メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文字

観字紀行

島?嶋?どっちがカシマシカ?(1)

青山 絵美

拡大駅名は「鹿島」神宮。お隣も「鹿島」サッカースタジアム駅

 東京からはJR成田線を経由し、鹿島線に乗り換えて五つ目。鹿島神宮駅が鹿嶋市の表玄関です(スタジアムへは同駅から鹿島臨海鉄道で約5分のJR鹿島サッカースタジアム駅が最寄り駅になります)。

 そして駅前には観光案内所が。

拡大観光案内所の建物
拡大看板をアップにすると……

拡大お菓子は「鹿島七不思議」なのに下には「鹿嶋物語」

 観光案内所の中でも、「鹿嶋」「鹿島」ともが見られました。来たばかりで気が早いですが、おみやげをひとつ買ってみると……

 お菓子の名前は「鹿島七不思議 うみの音」。左下には「鹿嶋物語」の文字が。ひとつのお菓子に「鹿島」と「鹿嶋」が混在しています!

拡大工務店の看板は「鹿嶋」支店

 観光案内所を出て、街を歩いてみると、さらに大変なことに。

  

 工務店は「鹿嶋」、予備校は「鹿島」……。「鹿嶋」「鹿島」双方とも引きません。

拡大大検予備校は「鹿島」
拡大入居者を募集する新「鹿島」地所
拡大英会話学校は「鹿嶋」校

 さらに先に進むと、市立小学校がありました。

 鹿嶋市立の小学校の名前は「鹿島小」! 学校名の中で食い違っています。

 近くにある県立高校も「鹿島高校」でした。

拡大鹿嶋市立なのに……「鹿島」小学校
拡大県立高校も「鹿島」

拡大「鹿嶋市」宮中を通る茨城「鹿島」線。何が何だか

 高校の前の県道は「茨城鹿島線」。所在地表示は「鹿嶋市宮中」です。

 街にあふれる「鹿嶋」と「鹿島」……。

 深まる謎を解くために、次回は、鹿島神宮へ向かいます。駅名にもなっていたように、鹿島神宮は地域とつながりが深い神宮です。歴史も古く、創建は約2600年も前だそう。そんな鹿島神宮なら、何かヒントを与えてくれるのではないでしょうか。

(青山 絵美)

(次回は12月21日に掲載予定です)