メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人権・校閲

こちら人権情報局

2月21日の人権情報

 【最近の記事から】

◎は朝日新聞本紙、【県名】は朝日新聞地域面、○は他紙などの記事。

■視覚障害

【宮崎】宮崎)視覚障害者も楽しめる「触感ひな山」お目見え(2/11)
 視覚障害者が触って楽しめる「ひな山」を、南九州大学庭園デザイン学研究室(都城市立野町)の学生7人が作った。学生たちに助言などをした都城視覚障害者福祉会の八木敏男会長(60)は「ニュースで聞くだけだったひな山を実感できるうれしさと、頑張った学生さんたちに心からありがとうを言いたい」と話している。

■聴覚障害

字幕付きCM:普及へ検討会――総務省(2/14毎日新聞)

■発達障害

【岐阜】岐阜)発達障害を解説 大垣市がまんが広報紙配布(2/5)
 大垣市が、発達障害を解説する「まんが広報紙」を作成した。「障害の特性を理解し、支援に役立てる」ため、わかりにくい文字での説明ではなく、まんがで気楽に見て理解してもらおうという狙い。5万6700部を発行、通常の「広報おおがき」の2月1日号と一緒に全戸配布した。

【岡山】岡山)発達障害の悩み、しゃべろう 岡山で初の交流会(2/10)
 自閉症やアスペルガー症候群などの発達障害がある人たちの交流会が9日、岡山市北区の岡山国際交流センターであり、約30人が参加した。同じ悩みを抱える当事者同士で体験や心情を共有するのが目的で、障害者たち自身で企画した。今後も定期的に会を開き、交流の輪を広げていく。

■障害者と仕事

(ひと)大江文彦さん 障害者と共に被災地を支える建築会社社長(2/12)
 被災地の畑から運ぶ新鮮な野菜を売りにしたレストランが人気の商業施設「ロクファームアタラタ」を昨年秋、起業家仲間6人で宮城県名取市にオープンさせた。6億5千万円を投じた上に、従業員90人の半数に就職口の少ない障害者を雇う。

(へぇな会社)障害者の力 きらめく衣装(2/4)
 ■プラスアルファ(クリーニング業) たとえば、とある夜、福岡ドームで、超人気グループがコンサートを開いたとする。観客からのアンコールがつづき、終わらない。キンキラキンの衣装は汗まみれだ。

【山形】山形)環境にも配慮、こだわり満載ドレッシングが誕生(2/17)
 知的障害者の就労支援でオリジナル商品の開発と販売を手掛ける山形市の「みちのく屋台こんにゃく道場」(斎藤淳代表)が、「柚子胡椒(ゆずこしょう)ドレッシング」を開発した。市内人気フレンチ店シェフの監修で味にこだわっただけでなく、山形市と連携して環境保全にも一役買う商品に仕上がった。

【愛知】愛知)障害者が育てた食用のクローバーの出荷始まる(2/6)
 障害者の就労を支援する愛知県田原市田原町のNPO法人「気分爽快」の施設で5日、食用として育ててきたクローバー(シロツメクサ)の初出荷があった。障害者らが、昨年10月から丹精込めて育ててきた四つ葉と五つ葉のクローバー。笑顔で1本ずつ、丁寧に摘み取った。小林明夫理事長は「栽培が軌道に乗れば、新たな収入源になる」と期待している。

働く障害者が労組設立 環境改善へ「相談窓口に」(2/17産経新聞)

発達障害の人の就労支援 仕事を通じ能力引き出す(2/13産経新聞)

■出生前診断

新型出生前診断、「異常」2割見逃し 米大研究(2/5)
 母親の血液を調べて胎児にダウン症などの染色体異常があるかどうかを判定する「新型出生前診断」は、羊水検査などの確定診断で判明する異常のうち約2割を見逃すことが、米カリフォルニア大サンフランシスコ校などの研究でわかった。米国で開かれる母体胎児医学会で6日に発表される。

【広島】広島)広島大病院でも新型出生前診断始まる(2/4)
 妊婦の血液で胎児の染色体に異常があるかどうかを調べる新しい出生前診断が3日、広島大病院(広島市南区)で始まった。県内の医療機関では初めてとなる。この新しい出生前診断は「命の選別につながる」という指摘もあり、同院は「慎重に(検査前と後の)カウンセリングをしていきたい」としている。

■障害者の支援

(働く)ケア労働で生きる:3 障害者と まばたきにこたえたい(2/7)
 観光でにぎわう京都の市街地からほど近いマンションの一室。ヘルパーの段原克彦さん(31)は、筋肉が動かなくなる難病・筋萎縮性側索硬化症を患いながら自宅生活を続けている男性を、訪ねた。

【埼玉】埼玉)障害者が演劇体験、平田オリザさんワークショップ(2/8)
 障害者に本物の芸術に触れてもらおうと、富士見市民文化会館「キラリ☆ふじみ」で7日、劇作家の平田オリザさん(51)が体験型ワークショップを開いた。近隣の施設から招かれた約40人が稽古に励む俳優たちと本物の舞台に上がった。

■障害者の活動

(ひと)黄裕翔さん 被災地をはげます台湾のピアニスト(2/13)
 生まれつき目が見えない。だが音を聴いて表現する能力に恵まれた。音楽で自立できるようにと、母が芸術大学に通わせてくれた。

【新潟】新潟)芸の道、映画出てヒント 自らの障害をコントに(2/10)
 自らの障害をコントにするコンビ「脳性マヒブラザーズ」が、1日から上映が始まった映画「抱きしめたい―真実の物語―」(塩田明彦監督)に出演している。障害で人を笑わせることに迷いながらも芸人を続ける2人。映画出演が、そんな2人に新たなヒントを与えたという。

【岐阜】岐阜)障害越えて力強く、書の作品展 中学生・近江さん(2/17)
 自閉症と知的障害のある岐阜市の中学2年生、近江真司さん(14)の書の作品展が同市橋本町1丁目の「ハートフルスクエアーG」で開かれている。「楽しめることを見つけてほしい」との母の勧めで始め、昨年の全国コンテストで入賞を果たした作品などが展示されている。

【三重】三重)自称「日本一の車いす俳優」、県内公演終える(2/5)
 自称「日本一の車いす俳優」で脚本家のはしぐちしんさん(46)が、主宰する演劇ユニット「コンブリ団」の県内初公演を津あけぼの座(津市)で1月に終えた。大阪での活動が中心だったが、今後は県内での活動を増やしていくという。

たまてばこ:障害でなく絵を見て(2/7毎日新聞)

■手話

【富山】富山)手話言語法、県内でも広がり 県議会で意見書可決(2/13)
 手話を言語として法律で定める「手話言語法(仮称)」を作ろうという動きが、県内でも広がっている。昨年12月、県議会や3市議会で、同法の制定を求める意見書が可決された。法律が制定されれば、手話通訳者をより求めやすくなり、ろう学校などで正式に手話を学ぶことができるようになると期待されている。

【鳥取】鳥取)条例制定受け手話ハンドブック作成 県教委(2/5)
 県教委は、県手話言語条例の制定を受けて、生徒や児童が手話を学ぶための「手話ハンドブック」を作製。県内のすべての小中高、特別支援学校に配布する。

「手話は言語」を法律に 自治体では条例成立(2/13東京新聞)

iPhone アプリ「ゲームで学べる手話辞典」をリリース(2/8読売新聞)

■認知症

(認知症とわたしたち)老いの手前で:1 50代の父が、まさか(2/5)
 家族や職場の中心にいるあなたが認知症になったら――。子育ての途中だったり、家計を支えていたり。若年認知症の人と家族は、お年寄りとは違う悩みを抱えています。「認知症とわたしたち」第7部は「老いの手前で」。初回は、ともに父親が50代で認知症と診断された高校生と大学生、2人の息子たちの思いを伝えます。

(認知症とわたしたち)老いの手前で:2 母さんが家族をつなぐ(2/6)
 ■失火…見守るため、長男は退職 母の手を息子が引く。 2人が歩くのは、母が暮らす有料老人ホームにほど近い、夕暮れの川沿いの道。

(認知症とわたしたち)老いの手前で:3 働く、待ってる人がいる(2/7)
 ■週2個の弁当配達、役に立てる喜び アジのフライ、ふろふき大根、ひじきの煮物……。きょう配るお弁当の献立を知って、東京都練馬区の国井香さん(65)は「私も食べたくなっちゃった」と言っていたずらっぽく笑った。

(認知症とわたしたち)老いの手前で:4 情報編 これからを支える(2/8)
 あなたや家族が65歳未満で認知症になったら、どんな課題に直面し、どんな支援を受けられるのでしょうか。 ■診断困難、専門医に相談 若年認知症の人にはまず、診断の壁がある。認知症とわかるまでに何カ所も病院を回った経験のある人は多い。認知症の専門医が少なく、年齢的に認知症の可能性を考えない医師もいるからだ。

■点字

【奈良】奈良)点字歌集でラララ 学生や市民ら430曲収録(2/17)
 奈良市で歌の集いを開くグループが、400を超える歌謡曲や民謡を収録した点字歌集をつくった。「目の不自由な人も一緒に歌えるように」との願いに点字を学ぶ市民や大学生が協力。1年かけて完成させた。

■補助犬

【沖縄】沖縄)聴導犬に会いに来て 那覇で16日イベント(2/13)
 耳が不自由な人に生活で必要な音を伝える聴導犬を紹介しようと、利用者らによる「出前デモンストレーション」(主催・県聴覚障害者協会、沖縄聴覚障害者情報センター)が16日、那覇市首里石嶺町の県総合福祉センターで開かれる。

介助犬「アトム」死ぬ 本紙記者と一緒に生活(2/15読売新聞)

■バリアフリー

<首都 この先…>今回の数字207/706駅 バリアフリー、安心は道半ば(2/4東京新聞)

■障害者とスポーツ

パラ選手、強化費は増えたけど… 国、手探りの支援(2/9)
 2020年東京五輪・パラリンピックの招致成功を受けて、国は14年度からパラリンピック選手の強化に本腰を入れる。強化関連費は今年度の7億円から約21億円に増える見込みだ。

(言いたい!都知事選)五輪、障害者と街づくり 増田明美さん(2/6)
 新しい都知事には東京五輪を上手に「活用」してほしいと思っています。 1964年には新幹線や首都高速など社会資本が整備されました。2020年は、高齢化が進む街として気持ちのバリアフリー化を目指してはどうでしょう。

【群馬】群馬)パラリンピック選手団最年長、阿部さんが意気込み(2/11)
 五輪に続き3月にソチで開かれる冬季パラリンピックに、みなかみ町出身の阿部敏弘さん(42)=県身体障害者スキー協会所属=がアルペンスキーの選手として出場する。10日、県庁を訪れ、「年齢的に最後になると思う。悔いが残らないようにしたい」と意気込みを語った。

【岐阜】岐阜)完走まで諦めない パラリンピック代表の岩本さん(2/12)
 ソチで開かれるパラリンピック(3月7~16日)に、県立飛驒神岡高校3年の岩本啓吾さん(18)がクロスカントリースキーで出場する。県勢が冬季大会に出場するのは初めてだ。「完走するまで諦めない」。14日に成田から合宿先のイタリアへ向かう。

「持てる力出し切る 」ソチ・パラリンピック(2/13読売新聞)

視覚障害ランナー:連続18年出場 信頼の伴走者と共に(2/8毎日新聞)

パラリンピック「応援」 スカパーが専門チャンネル(2/4産経新聞)

■障害者の映画

目の見えないピアニスト、克服の軌跡(中華電影城案内)(2/12)
 障害者を題材にした映画が、どうしても「克服」という話になることは避けられない。 この作品でもまた、先天性の視覚障害を持つピアニスト志望の裕翔(ユーシャン)という若者が、どうやって「心の壁」を打ち破ってピアニストとして成長していくのかを、我々は目撃していくことになる。

■車いす

【広島】無理解が背景、実情知って 菓子博の電動車いす入場制限(2/16)
 昨春に広島市で開かれた「ひろしま菓子博2013」で持ち上がった電動車いす入場制限問題は、障害を持つ人たちにとってショックなできごとだった。抗議を受けて主催者は入場を認めたが、障害者や支援者には、その後の対応にも不満が残った。「障害者への無理解が背景にある」「実情が社会に伝わっていない」。広島市で今月あったシンポジウムで課題が話し合われた。

車いすも安心の「軽」…進化する福祉車両(2/17読売新聞)

地下鉄マップで車いす「後押し」(2/14読売新聞)

■障害児教育

(声)障害者も普通学校で学ぶべきだ(2/15)
 塾講師 小笠直人(東京都 39) 国連で2006年12月に採択された障害者権利条約を、ようやく日本政府が批准し、19日から日本でも効力が生じることになった。

■性的マイノリティー

五輪の街ソチの性的少数者はいま 深夜のクラブ300人(2/10)
  ソチ五輪が開幕し、レズビアンやゲイなどのLGBT(性的少数者)を取り巻くロシアでの現状に関心が集まっている。同性愛者への差別を助長しかねない法律が昨年成立し、五輪のボイコット運動にまで発展したからだ。性的少数者への差別や偏見が根強いロシアの今を見た。

グーグル、抗議の虹色五輪ロゴ 同性愛の権利運動象徴(2/8)
 米ネット検索最大手グーグルはソチ五輪の開幕前の6日から、トップページに、五輪旗の5色ではなく同性愛の権利運動を象徴する6色の「レインボーフラッグ」をあしらったロゴを掲げ始めた。未成年に対する同性愛の宣伝を禁止する法律を成立させたロシアへの抗議を表している。

(声)同性愛否定する地で五輪か(2/5)
  介護支援相談員 尾辻かな子(大阪府 39) ロシアでのソチ冬季五輪。参加選手たちの活躍を祈るとともに、私自身は複雑な気持ちだ。

フェイスブックが50種類の新しい「性別」を追加(2/17産経新聞)

性同一性障害:「多様な性、まず知って」 杉山文野さん、高知大で講演 /高知(2/13毎日新聞)

講演:体は女でも心は男 性同一性障害の杉山さん、自身の体験織り交ぜ /熊本(2/12毎日新聞)

20人に1人「性的少数者」に職場の理解を…大阪(2/10読売新聞)

米司法省:同性婚、司法手続きも男女カップルと同等に(2/9毎日新聞)

露、同性愛サイトを摘発 人権団体などが批判 プーチン氏「保守派リーダー」前面に対抗(2/9産経新聞)

ロシア:本当のソチ、同性愛に寛容…「海外は騒ぎすぎ」(2/6毎日新聞)

性別適合手術 海外と連携…山梨大病院(2/6読売新聞)

ソチ冬季五輪:同性愛者、人権なお懸念 擁護団体、抗議の構え 運営側、一部で主張OK(2/5毎日新聞)

都知事選・現場から:小さな声、聞いて 差別反対/同性愛/ぜんそく患者(2/2毎日新聞)

■性暴力

Listening:性犯罪:調書でも被害者保護 住所、生年月日伏せる 東京地検・警視庁(2/12毎日新聞)

在日米軍:性犯罪に甘い処分 有罪の3分の2、収監せず(2/12毎日新聞)

■セクハラ

(働く人の法律相談)男同士ならセクハラにならない?(2/10)
 「会社の飲み会で『盛り上がるから裸で踊れ』『男のくせに恥ずかしがるな』と先輩の男性社員に命じられました。無理やりキャバクラに連れて行かれることもしばしばです。とても苦痛なのに、男同士だとセクシュアル・ハラスメントにならないのでしょうか」。20代男性からの相談です。

■DV

「デートDV」の情報発信…ガールスカウト連盟(2/12読売新聞)

■男女共同参画・女性の社会進出・子育て支援

保育充実4000億円不足 政府試算、新制度一部先送りも(2/15)
 来年4月に始まる保育の新制度で、政府は14日、検討してきた充実策をすべて実施する場合、年間約1・1兆円の財源が必要になるとの試算を示した。このうち約4千億円は確保のめどがたっておらず、充実策の一部を先送りせざるを得なくなる可能性が高い。

(耕論)婚活って必要? 山田昌弘さん、井上章一さん、ジェーン・スーさん(2/14)
 結婚しない人が増えている。男女の出会いを促そうと、各地で「婚活」イベントが開かれているが、少子高齢化が進む日本を救うのだろうか。バレンタインデーに考える。

働く女性の支援アピール 政権、環境整備へ連絡会議(2/13)
  安倍政権は6月にまとめる新しい成長戦略に、女性が働きやすい環境づくりを促す方策を盛り込む方針を固め、内閣官房に関係省庁連絡会議を設けて具体案の検討に着手する。放課後に子どもを預かる学童保育の充実や女性の就労を促す税制のあり方などが課題になる。14日、公表する。

「待機児童ゼロ」へ具体策 舛添新都知事に聞く(2/12)
 東京都知事選に初当選した舛添要一氏(65)は11日、知事に就任し、都内で朝日新聞の単独インタビューに応じた。公約の「4年で待機児童ゼロ」を達成するため、保育所の新設用地として「都有地を(周辺の)10分の1の賃料で貸す」と述べた。

母は強し 子育てしながら五輪、ソチで夢ひらく(2/8)
 ソチ五輪の日本選手団は冬季大会で初めて女子が男子を上回り、旗手を務めたカーリングの小笠原歩(北海道銀行)は母親選手として注目を集める。子育てをしながら夢を追いかける国内外の女性アスリートが、晴れの舞台に臨む。

(声)女性の進出阻む長谷川氏の主張(2/4)
  小保方晴子氏を中心とする理化学研究所などが、まったく新しい万能細胞の作製に成功した。小保方氏はまだあどけなさの残るふうぼうで、30歳という若さでの快挙だ。このうれしい快挙には「女性が輝く日本」を掲げる安倍晋三首相も拍手を送るに違いない。

(ニュースがわかる!)保育所に関する制度、来春から変わるそうね(2/4)
 ◇待機児童対策(たいきじどうたいさく)のため、利用資格(りようしかく)や認可施設(にんかしせつ)を広げるよ

女性登用企業に助成金 政府方針 「候補者不足」育成に流れ後押し(2/17産経新聞)

なるほドリンピック:ママさん選手、日本でも増えているね=回答・平本泰章(2/16毎日新聞)

女性の活躍 男中心の企業文化を排せ 論説委員・河合雅司(2/16産経新聞)

文科省:指導的な女性研究者倍増へ 予算拡充を検討(2/6毎日新聞)

「成長に女性活用は欠かせない」 課題と解決策は? 制度、風土、トップの意識 「最大の問題は男性上司」(2/6産経新聞)

■ハンセン病

ハンセン病偏見除去の啓発必要 岡山弁護士会が研修会(2/13山陽新聞)

ハンセン病療養所人手不足…高齢化で認知症急増 (2/11読売新聞)

きび談語:先日、冬休みを使って東京都の国立ハンセン病療養所「多磨全生園」を訪れた…(2/4毎日新聞岡山版)

■被差別部落

水平社宣言を記憶遺産に 「人間に光りあれ」 奈良の博物館準備(2/6大阪本社版)
 「人の世に熱あれ、人間に光りあれ」という言葉で知られる「水平社宣言」を、ユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界記憶遺産に登録しようと、発祥の地の水平社博物館(奈良県御所市)などが申請手続きを進めている。3月中に申請し、2015年の登録を目指す。

『路地の教室 部落差別を考える』上原善広著(2/9産経新聞)

■養護施設

(報われぬ国)お泊まりデイ、もうけ優先?救世主?(2/16)
 連載「報われぬ国」でお伝えした「お泊まりデイ」(1月13日付朝刊)と「措置控え」(同27日付朝刊)に対し、多くのご意見が寄せられました。これらをもとに取材した結果や反論などを紹介します。

子ども虐待防止学会が緊急要望書 「明日ママ」問題(2/7)
 児童養護施設を舞台にした日本テレビ系のドラマ「明日、ママがいない」について、日本子ども虐待防止学会は7日、「子どもの福祉に反する内容が多く含まれている」などとして、子どもらへの一層の配慮を求める緊急要望書を日テレに送った。

熊本)明日ママ問題、日テレ回答受け慈恵病院も会見(2/6西部本社版)
 ドラマ「明日、ママがいない」の内容について、5日、都内であった会見で慈恵病院(熊本市)の蓮田健・産婦人科部長は、「フラッシュバックを防ぐため、被虐待児には見せないようにしてほしい」と訴えた。

「明日ママ」改善方針、日テレが協議会に伝える(2/5)
 児童養護施設を舞台にした日本テレビ系ドラマ「明日、ママがいない」が全国児童養護施設協議会などから抗議を受けている問題で、日本テレビは4日、ドラマの改善方針をまとめ、協議会に伝えた。

日テレ「子どもたちにおわび」 「明日ママ」問題(2/5)
 児童養護施設が舞台の日本テレビ系ドラマ「明日、ママがいない」が全国児童養護施設協議会などから「施設の子どもへの偏見を生む」などと抗議されている問題で、日テレは「施設の子どもたちが傷ついたのなら、衷心より子どもたちにおわび申し上げる」と協議会あての文書で謝罪した。

「明日ママ」影響を調査へ 厚労相が表明(2/4)
 児童養護施設を舞台にした日本テレビ系のドラマ「明日、ママがいない」が全国児童養護施設協議会などから抗議を受けている問題で、田村憲久厚生労働相は3日、「施設に入所するお子さんの中で自傷行為があるという報道がある。協議会に確認して調査したい」と述べた。

児童養護施設、実態知って ドラマ「明日、ママがいない」めぐる議論(2/4)
 児童養護施設が舞台の日本テレビ系ドラマ「明日、ママがいない」をめぐり、施設の関連団体などが「施設で暮らす子どもたちへの偏見を生む」と批判している。児童養護施設とはどんな場所で、どのような課題があるのか。

(報われぬ国 負担増の先に)都外施設 豊かな首都、弱者冷遇(2/3)
 「こんなお正月があとどれくらい続くんだろう」。長男は小学生の時に校舎から転落し、左半身と脳に後遺症が残った。いまは福島県西郷村にある知的障害者の施設で軽作業をしながら暮らす。「都外施設」と呼ばれ、約80人の入居者のうち9割が東京都民だ。

■その他

薬物……私は立ち直りたい 女性専用更生施設の取り組み(2/14)
 刑務所などに入る女性の罪は39%が覚醒剤関連。薬物依存からの回復を目指す全国5カ所の重点施設の一つに指定された女性専用の更生保護施設を訪ねた。