メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文字

文字@デジタル

内閣告示をちょこっと改正 ― 常用漢字改定と送り仮名2

比留間 直和

 前回、新しい常用漢字表で「癒」の字に追加された読み「いやす」の送り仮名の話題を紹介しました。

 そこでも述べたように、国の国語施策で送り仮名の送り方を直接定めているのは「送り仮名の付け方」(1973年内閣告示)ですが、実はこれも昨年の常用漢字表改定にあわせて、一部が改正されています。

 昨年11月30日付の官報に掲載された一部改正の文面(全文)は、以下の通りです。

○内閣告示第三号
 昭和四十八年内閣告示第二号の一部を次のように改正する。
  平成二十二年十一月三十日 内閣総理大臣 菅  直人

 本文通則1の例外(3)中の「脅す(おびやかす) 食う」を「脅す(おびやかす) 関る 食う」に改め、同文通則3の例外(1)中の「幸 互」を「幸 全 互」に改め、同文付表の語の1中の「差支える 五月晴 立退く」を「差支える 立退く」に、「差支える(差支える) 五月晴(五月晴) 立退く(立退く)」を「差支える(差支える) 立退く(立退く)」に改める。

拡大
 内閣告示の改正なので、これも立派な内閣告示です。

 ちなみに、官報に実際に載った文面が左の画像。クリックして拡大すると分かりますが、縦書きの中に横書き部分があって、甚だ読みづらくできています。(こういうのはどうにかならないものでしょうか……)

 要するに、「送り仮名の付け方」のうち「通則1」「通則3」「付表の語」という三つの項目でいくつか挿入や削除があるということなのですが、これだけでは何が何だか分かりません。

 そこで、この改正を反映させたあとの「通則1」「通則3」「付表の語」の各項目を、それぞれ完全な形で見ていきたいと思います。以下、今回の変更点を赤く示してあります。
 
 
 
■ 「関わる」にかかわること
 
 
 まずは「通則1」です。前回も触れましたが、「活用のある語は活用語尾を送る」という大原則を示した部分です。

 通則1
  本則 活用のある語(通則2を適用する語を除く。)は,活用語尾を送る。
 〔例〕憤 承 書 実 催
    生きる 陥れる 考える 助ける
    荒 潔 賢 濃
    主
  例外 (1) 語幹が「し」で終わる形容詞は,「し」から送る。
 〔例〕著い 惜い 悔い 恋い 珍
  (2) 活用語尾の前に「か」,「やか」,「らか」を含む形容動詞は,その音節から送る。
 〔例〕暖だ 細だ 静
    穏やかだ 健やかだ 和やか
    明らかだ 平らかだ 滑らかだ 柔らか
  (3) 次の語は,次に示すように送る。
 明む 味う 哀む 慈む 教る 脅す(おどかす) 脅す(おびやかす)  食う 異る 逆う 捕る 群る 和ぐ 揺
 明い 危い 危い 大い 少い 小い 冷い 平い 新だ 同だ 盛だ 平だ 懇だ 惨
 哀だ 幸だ 幸だ 巧
  許容 次の語は,( )の中に示すように,活用語尾の前の音節から送ることができる。
 表す(表す) 著す(著す) 現れる(現れる) 行う(行う) 断る(断る) 賜る(賜る)
 (注意) 語幹と活用語尾との区別がつかない動詞は,例えば,「着」,「寝」,「来」などのように送る。

 上記のように、通則1のうちの「例外」、つまり「活用語尾だけでなく、さらに多めに送るもの」を個別列挙したところに「関わる」が挿入されました。

 「関」は以前から常用漢字ですが、読みは「カン」「せき」だけでした。今回の改定で「かかわる」という読みが追加されたのですが、もし「活用語尾だけ送る」という通則1の本則をあてはめると、ラ行五段活用なので、「関る」という送り方になるところです。「関わる」と送ることにする以上、通則1の「例外」に掲げる必要があったわけです。

 「関る」という送り方もさほど珍しいわけではなく、例えば「広辞苑」はひとつ前の第5版まで「かかわる【係る・関る・拘る】」という表記を示していました(係と拘については、今でも常用漢字表に「かかわる」の読みはありません)。最新の第6版(2008年1月発行)では「かかわる【係わる・関わる・拘わる】」になりましたが、一方で名詞形は「かかわり【係り・関り・拘り】」のままです。

 ただし広辞苑は、凡例にも「『送り仮名の付け方』に示された原則に準拠しつつ、旧来の慣行をも考慮して送った」とあるように、なるべく省こうとする傾向があることが知られています。他の国語辞典では「関わる」という送り方が多数派で、実際の日本語表記でも、最近は「わ」から送るケースが多いと思われます。

 と書きながら、手元で「Microsoft Office IME 2010」を試したところ、「関わる」も「関る」も出てきたのでした。

    

 今回正式に「関わる」が標準と定まりましたが、もしその決まりが無かったとしたら、皆さんならどちらを選びますか? 
 
 
■「全て」のために
 
 
 次に「通則3」です。これは名詞に関する原則を示している項目です。

 通則3
  本則 名詞(通則4を適用する語を除く。)は,送り仮名を付けない。
 〔例〕 月 鳥 花 山
     男 女
     彼 何
  例外 (1) 次の語は,最後の音節を送る。
 辺 哀 勢 幾 後 傍 幸 幸  互 便 半 情 斜 独 誉 自 災
 (2) 数をかぞえる「つ」を含む名詞は,その「つ」を送る。
 〔例〕 一 二 三 幾

 ここでは、「全」の字の読みとして新たに加わった「すべて=全て」の「て」を送るために、「例外」つまり「名詞だが送るもの」に「全て」を挿入したわけです。

 「すべて」という語には、ほかに「総」「凡」などの字も使われますが、少なくとも「全」を当てるときの送り仮名は、「全て」でほとんど揺れが無いと思われます。

 ところで「すべて」を辞書でひくと、品詞は「名詞」「副詞」の両方が掲げられており、「彼の全てを知っている」なら名詞、「彼のことは全て知っている」なら副詞になります。この「送り仮名の付け方」では、副詞については「通則5」の本則で「副詞・連体詞・接続詞は最後の音節を送る」とされていますが、名詞にもなる「全て」については通則3できちんと「例外」に掲げることで、紛れがない形になりました。
 
 
 
■消えた「五月晴れ」
 
 
 最後に「付表の語」。これは、常用漢字表の「付表」――いわゆる当て字や熟字訓を本表とは別に示したもの――に入っている語に関する部分です。こちらは、挿入でなく削除が行われました。

付表の語
 
 「常用漢字表」の「付表」に掲げてある語のうち,送り仮名の付け方が問題となる次の語は,次のようにする。
 1 次の語は,次に示すように送る。
 浮つく お巡さん 差える 五月晴 立退 手伝 最寄
 なお,
  次の語は,( )の中に示すように,送り仮名を省くことができる。
  差支える(差支える) 五月晴(五月晴) 立退く(立退く)
 2 次の語は,送り仮名を付けない。
 息吹 桟敷 時雨 築山 名残 雪崩 吹雪 迷子 行方

 ご覧のように、「五月晴れ」がすっかり削られました。これは、常用漢字表の「付表」にあった「さつきばれ 五月晴れ」が、今回の改定で「さつき 五月」に変わったのを反映させたものです。以前の「付表」の記載だと、「さつきばれ」という場合にしか「五月=さつき」という熟字訓を認めないと読めるため、「晴れ」が削られたのです。同様の事例としては「一言居士→居士」「お母さん→母さん」「お父さん→父さん」という変更もありました。

 この「付表」の変更との整合性をとるために「送り仮名の付け方」からも「五月晴れ」が消えたわけですが、「五月晴れ」が標準で「五月晴」もアリ、というルールが変わってしまったわけではありません。「晴れ」という名詞について《「晴れ」が本則で「晴」も許容》ということが、活用語に由来する名詞の送り仮名を示した「通則4」に明示されているためです。
 
 
          ◇
 
 今回は「送り仮名の付け方」に具体的に書き加えられたものを紹介しましたが、新しい常用漢字表に追加された読みの中には、「『送り仮名の付け方』のどの通則にあてはめて理解すればよいのだろう?」と筆者が考え込んでしまったものもあります。次回はその話題を。

(つづく)

(比留間直和)