メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

観字紀行

観字紀行

 全国各地にあふれる様々な「文字」。看板などの写真を中心にご紹介する「旅」のコーナーです。ふだんは机にかじりつきっぱなしの校閲記者が、赤えんぴつをカメラに持ち替え、ある地域でしか見られない「地域文字」や、ちょっと笑える表記など、色んな文字を探しに出かけます。文字に注目すれば、ひと味違う旅の面白さを見つけることができたり、住み慣れた町の新しい姿が見えてきたりするかも知れません。難読地名・珍地名、不思議な看板など、みなさんからの情報もお待ちしています。

記事一覧

易しく優しい神社の蚕~会津若松巨木の旅(2)

易しく優しい神社の蚕~会津若松巨木の旅(2)森 ちさと  (2013/06/21) 

 前回は、福島県会津若松市の蚕養国(こがいくに)神社の境内で、「蠶」と「蚕」が共存する不思議な風景を見ました。実は、この二つの漢字、単純に画数が違うというだけ…続きを読む

2頭の蚕~会津若松巨木の旅(1)

2頭の蚕~会津若松巨木の旅(1)森 ちさと  (2013/06/07) 

 4月の 昔の新聞点検隊 で、福島県会津若松市の桜の巨木を2週にわたって取り上げました。そのうちの一本、峰張桜について取材するため、桜がある蚕養国(こがいくに…続きを読む

全国各地で銀ブラしてみた~東京・銀座編

全国各地で銀ブラしてみた~東京・銀座編永川 佳幸  (2013/05/24) 

 心地よいリズムを刻むボサノバを聞きながら、明るさを抑えた照明の下、文庫本を読み進める。テーブルの上には、入れたてのコーヒーとモンブラン――。  週末の昼下が…続きを読む

全国各地で銀ブラしてみた~京都・伏見編

全国各地で銀ブラしてみた~京都・伏見編永川 佳幸  (2013/05/10) 

 日本随一の繁華街・銀座にあやかり、商売繁盛の願いとともに全国各地に広まった「銀座」。その中心地、東京都中央区銀座のメーンストリートである中央通り沿いには「銀…続きを読む

全国各地で銀ブラしてみた~東京・戸越編

全国各地で銀ブラしてみた~東京・戸越編永川 佳幸  (2013/04/26) 

 国内最多14基の原発が集中する福井・若狭地方。この地を指して使われる言葉が「原発銀座」です。東日本大震災後、よく目にするようになりました。悲惨な事故を起こし…続きを読む

これを持ってりゃウマくいく?~左馬を訪ねて(3)

これを持ってりゃウマくいく?~左馬を訪ねて(3)森本 類  (2013/04/12) 

 天童駅構内から道案内、マンホールのデザインなど、街のいたるところで左馬に出あうことができました。さらに探してみると、オートバイのナンバープレートにも発見。特…続きを読む

これを持ってりゃウマくいく?~左馬を訪ねて(2)

これを持ってりゃウマくいく?~左馬を訪ねて(2)森本 類  (2013/03/29) 

 縁起物とされる「左馬」のルーツを探るべく、将棋の街・山形県天童市を訪れた筆者。今回は、将棋駒の橋が架かる倉津川から南へ足を延ばして、舞鶴山(天童公園)へ向か…続きを読む

これを持ってりゃウマくいく?~左馬を訪ねて(1)

これを持ってりゃウマくいく?~左馬を訪ねて(1)森本 類  (2013/03/15) 

 その不思議な字と出あったのは、競馬グッズ売り場でした。  「馬」を左右反転させた字の名前は、「左馬」。字が刻印された根付けを手に取ってみると、どうやら馬券が…続きを読む

古事記1300年の島巡り(下)~「オノコロ島」探し編~

古事記1300年の島巡り(下)~「オノコロ島」探し編~  (2013/03/01) 

 過去2回の紀行では、淡路にまつわる万葉和歌や古代の地名を見て回った。  万葉和歌や古代語をもとにして淡路の原風景をたどって逍遥(しょうよう)していれば、おぼ…続きを読む

古事記1300年の島巡り(中)~古代の洲本・南あわじ編~

古事記1300年の島巡り(中)~古代の洲本・南あわじ編~  (2013/02/15) 

  前回の紀行 の最後で「ヒルコ」にまつわる伝説を取り上げた。  「古事記」「日本書紀」でも多くを語られないヒルコは、ほんとうのところ果たして何者なのか――。…続きを読む

古事記1300年の島巡り(上)~淡路・岩屋編~

古事記1300年の島巡り(上)~淡路・岩屋編~  (2013/02/01) 

 最古の歴史書の古事記や、詩歌が詰まった万葉集に登場する島がある。最も古い木簡の資料では「粟道」と記されている。本州から四国の阿波への間に浮かぶ島、淡路島だ。…続きを読む

島?嶋?どっちがカシマシカ?(3)

島?嶋?どっちがカシマシカ?(3)青山 絵美  (2013/01/18) 

 カシマの表記をめぐって茨城県鹿嶋市をあるいてきたこの度の観字紀行。最終回の今回は、鹿嶋市の誕生にさかのぼりたいと思います。    鹿嶋市は、199…続きを読む

島?嶋?どっちがカシマシカ?(2)

島?嶋?どっちがカシマシカ?(2)青山 絵美  (2012/12/21) 

 カシマの表記の謎を探る旅。今回は鹿島神宮(茨城県鹿嶋市)に向かいたいと思います。    JR鹿島神宮駅から歩いて15分ほど。近道をすれば10分かか…続きを読む

島?嶋?どっちがカシマシカ?(1)

島?嶋?どっちがカシマシカ?(1)青山 絵美  (2012/12/07) 

 今季で創設20年の節目を迎えたJリーグ。その年を締めくくる最終節の1日、茨城県鹿嶋市に降り立ちました。向かったのは鹿島アントラーズの本拠、カシマサッカースタ…続きを読む

単位をたずねて三千粁?~チョコラBB編

単位をたずねて三千粁?~チョコラBB編森 ちさと  (2012/11/23) 

 前回、青梅で縁に恵まれて、古い単位の漢字にたくさん出会いました。実はその前に1カ所、立ち寄ったところがあり、そこである物を発見していました。  昭和レトロ商…続きを読む

単位をたずねて三千粁?~青梅編

単位をたずねて三千粁?~青梅編森 ちさと  (2012/11/09) 

 前回、浅草花やしきでは古い単位の漢字を一つしか見つけられませんでした。  そもそも、どんな物に書かれて残っていそうなのか考えてみる必要があります。  「グラ…続きを読む

単位をたずねて三千粁?~浅草花やしき編

単位をたずねて三千粁?~浅草花やしき編森 ちさと  (2012/10/26) 

 まだまだ暑さの厳しかったある夏の夜。一日の仕事が終わってぼんやり片付けをしていたところに、7月のことば談話室( 「聖火」じゃなかった聖火 )で質問を投げてく…続きを読む

会社と地名~大人の遠足(3)

会社と地名~大人の遠足(3)加藤 順子  (2012/10/12) 

 さて、前回までは東北・宮城県仙台市のニッカウヰスキーの蒸溜(じょうりゅう)所を楽しみましたが、全国には他にも会社や創業者の名前が由来になっている住所がいっぱ…続きを読む

会社と地名~大人の遠足(2)

会社と地名~大人の遠足(2)加藤 順子  (2012/09/28) 

 前回、宮城県仙台市のニッカウヰスキー宮城峡蒸溜(じょうりゅう)所で、おいしいウイスキーの原料の中で、もっとも大切な「水」をいただきました。さて次はいよいよ製…続きを読む

会社と地名~大人の遠足(1)

会社と地名~大人の遠足(1)加藤 順子  (2012/09/14) 

 東京都大田区田園調布や世田谷区成城……。高級住宅地の代名詞のように言われますが、ひそかに住んでみたいとあこがれているのが、兵庫県芦屋市の「打出小槌町」。住所…続きを読む