メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昔の新聞点検隊

【当時の記事】

モガの足から夏の流行 名づけてモンパリ・ストッキングといふ代物

拡大

モダーンからモダーンへ、今年の夏の流行!大デパートの店頭はいま流行物の陳列で一杯だ、その中にいはゆる最新の流行とでもいふか今年今夏になっての出現がある それは女のくつ下、モンパリ・ストッキングだ、この名前は松屋でつけたのださうだが絹のストッキングに草花や小動物の絵を染めたいはゆるモンパリ模様を配したもの

     ◇

蒲田が脚を要求し始めた今日、急進的モガならもうはいて居るかもしれないがモンパリ・ストッキングはモダーンの代表格だ 一、二年前アメリカでは脚に絵を書くのが流行ったがそんな所から来たらしい

     ◇

お次に変り方のはげしいところではハンドバックだ、店頭のハンドバックの飾りの内におもちゃのねこや犬があると思ったらそれがハンドバックだ、背中が開く様に出来て居る、又フットボールの様なのもあるが何にしても流行といふやつはふざけ切ったものだ

(1929〈昭和4〉年6月1日付 東京朝日 朝刊7面)

【解説】

 いつの時代も、「はやり」というものはあるようで……。

 「モガ」ということばを、みなさんは知っていますか。「モボ」はどうでしょう?

 それぞれ、モダンガール、モダンボーイを略したものです。昭和初期ごろ、西洋風の服装や髪形などの流行を積極的に採り入れた、若い男女をさします。「モガ」を強いて今のことばに言い換えるなら、「ギャル」でしょうか。ニュアンスはだいぶんちがうかもしれません。

 「モンパリ」もピンとくる人は少ないかも。1927(昭和2)年、宝塚少女歌劇団(現宝塚歌劇団)によって日本で最初に上演された レビューのタイトルです。レビューというのは、歌と踊りに時事風刺を織り交ぜたフランス生まれのショーで、19世紀末から20世紀前半にかけて、西欧諸国で流行しました。「モンパリ」は日本でも好評だったようで、そのファッションも当時の人々の注目を集めたことがうかがえます。

 少し細かいところを見ていきましょう。「今夏」はその年の夏のことですから、「今年」は必要ありません。また「女のくつ下」は「女性の靴下」としたいところ。単に「男」「女」とすると、乱暴な印象になってしまうので。

 次に目に留まるのが「蒲田が脚を要求し始めた今日」。これも時代背景が分からないと理解に苦しみます。「蒲田」が主語として使われていますが、もちろん人名ではなく地名。東京府荏原郡蒲田町(現東京都大田区蒲田)のことで、当時ここには松竹の映画スタジオがありました。ハリウッドの技術や文化をいち早く採り入れた撮影所であり、ここでの「蒲田」は当時の映画界やその流行を象徴することばとして使われているのでしょう。

 見出しでは「足」と表記しているのに、本文では「脚」を使っているのも気になります。この場合は「脚」で統一して良いかもしれません。

 「絵を『書く』」は「描く」に直します。「アメリカでは脚に絵を描くのが流行した」そうですが、これはストッキングに絵の具などで絵を描いたのでしょうか。それとも文字通り「ボディーペインティング」をしたのでしょうか。残念ながらこの紙面から読み取ることはできません。

 「ハンドバック」は「ハンドバッグ」と濁音にしましょう。実際に口に出すときはあまり区別していないかもしれませんが、紙面では原語の音に近いことを重視します。bagは「バッグ」が正しい表記になります。

 最後の「流行というやつはふざけ切ったものだ」という表現、ちょっと気になりました。「モンパリ・ストッキング」や「動物形ハンドバッグ」の考案者や製作者の心情を考えると、乱暴な印象を受けるからです。「流行というのはおもしろいものだ」「流行には驚かされる」などの表現を提案してみますが、これはこれで味がある、という方もいるかと思います。筆者の意見を尊重するのも、校閲の大事な仕事。直接相談できればベストなのですが。

 (画像には主な直しだけ朱を書き入れています。現在の朝日新聞の表記基準で認めていない漢字の音訓や、当時は入れていなかった句点を入れる等については、原則として記入を省いています)

【現代風の記事にすると…】

ギャルの脚から夏の流行 名づけてモンパリ・ストッキング

 モダンからモダンへ、今年の夏の流行! デパートの店頭にいま、流行の品々があふれている。その中に今夏になって登場したのが、女性の靴下、モンパリ・ストッキングだ。大手百貨店「松屋」が名づけたそうで、絹のストッキングに草花や小動物の絵を染めた「モンパリ模様」が施されている。

     ◇

 映画界でも脚のおしゃれが注目されるなか、流行に敏感なギャルならもう着こなしているかもしれない。モンパリ・ストッキングはモダンの代表格だ。1、2年前、米国で脚に絵を描くのが流行し、それが由来といわれる。

     ◇

 ハンドバッグの変化もはげしい。店頭のハンドバッグの中にネコや犬のおもちゃが並んでいると思ったら、これもハンドバッグ。背中が開くように出来ているものもあれば、フットボールのようなものもある。いずれにしても、流行には驚かされる。

(森本類)

当時の記事について

原文どおりに表記することを原則としますが、読みやすさの観点から

  • 漢字の旧字体は新字体に
  • 句点(。)を補った方がよいと思われる部分には1字分のスペース
  • 当時大文字の「ゃ」「ゅ」「っ」等の拗音(ようおん)、促音は小文字に

等の手を加えています。ご了承ください