メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昔の新聞点検隊

言語に絶する大混乱 関東大震災(1)

拡大1923(大正12)年9月2日付大阪朝日朝刊1面。クリックすると大きくなります。画像には主な直しだけ朱を書き入れています。現在の朝日新聞の表記基準で認めていない漢字の音訓や、当時は入れていなかった句点を入れる等については、原則として記入を省いています
【当時の記事】

帝都を中心として 関東の天変地異 地震から海嘯 火災列車の惨事 大混乱言語に絶す

一日正午富士火山帯を中心としての激震は被害の範囲意外に広く本社が殆ど全滅せる通信機関の間を縫うて凡ゆる方法により辛うじて蒐集したる各種の情報を綜合すれば沼津附近以東御殿場、駿河駅、箱根、熱海方面の温泉地避暑地より横須賀、横浜、東京方面の惨害は想像の外にして家屋の倒壊死傷者夥しく随所に大火災起り混乱名状すべからざるものあり 中央、信越の各線も惨澹たる光景を呈せるもののやうで関西各地より打電せる無線電信も東京に於て更に応答せず憂慮に堪へざるものあり、濃尾大震災以来の震災である

(1923〈大正12〉年9月2日付 大阪朝日朝刊1面)

【解説】

拡大1923年9月2日付大阪朝日朝刊1面
 今回、紹介するのは、関東大震災発生の翌朝に配られた、大阪朝日新聞の1面=左の画像=です。ほぼ全面が震災関連で埋まっています。冒頭の記事は、被害の概要を伝える導入部。社内では「本文」に先立つ、「前文」と呼ばれる部分です。

 関東大震災は1923年9月1日に起こった、神奈川県西部を震源とする巨大地震。地震の規模を示すマグニチュードは7.9。地震後に火災も発生し、死者・不明者は10万5千人と言われています。

 紙面を見ると、現在の朝日新聞では使わない語句や表記がいくつか登場します。見出しの「海嘯」(かいしょう)は難しい漢字ですね。「大辞林」(三省堂)によると、「地震津波」のこと。昭和初期まで用いられたとあります。前文の中の「蒐集」(しゅうしゅう)は、今なら「収集」と書くところです。

 前文の最後にある「濃尾大震災」は、1891年に発生しました。マグニチュードは8.0。岐阜県や愛知県を中心に7千人以上の死者が出ました。

拡大2011年3月12日付東京本社版朝刊1面

◇   ◇   ◇

 今年3月の東日本大震災の翌朝の1面=左の画像=と比べてみてください。記事を読んでいて気づくのは、震度や死傷者数など基本的なデータがないことです。載っている写真も、倒壊した建物を以前に写した資料写真。惨状が伝わってきませんね。

 「朝日新聞社史」や「歴史の瞬間とジャーナリストたち」(いずれも朝日新聞社)などによると、東京朝日新聞は、新聞製作の拠点となる4階建ての本社(滝山町=今の東京・銀座)が全焼するなど、大きな被害を受けました。

 社屋は3年前に建設されたばかりで、倒壊は免れました。しかし、その日の夜7時ごろ、街に広がる炎が燃え移り、焼けてしまいました。警視庁も全焼するなど、被害状況を集約する官公庁も大混乱します。電話も通じなくなり、被害状況を把握したり、書いた原稿を電話で吹き込んだりすることが難しくなりました。

 新聞社は大きな事件や事故が起きたら、朝刊・夕刊を待たずに号外を出します。特にこの時代は、ラジオもテレビもありません。未曽有の震災に直面して大きな不安を抱えた人々は、情報を号外に求めたはずです。

 ですが、この時、東京朝日新聞の活版室では、活字ケースが倒れ、何百万個という活字が床に散乱していました。停電で新聞を印刷する輪転機も動きません。

 ただ、見出し用など大きな活字のケースは重いため、どうにか倒れずにすんでいました。大きさの違う活字が入り交じりましたが、人力の足踏み機を使い、午後3時ごろまでに、300部ほど刷り上げました。

 号外は数が少なかったため、すぐになくなりました。「なくなったのなら、そこで演説して様子を知らせてくれ」。そんな人々の求めに応じ、何度も声を張り上げた社員もいました。「此上強震なし安心すべし」。気象台の情報を手書きしたビラを配る者もいました。

 ある記者は、新聞発送用のトラックに紙を貼ってニュースを大書きし、車内からメガホンで速報したそうです。今ではあまり考えられませんが、「号外がなくても何かできないか」と考えた使命感とプロ根性が伝わってきますね。

◇   ◇   ◇

 震災当日、東京朝日新聞の社員らは、社屋からほど近い皇居前広場にテントを張って避難。翌2日、近くの帝国ホテルに仮事務所を設けて業務を続けます。しかし、新聞用紙の確保や輪転機の整備に苦労したようです。朝刊4ページで東京朝日新聞を復刊できたのは、震災から11日後の9月12日です。10月14日、帝国ホテルの仮事務所から、修復した社屋に戻りましたが、朝刊8ページ、夕刊4ページと震災前の紙面に戻すことができたのは、12月になってからでした。

 東京朝日新聞が復刊するまで、大阪で作られた大阪朝日新聞が東京朝日管内の読者に配達されたそうです。震災から数日すると、被害の状況を生々しく伝える迫力あるルポや写真が掲載されるようになります。そこには危険を冒しながら闘った記者たちの姿がありました。

◇   ◇   ◇

 東日本大震災に関する報道が続いています。88年前に起こった関東大震災の時は、どのような紙面だったのでしょうか。言葉遣いや表記基準の違いだけでなく、当時の取材状況なども含めて、順次、振り返っていこうと思います。

【現代風の記事にすると…】

関東大震災 家屋倒壊・炎上、死傷者多数 静岡以東で甚大な被害

 1日正午ごろ、富士火山帯を中心に大地震があり、関東各地で甚大な被害が出た。関西から東京への電話はつながらず、被害の全容はつかめないが、鉄道局などに届いた各種の情報を総合すると、静岡県沼津市より東側、神奈川県横須賀市や横浜市、東京方面にかけての被害が大きい。各地で家屋が倒壊・炎上し、多くの死傷者が出ている模様。鉄道や通信網にも被害が出ている。濃尾大震災以来の震災になった。

(高島靖賢)

当時の記事について

原文どおりに表記することを原則としますが、読みやすさの観点から

  • 漢字の旧字体は新字体に
  • 句点(。)を補った方がよいと思われる部分には1字分のスペース
  • 当時大文字の「ゃ」「ゅ」「っ」等の拗音(ようおん)、促音は小文字に

等の手を加えています。ご了承ください