メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昔の新聞点検隊

【当時の記事】

当時の紙面全体拡大当時の紙面全体。クリックすると大きくなります

前文拡大クリックすると大きくなります
上野動物園の黒豹 けさ檻を破って脱出 新撰組二個中隊出動

二十五日早朝五時頃上野動物園から野生そのままの獰猛なシャム生れの黒豹が一頭頑丈な鉄の檻を破って脱走した このため公園一帯は大騒ぎとなり市街の一角にジャングルに観る猛獣狩りの物凄いスリルの場面を展開した、黒豹脱走の報と共に同園の出入口には固く鉄門を鎖し一般入場者を禁止、古賀園長以下、公園事務所の園丁まで約百名の非常動員を行ひ銃や棍棒に身を固めて園内は勿論、上野公園一帯の捜索を行ったが正午に至るも足跡判らず、一方警官隊は人命の危険を慮って上野、谷中両署から八十名、警視庁から新撰組二個中隊が拳銃を携帯して出動 公園一帯に二重、三重の警戒陣を張った、尚赤羽の軍用犬協会支部からは二頭のセパードを派して脱出した豹の足跡について所在を追跡させるなど動物園始まって以来の大騒動を現出したが午後二時三十五分脱出発覚後約十時間で発見され漸く市民の不安も解消した

漸く発見さる! 暗渠の中に眼光らんらん 脱走後約十時間で

脱走した獰猛な黒豹も遂に午後二時三十五分頃動物園の正門近くから府美術館の脇を通って博物館方面に抜ける直径一尺五寸位の土管を埋没した下水道に潜みこれをもぐって園内を脱出し、同園の塀から約二十間位の所にあるマンホール付近の暗渠内に居たのを、捜索隊に加はった市公園課の土木監督伊藤力君(三六)が若やと思って直径三尺位の同マンホールを開けて覗くと真暗な中にらんらんと光る物凄い眼光 アッとばかり驚いた同君、腰を抜かさんばかりで全員に急報、直にマンホールを開けて三尺と四尺の猛獣の檻をさかさに置いて、一方の口を塞ぎ他のマンホールから竹竿の先に石油をつけたボロをつけて火をつけ追ひ立てる、流石の黒豹たまらなくなって飛出した所を生捕らうといふのだが、この廻りには猟銃、ピストル、又は長柄の槍をしごくなど物々しい姿の捕物陣を築いて待ち構へ万一危険の場合は射殺する用意をしてゐる

殊勲の発見者談

発見者伊藤力君(三六)の話
どうしても動物園と美校側の暗渠の中に逃込んだものと思ひ、動物園の正面の児童遊園地、二本杉原並に美術館の周囲などのマンホールを一つ一つ二人の部下を連れて調べて行きました、所が調べだしてから十三か十四番目で、美術館と二本杉原との間のマンホールの蓋を開けてみたところが、そのくらがりに金色の眼がキラリと光ってみつかったわけです

最後の記事拡大クリックすると大きくなります
うわッ逃げたぞ 「密林のギャング」 Gメン恐々追跡行

◇…黒豹が逃げたッ!……二十五日未明上野動物園事務所では古賀園長以下飼育係、事務員腰も抜けんばかりの驚きだ

「あいつは癖がわるかった」「十日の間に鶏一羽しか食はなかった」「飢ゑてるからなあ」

そんな評定をしてゐるよりも追跡が第一、備へつけの猟銃を携へて動物園内を恐る恐るのしのび足…

◇…いよいよ発見困難となって、動物園はもちろん上野の山を交通遮断しいよいよ密林のギャング「飢ゑたる黒豹」の大捕物劇が始まった、脱走の報せに上野署から五十名、谷中署から三十名、いやそんなものではない、午前十時には警視庁新撰組二個中隊がピストル携帯での出動だ 豹のなき檻の前に鳩首協議……逃走径路を捜査すれば、足跡がある、ある、象の前から暗渠へそして孔雀の樫の方へ……いや、まだある、美校との境の暗渠の方にもそれらしい逞ましい足跡が見られる 「園外に逃げたぞッ」その声があがって、五十名の公園事務所員や動物園園丁が、博物館、美術館、美術学校へすっ飛んでゆく

 《後略》

(1936〈昭和11〉年7月26日付 東京朝日 夕刊2面)

【解説】

 新聞を開くなり目に飛び込んでくる大きく口を開けた猛獣の写真に、その上の「帝都の戦慄(せんりつ)」の大見出し。左の方には騒然としている現場の写真もあり、緊迫感が伝わってきます。これは、昭和11年7月25日早朝に東京・上野動物園からクロヒョウが姿を消した事件を伝える夕刊紙面です。扱いの大きさを見て頂けるよう、紙面全体を掲載しました。

 まずここで豆知識を。勘違いしがちですが、クロヒョウは普通のヒョウが突然変異で毛の色が黒くなったものです。ヒョウと別の種の動物ではありません。全身真っ黒に見えますが、よく見ると普通のヒョウと同じく毛並みに斑点があります(記事に付いた写真では残念ながら確認できませんが)。現在は旭山動物園(北海道)や浜松市動物園(静岡県)などで飼育されていますが、上野動物園にはいないようです。

 では記事を点検していきましょう。校閲記者としてまず引っかかるのが、騒動の主役である「黒豹」です。このコーナーの初回で、一本の記事の中で「へう」「ひょう」と表記が分かれている例を紹介しましたが、今回の記事はすべて漢字の表記で統一されています。

 よしよし、表記はそろっているな、と安心していると思わぬ落とし穴が。「豹」という漢字は常用漢字表には含まれていないので、通常紙面では使わないことになっているのです。朝日新聞は漢字表の範囲内で書けない動植物名を、原則片仮名で表記することにしています。ここでも「クロヒョウ」と直しましょう。また最後の記事に出てくる「孔雀」も同様に、「クジャク」と片仮名表記にします。

 その記事に出てくる「孔雀の樫」という文、どこかおかしいような気がしませんか? カシの木の近くでクジャクが飼われていて……? ではなく、これは「樫」という字を「檻」と取り違えたのでしょう。当時は活字を一本一本手で拾っていたため、似た形の字と間違えることがよくあったようです。

 ただし、現在の基準なら「檻」も普通使わない漢字です。平仮名で「おり」と直すことにします。

 また、見出しに使われている「戦慄」の慄の字も、豹や檻と同じく原則紙面では使わない漢字です。コメントの中に出てくる場合などは、読み仮名を付けて使うこともあり、そこを見出しに取ることもありますが、今回の記事では使われていません。「恐怖」など同様の意味を持つ言葉に直しましょう。

 さて、一通り表記を直した後、もう一度紙面を読み直してみて気になってきたのは記事全体が伝える雰囲気です。現代の新聞に慣れた校閲記者の視点から見ると、起こったばかりの事件を伝える記事にしては、クロヒョウの凶暴さを強調したり、動物園職員の捜索の苦労を面白おかしく書いたりと、読ませるための演出が少し過剰ではないか、という印象です。

 一番違和感があるのが、「市街の一角にジャングルに観る猛獣狩りの物凄いスリルの場面を展開した」という文。恐怖や緊張でハラハラドキドキする意味の「スリル」という外来語をこの後事態がどうなるかわからない事件を形容する言葉として使うのは、少し不謹慎な感じもします。いまなら「市街地の一角は、厳重な警戒態勢が敷かれ、緊迫した状況になった」のような表現になるのでしょうか。やや硬い感じではありますが……。

 何が起こったのかをわかりやすく、簡潔な書き方で伝えるのがニュース原稿では大切です。読み物風の記事や記者の意見を前面に出したコラムなどでは主観的な書き方も不可欠ではありますが、現在の新聞は基本的に、ニュース部分と読み物部分が別のものだとわかるように作られています。

 クロヒョウの脱走騒動は、紙面での扱いからもうかがえるように、当時は大きな話題となり、社会に強い印象を残したようです。この脱走騒動に着想したと思われる「黒豹脱走曲」というタイトルの映画が松竹によってつくられ、翌月には公開されたほど。また、後には小林信彦さんらがエッセーに取りあげ、都筑道夫さんは短編小説の題材としています。それほど人の心に強い印象を残す、珍事件だったのでしょう。

 発見されたクロヒョウは無事捕獲されたのか。けが人は出なかったのか。次回、事件翌日の紙面で点検します(続編は7月13日に掲載する予定です)

(画像には主な直しだけ朱を書き入れています。現在の朝日新聞の表記基準で認めていない漢字の音訓や、当時は入れていなかった句点を入れる等については、原則として記入を省いています。また、【当時の記事】などで省略した部分には灰色の網掛けをつけています)

【現代風の記事にすると…】

上野動物園のクロヒョウ 今朝おりを破って脱出 特別警備隊2個中隊出動

 25日午前5時ごろ、東京・上野動物園からクロヒョウ1頭が、頑丈な鉄製のおりを破って脱走した。このクロヒョウはタイ生まれ。飼いならされておらず、野生のままで凶暴だ。そのため、周辺は大騒ぎとなり、市街地の一角は、厳重な警戒態勢が敷かれ、緊迫した状況になった。

 「クロヒョウ脱走」の連絡と同時に、同園は出入り口の鉄門を固く閉じ、臨時休園にした。古賀園長をはじめ、上野公園事務所の職員ら約100人に非常動員をかけて、銃やこん棒で身を固めて動物園内はもちろん、上野公園一帯の捜索を行った。

 だが昼になっても行方がわからず、警察は人命の危険に配慮して、上野、谷中の両署から80人が出動。警視庁は拳銃を携行した特別警備隊2個中隊を出動させた。公園一帯には二重、三重の警戒になり、さらに赤羽の軍用犬協会支部から2頭のシェパードも派遣され、脱出したヒョウを追跡した。

 動物園始まって以来の大騒動だったが、クロヒョウは午後2時35分、脱出発覚後約10時間で発見され、市民の不安も解消された。

ようやく発見! 地下水路の中に鋭い眼光 脱走後10時間で

 脱走した凶暴なクロヒョウは、動物園の正門近くから府美術館の脇を通って博物館方面に抜ける下水管(直径約45センチの土管を埋設したもの)に隠れ、これを通って園内から脱出した。その後、同園の塀から約36メートル離れたマンホールにつながる地下水路内に隠れていたようだ。

 午後2時35分ごろ、捜索隊に加わった市公園課の土木監督伊藤力さん(36)が「もしや」と思って、マンホールのふた(直径約1メートル)を開けてのぞいた。真っ暗な中に鋭く光るヒョウの目と、目が合った。「あっ」と驚いた伊藤さんは動揺しながらも全員に急報した。

 伊藤さんらはすぐにふたを開け、一方に逆さに置いたおり(縦1メートル、横1.2メートル)でふさぎ、反対方向から竹ざおの先に石油をつけたボロをつけて火をつけ、追い立てて、クロヒョウが飛び出したところを生け捕ろうとした。周囲には猟銃やピストルを構えたり、長柄のやりをしごいたりするなど、厳重に警戒する人々がいた。万一の場合は射殺する準備をしていた。

殊勲の発見者談

 発見者伊藤力さん(36)の話 「きっと動物園と美術学校側の地下水路の中に逃げ込んだのだ」と思い、動物園の正面の児童遊園地、二本杉原や美術館の周囲などのマンホールを、2人の部下を連れて、一つずつふたを開けて調べていった。調べだして13、14番目で、美術館と二本杉原との間のふたを開けてみたところ、そのくらがりに金色の目がキラリと光ったので、見つけることができた。

逃げた「密林のギャング」 恐々

 「クロヒョウが逃げた!」。25日未明の上野動物園事務所では、古賀園長から飼育係、事務職員に至るまで、全員が腰を抜かさんばかりに驚いた。

 「あいつは癖が悪かった」「10日の間に鶏1羽しか食わなかった」「飢えてるからなあ」。様々な声が上がるなか、そんな談議をしているよりも「追跡が大切」と、職員らは備えつけの猟銃を携えて、園内を恐る恐る、忍び足で動くように捜索を始めた。

 だが、なかなか見つからず、動物園はもちろん上野の山への道路を遮断した。密林のギャング「飢えたクロヒョウ」の大捕り物になった。

 脱走の通報があり、上野署から50人、谷中署から30人の警官が派遣されていたが、さらに午前10時には警視庁特別警備隊2個中隊がピストル携行で出動した。

 ヒョウが消えたおりの前で、打ち合わせが終わり、逃走経路を捜索したところ、多数の足跡が発見された。たくましい足跡は、象の前から地下水路、クジャクのおりの近くへと続いており、美術学校との境の地下水路周辺でも発見された。「園外に逃げたぞ」との声があがり、公園事務所、動物園の職員ら50人が、博物館、美術館、美術学校へ急行した。

(市原俊介)

当時の記事について

原文どおりに表記することを原則としますが、読みやすさの観点から

  • 漢字の旧字体は新字体に
  • 句点(。)を補った方がよいと思われる部分には1字分のスペース
  • 当時大文字の「ゃ」「ゅ」「っ」等の拗音(ようおん)、促音は小文字に

等の手を加えています。ご了承ください