族の墓地から遺骨を掘り起こし、収集したのは信教の自由の侵害などにあたるとして、子孫3人が北大に遺骨の返還と慰謝料各300万円の支払いを求める訴えを14日に札幌地裁に起こす。原告代理人によると、アイヌ民族の遺骨返還をめぐって訴訟になるのは極めて珍しいという。

【北海道】アイヌ遺骨問題めぐりシンポ 札幌で14日(9/13)
 北海道大学がアイヌ民族墓地から掘り起こし、収集した遺骨をめぐり、浦河町などの子孫3人が14日、北大に遺骨の返還などを求めて提訴することになった。提訴を受け、原告の北大への情報公開請求などを支援した「北大開示文書研究会」(清水裕二、殿平善彦・共同代表)が同日午後6時15分から、シンポジウム「さまよえる遺骨たち」を札幌市中央区北2西7の「かでる2・7」で開く。

「アイヌ神謡集」残し早世した知里幸恵を一人芝居にした舞香さん(9/7ひと)
アイヌ文学永遠に 18日に知里幸恵追悼祭(9/16東京新聞)

■ロンドン・パラリンピック

パラリンピック閉幕 日本、計16のメダル獲得(9/10)
 第14回夏季パラリンピック・ロンドン大会は9日夜(日本時間10日未明)、閉会式が行われ、12日間にわたる障害者スポーツの祭典は幕を閉じた。

パラリンピック、報道陣も最大級 世界で高まる関心(9/10)
 参加選手が過去最多の約4300人だったパラリンピック・ロンドン大会は、報道陣の規模も過去最大級だった。日本でも生中継された閉会式。メーンスタジアムの記者席は各国の報道陣で埋まった。閉会式後も、選手に話を聞こうとする記者が後を絶たなかった。

スポーツが社会にできること(9/9)
 自閉症や発達障害の一つであるアスペルガー症候群の子どもらが学ぶロンドンの学校「TreeHouse」をパラリンピック前に訪ねた。スポーツを自立に役立てていると聞いたからだ。

パラリンピック、五輪と統合してみたら?(9/2)
 ロンドンにあるプレスセンターは寂しくなった。オリンピックの時は世界中のメディアであふれていた巨大な建物には、今は記者もカメラマンもまばらだ。ほかにも寂しい話はある。五輪の時は24時間走った、東部と市中心を結ぶ高速鉄道は午前2時すぎまで。開会式の原稿を書いていたら終電がなくなった。どうしたらパラリンピックがもっと注目されるか。五輪と同じ大会に組み込むのはどうだろう。

記者の目:発展の陰に見えたひずみ=藤野智成(9/14毎日新聞)

■障害者とスポーツ

迫力電動車椅子サッカー(9/16読売新聞福井版)

■障害者と裁判

〈ひと〉点字の「市民権」求め、点字で訴訟を起こした梅尾朱美さん(9/10)
 自ら点字で作った訴状で、名古屋市を相手に訴訟を起こした。点字による訴状は「前例がない」ものの、名古屋地裁に受理された。 障害程度を最も軽い区分とした市の認定の取り消しを求めた。その訴え自体は7日、退けられた。だが、市側は答弁書の点字訳に応じ、裁判所も法廷で書面をできる限り読み上げ、判決要旨に点字訳をつけるなど配慮を見せた。

梅尾さん拡大名古屋地裁から受け取った点字の判決要旨を手に、判決の感想を語る梅尾朱美さん=名古屋市中区、川津陽一撮影
 ◎全盲女性に点字判決 名古屋地裁、障害認定変更は認めず(9/8)
 全盲のあんま鍼灸(しんきゅう)師梅尾朱美(あけみ)さん(62)が自ら点字で訴状を作り、障害程度の認定をめぐり名古屋市を訴えていた裁判で、名古屋地裁は7日、請求を棄却する判決を言い渡した。福井章代裁判長は判決要旨を読み上げ、点字訳したものを梅尾さんに渡した。判決文を点字訳するケースは異例で、全盲者が相手と対等に争えるようにした地裁の対応が注目される。

点字判決:「盲人文化認められた」(9/7毎日新聞)
点字の判決要旨「障害者権利の一歩」(9/7毎日新聞夕刊)

■障害者と芸術

障害あるアーティスト支援、新宿で展覧会(9/14夕刊)
 知的障害のあるアーティストを支援するために設立されたアトリエに所属する3人を紹介する「寺尾勝広・新木友行・湯元光男 アトリエインカーブ3人展」(朝日新聞社など主催)が14日、東京・新宿の東京オペラシティアートギャラリーで始まった。23日まで。

【東京】障害児らとつむぐ夢 あす目黒でミュージカル(9/8)
 第一線で活躍するミュージカル俳優と子どもたちが共演するミュージカル「Dream」の公演が9日、めぐろパーシモンホール(目黒区八雲1丁目)である。東日本大震災の被災地に入った脚本家が「子どもたちの夢」をキーワードに書き上げたストーリーだ。出演者には自閉症やダウン症などの障害を持つ子も多く、主演級の役割を与えられた障害児らも鍛え上げた歌や踊りを披露する。

金澤翔子さんの書と織展始まる――旧門司税関ギャラリー(9/16毎日新聞福岡版)
自閉症男性、初の個展…鮮やか水彩画(9/12読売新聞)
金澤翔子さん書展 大河ドラマ題字など60点――札幌で10日まで (9/8毎日新聞北海道版)

■視覚障害

ワンセグテレビ音声聞けるラジオ 9月末に発売(9/7)
 小物家電メーカーのヤザワコーポレーションは、AM、FMとワンセグテレビ放送の音声が聞ける「ポケットワンセグラジオ」を9月末に売り出す。デジタルテレビ放送の音声が聞けるラジオは視覚障害者などから要望が多かった。

〈ひと〉「9・11」を世界各地で講演する視覚障害者 マイケル・ヒングソンさん(9/6)
 2001年9月11日、ニューヨーク。米国企業トップ500社のデータ管理をする会社の営業部長を務めていた。勤め先の世界貿易センタービル78階で、同時多発テロに遭遇した。全盲で盲導犬ロゼールと共に脱出した。その体験を書いた「サンダードッグ」を出版した記念に今夏来日し、各地で「視覚障害者の自立」を訴えた。

全盲の男性が線路に転落、はねられ死亡 山手線新橋駅(9/6)
  6日午前9時50分ごろ、東京都港区新橋2丁目のJR新橋駅で、大田区の男性(25)が山手線内回りホームから線路に転落し、電車にはねられて死亡した。警視庁によると、男性は盲学校の生徒で、全盲だった。

【東京】化粧、手の感覚で美しく 視覚障害者向けセミナー(9/4)
 視覚障害のある女性に、一人でできるメーク法を教えるセミナーが、カネボウ化粧品本社(中央区)であった。視覚障害者支援団体「viwa(ビワ)」の主催で、初の試み。「自分にはできない」とメークをあきらめてきた女性に「工夫さえすれば大丈夫」とエールを送る。

視覚障害の男性転落死:駅で死亡事故受けて川越市、点字ブロック改良補助 補正予算案に盛る(9/4毎日新聞埼玉版)

■聴覚障害・手話

【大分】手話は希望の光、歌に込め 作詞の綾垣さんら披露(9/12)
 耳がかすかにしか聞こえない日田市上津江町、熊本県聾(ろう)学校高等部の綾垣葵さん(17)が作詞した「守りたいもの」が、7月に奈良市であった「第37回わたぼうし音楽祭」(奈良たんぽぽの会主催)で準グランプリの文部科学大臣賞を受賞した。このほど、パトリア日田で受賞作を手話ボーカルで披露した。

補聴器助成:「軽・中の難聴児にも」 親の会が名古屋市に要望(9/14毎日新聞愛知版)
補聴器:軽中度難聴の子ども、購入費の3分の2を公費負担に――益田市(9/8毎日新聞島根版)

■バリアフリー

【島根】弱者にやさしいタクシーGO 島根、3台の出発式(9/15)
 お年寄りや車いすの人から子供、一般の人まで、すべての人に使いやすい「ユニバーサルデザイン(UD)」の考えを取り入れた「UDタクシー」が、山陰地方で初めて松江一畑交通に導入され、3台の出発式が14日、同社であった。

障害者や高齢者らと一緒に「デザイン」 教育に応用 思いやり育む効果(9/12産経新聞)

■障害者と教育

ガザの教育、壁越え手助け 学習障害児指導法、TV会議で研修(9/4夕刊)
 パレスチナ自治区ガザの学習障害がある子どもたちの指導に役立ててもらおうと、日本の大学生と国連機関が協力し、ガザと遠隔にあるヨルダンをテレビ会議で結んだ教員向けの研修を始めた。イスラエルによる封鎖下にあるガザへの支援として期待がかかる。

15歳のニュース:HomeRoom 時間がかかる学校のバリアフリー(9/15毎日新聞)

■ダウン症の出生前診断

こうのとり追って:出生前診断・英国編 妊婦の選ぶ権利尊重(9/6毎日新聞)
可能性知り、「母」を自覚 検査結果公表した東尾理子さん(9/4毎日新聞)

■知的障害者

【奈良】我が子のこと記録ノートに 知的障害者の親ら作成(9/8)
 知的障害者の親たちでつくる「奈良県手をつなぐ育成会」(橿原市)が、子どもの性格や生活ぶり、親から子への思いなどをつづっておくノートを作った。親が亡くなった時、地域や支援者に子どものことをよく理解してもらい、適切な対応を受けられるように――。そんな願いを込めている。

■災害時の障害者支援

福島第1原発事故 楢葉のダウン症男性、避難で障害悪化したのに…東電は賠償増額せず(9/14毎日新聞)
情報弱者:助けよう 災害時の外国人や障害者ら、やさしい日本語で(9/9毎日新聞)

■障害者支援

障害者と老親、孤立させない 支援に壁、各地で模索(9/4)
 福祉サービスを利用せず、障害のある子を長年抱え込んできた親が高齢化し、共倒れの危険に直面する――。そんなケースが相次いで見つかっている。障害を知られたくないという家族の気持ちも支援の壁となっており、各地で模索が続いている。

【大阪】アジアの障害持つ若者、日本語や福祉学ぶ 大阪で開講(9/5)
 アジア太平洋地域の障害を持つ若者を日本に招き勉強してもらう「ダスキン・アジア太平洋障害者リーダー育成事業」の第14期生開講式が4日、吹田市豊津町のダスキン本社であった。

■障害者と仕事

障害者のための面接会に190人(9/8読売新聞愛知版)

■障害?障がい?

「障がい」表記の小手先ぶり “珍走団”の直進ぶり(9/16産経新聞)

■ハンセン病

療養所での樹木のような70余年=書評「長い道」宮崎かづゑ [著](9/9)
 ハンセン病を発症して10歳のとき(昭和13〈1938〉年)に瀬戸内海にある長島愛生園に入園し、以来70年以上を園内で過ごしてこられた宮崎さんの自伝とエッセー。表題通りの長年の歩みが、温かく謙虚な筆致で綴(つづ)られている。

【香川】大島青松園で敬老祝会開く 小学生の兄妹、演奏 /香川県(9/15)
 高松市沖の大島にある国立ハンセン病療養所大島青松園で14日、入所者自治会による敬老祝会があった。入所者85人の平均年齢は80歳。約30人が参加し、島唯一の小学校に通う兄妹の楽器演奏や歌を楽しんだ。

【熊本】再審請求働きかけへ 再審弁護団、地検に 菊池事件 /熊本県(9/16)
 ハンセン病患者の元死刑囚が無実を訴えながら刑が執行された「菊池事件」の死刑執行50年追悼集会が15日、合志市の菊池恵楓園(けいふうえん)であった。同園の入所者ら10人が事件への思いなどを語り、11月には熊本地検に対し、再審請求するよう要請する方針を確認した。

菊池事件:死刑執行50年、恵楓園で追悼集会 入所者ら思い語る /熊本(9/16毎日新聞熊本版)
再審へ活動本格化 ハンセン病元患者の死刑事件(9/16熊本日日新聞)
ハンセン病元患者ら、劇で人権の大切さ訴え(9/15八重山毎日新聞)
隔離下の青春 白球追った 菊池恵楓園野球部 初遠征から60年(9/14西日本新聞)
ハンセン病:犠牲のシステム繰り返さない 風化防止へ関心持って 富山でシンポ /富山(9/11毎日新聞富山版)
全生園夫婦の日常写す 報道写真家が出版へ(9/10読売新聞東京版)

■ジェンダー

ベルばら、タブーに挑み40年 作者・池田理代子に聞く(9/10)
 少女マンガ界に歴史大作という分野を切り開いた『ベルサイユのばら』の作者、池田理代子がデビューして今年で45周年になる。女性マンガ家が活躍する場を広げ、声楽家としても舞台に立つ。「やりたいことをやってきただけ」と話す“パイオニア”に聞いた。

■性的マイノリティー

性的マイノリティの自殺・いじめを防ぐ 「ハートをつなごう学校」開設(9/11)
記者有情:無関心 /福岡(9/6毎日新聞)
米大統領選:民主党の同性婚支持 賛否分かれ賭けの要素も(9/5毎日新聞)

■性犯罪

7歳女児暴行で韓国衝撃 児童ポルノ規制論拡大(9/2産経新聞)

■DV

DVやストーカー対応強化、22署に相談専従者 県警異動 /兵庫県(9/11朝刊)
 県警は13日付の秋の人事異動を発表した。異動者は昨年並みの958人で、うち警部以上は176人。DVやストーカーなどの被害を防ぐため、生活安全相談を受ける専従者を大幅に増やす。神戸水上署の増田優子署長(57)は、県内2人目の女性署長となる。

007、DV被害者だった=ロジャー・ムーアさん告白(9/13時事通信)
こんにちは広島:DV加害者の更生を支援・黒瀬茂子さん /広島(9/11毎日新聞)

■女性の社会進出

仕事と家庭の両立に一石 米国元高官の女性が「告発」(9/14)
 「なぜ女性はすべてを手に入れられないのか」。米国務省の要職を辞した女性が、そう題した論文を発表、全米で論争が巻き起こった。女性の社会進出が進む米国でも「仕事と家庭の両立」が不可能なら、いったい日本は……。著者のアンマリー・スローター・プリンストン大教授(53)に聞いた。

(私のミカタ)今月のテーマ:働く女性の「社員研修」に関する意識について(イー・ウーマン)【9月第1回】管理職育成研修をうけた働く女性、わずか14%(9/5)
(私のミカタ)今月のテーマ:働く女性の「社員研修」に関する意識について(イー・ウーマン)【9月第2回】ダイバーシティ研修の必要性(9/12)

リケジョ人生の方程式 土木業界の先輩に聞く(9/7)
 理系の女子学生「リケジョ」が増え、企業でも女性技術者が当たり前になろうとしています。ただ、仕事と私生活の「自己実現」には壁もあります。どう乗り越えればいいのでしょう。今年発足30年目を迎えた交流団体「土木技術者女性の会」メンバーの歩みからヒントを探りました。

(リーダーになる!:上)上へ上へ、いつか私も 現場指揮、夢への一歩【大阪】(9/6生活面)
 腰にスパナやハンマーをぶら下げた安全帯をつけ、はしごを上へ、上へ。化学薬品を精製するプラント(製造設備)の保守点検作業。入り口ははるか20メートル上だ。「1回上ると、へとへと。頭も足も蒸れるし、水虫が本気で心配です」。ヘルメットの下、日焼けした顔で笑うリョーサン(岡山県倉敷市)工事部の岡田彩香さん(23)。水島コンビナートで現場責任者として働く。

(リーダーになる!:中)管理職へ、覚悟と責任 「経営者作る」社長宣言【大阪】(9/7生活面)
 「近い将来に女性経営層が出なければ、それは私の責任である」。1月、プレハブ建築を専門とする大和リース(大阪市)の森田俊作社長の「宣言」が人事部に流れた。女性が活躍できる環境を整え、教育を徹底するという内容だった。

(リーダーになる!:下)仕事も家も、続け後輩 性別役割の意識変える【大阪】(9/8生活面)
 床の上を勝手に掃除してくれるお掃除ロボットや最新式の食器洗い乾燥機が味方だ。「手を抜けるものって何かなと考えたら、家事でした」。小菅恵美さん(36)はせんべいを製造販売する三州製菓(埼玉県春日部市、斉之平伸一社長)の商品企画担当だ。4月に育休から復帰した。

(私のミカタ)人を育てる 育つ人になる(9/5)
発信箱:「胸毛の時代」を経て=落合博(論説室)(9/6毎日新聞)
議会を問い直す:県政の女性進出停滞 4.3%、際立つ少なさ−−現職4人に聞く /埼玉(9/5毎日新聞)
女性創業スタートアップ塾:「埼玉版ウーマノミクス」県が10月から開講 先輩起業家講師に迎え、実践的方法学ぶ /埼玉(9/4毎日新聞)

■孤独死

【栃木】孤立死防止へ県が協定(9/6)
 誰にも気づかれずに亡くなる孤立死を未然に防ごうと、県は5日、戸別配達などを事業とする企業や県警、民生委員団体と協定を結んだ。住民の異変に気づいた場合、連絡窓口を各市町に一本化し、迅速に対応する。さらにその後の生活も見据えて必要な福祉サービスのアドバイスもするという。都道府県単位では全国的にも珍しい協定で、今後は実効性をどう確保するかが課題になる。

【孤立死 どう防ぐ】<上>民生委員が見守るまち(9/13西日本新聞)
孤立死:防止へ通報指針案 電力、ガス会社などと協定へ??さいたま市(9/11毎日新聞)
孤独死なくそう、「とちまる見守りネット」発足 14団体・企業が協定締結(9/6下野新聞)
孤独死:統計実施は3県のみ、基準なく把握困難…本紙調査(9/2毎日新聞)

■買い物弱者

商品をネットで「生中継」 公民館で楽々お買い物(9/12佐賀新聞)
山間地へ移動スーパー出発 韮崎市 8地区の公民館など巡回(9/11山梨日日新聞)
飯田の食品スーパー閉店で客ら困惑(9/6中日新聞)

■災害弱者

災害弱者、社会で支えを 浦安でシンポ 住民の助け合い力に?(9/11東京新聞)
情報弱者:助けよう 災害時の外国人や障害者ら、やさしい日本語で(9/9毎日新聞)
要援護者ベストを市が配布、災害弱者を迅速に見分け援護/海老名(9/8神奈川新聞)

■交通弱者

路線バス175区間廃止 県内 この5年間で(9/12読売新聞)

■生活保護

生活保護受給者211万人、過去最多を更新 5月時点(9/12社会面)
 5月時点で生活保護を受給している人の数が211万816人となり、前月より8735人増えて過去最多を更新した。厚生労働省が12日、速報値として発表した。

刑務所に入っても払われた生活保護費141万円(9/11読売新聞)
生活保護打ち切り恐れ退院、死亡? 市側の説明受け30代身障者(9/11共同通信)

■最低賃金

最低賃金、12円増の平均749円に 逆転解消は5府県(9/10経済面)
 最低賃金(時給)の今年度の引き上げ額が全都道府県で10日までに決まった。全国平均は昨年度より12円増の749円。生活保護水準を下回る「逆転現象」が残っていた11都道府県のうち、解消できたのは青森、埼玉、千葉、京都、兵庫の5府県にとどまった。

【岩手】最低賃金答申に異議を申し立て 県労連(9/7)
 県労連(鈴木露通議長)は6日、岩手地方最低賃金審議会が答申した時給653円の最低賃金は低すぎるとして、「早期に800円とし、計画的に千円以上に引き上げる」ことを求める異議申出書を岩手労働局に提出した。

■ブラック企業

使い捨てられる若者〈もう、やめた:1〉(9/12生活面)
 横断歩道を渡っていると、信号無視の車が突っ込んできた。よけようとしたが足が動かない。「このまま当たれば楽になれる」。そんな考えが頭をよぎった時、車がよけていった。昨年末のことだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

朝日新聞の記事には有料記事にリンクしているものがあります。

朝日新聞デジタルの読者でない方がクリックすると「会員登録のページ」に飛びますが、

現在無料会員登録キャンペーン中なので、無料会員に登録すれば有料記事を1日3本まで見ることが出来ます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~