メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昔の新聞点検隊

クリックするとジャンプします→【解説】 【当時の記事】 【現代風にすると…】

拡大クリックすると大きくなります

【当時の記事】

回り舞台(5)平清盛 “様づけ”で呼ぶ宮島町 770年祭に空前の人出

○…安芸の厳島神社は日本三景の一、平清盛が信仰したお宮である。このお宮は官幣中社より出世出来なかった。神社側ではなんとかして官幣大社にと、戦前内務省にお百度をふんだが、常にナシのつぶて。理由は明白である。「悪逆無道、天皇をはばからず、おそれ多くも後白河法皇をおしこめ奉った平清盛ごときが信仰した神社の分際で―」清盛も自分の悪名が厳島神社にまでたたるとは思わなかっただろうが、子重盛にくらべて、父は世の憎まれ者、墓さえもどこにあるかわからない始末。

○…ところが時代は一転した。宮島町でこの三月七百七十年の命日を中心に清盛祭をやったところ十万を越す観光客が集り一カ月にわたって町は大にぎわい。「天罰が当って、えたいの知れぬ高熱で狂い死にした」はずの清盛の命日が大祝いされ、以来清盛には「様」がつくという大変なモテ方。「戦後いち早くこの祭をやろうといったら、あいつはアカだといわれましたな」田島権宮司はいう「建物全体が国宝に指定されているこのお社からして当時安芸守であった三十六歳の清盛様が大改修してつくりあげたものです。交通の要路、豊富な産物、瀬戸内海を握ろうとした識見の高さは…」神主さん、時を得顔の弁舌だ。

○…宝物館には平家一門の繁栄を祈った納経三十三巻、中に清盛の自筆もある。「はしなくも清盛その人に会ったような気がする。この筆蹟からは小学校の歴史で観念づけられて来た清盛とはおよそ人違いしそうな優雅な書風…」昨年ここを訪れた吉川英治氏がこういったとかで神社ではオニの首でもとったよう。ここらで一もうけと宮島観光協会では大鳥居に照明をあてて夜の海に浮び上がらせるやら、シカを呼び集めるやら“清盛ブーム”はにわかに活気づいた。なにし負う宮島は清盛の心のふるさと、そのかみ平家の公達がみやびた管弦船に都から幾夜の波まくら。ただしそのナギサはいまは色とりどりの原色調の女たちが、公達ならぬ英連邦兵とごていねいな国際風景をくりひろげている。

○…清盛が厳島参拝の近道を求めて切り開いたという音戸の瀬戸は呉からバスで二十分、いま運輸省の手で改良工事中だが技師の一人が「清盛が掘ったというのはウソらしい」といったのが新聞に出たとあって、音戸町の町議、有力者が押しかけてひともんちゃく起った。ここでもこの春は「清盛祭」をやって前代未聞の人出。ところが今年は名産“瀬戸いりこ”が大漁だったので「ソレ清盛様のおかげ」という。干すときに雨が多くて困ったそうだが「久しぶりのお祭りで、清盛様のうれし涙じゃろう」と来た。

○…神戸市でも「兵庫開港の恩人」とインネンをつけて市主催で清盛供養をやった。放送局でもすかさず、壮年清盛の瀬戸内海航路開発をテーマにした新作歌劇「音戸の瀬戸」を電波にのせる。―この“清盛熱”を京大名誉教授西田直二郎博士に診断をこうと「変転極りない平安末期と現代の世相が似ているし、彼のエネルギッシュなところが国民感情にマッチするのだろう」とのことだった。

(1952〈昭和27〉年11月23日付 東京本社版 朝刊7面)

クリックするとジャンプします→【解説】 【当時の記事】 【現代風にすると…】

【現代風の記事にすると…】

清盛祭で空前の人出 宮島町

 広島県の厳島神社は日本三景のひとつ。平清盛が信仰したお宮だ。このお宮は官幣中社より上に出世できなかった。神社側は「なんとか官幣大社」に、と戦前に内務省へお百度を踏んだが、いつも返事がない。お役所側の理由は「悪逆無道、天皇をはばからず、恐れ多くも後白河法皇を幽閉した平清盛ごときが信仰した神社の分際で――」。実像は懐が深く、先見の明もあったという清盛だが、どうしても悪役のイメージがつきまとう。こと戦前の体制を考えれば仕方のないことかもしれない。

 しかし時代は変わった。同県宮島町でこの3月、770年目の命日を中心に清盛祭を開いたところ、10万人を超す観光客が集まり1カ月にわたって大にぎわいだった。「原因不明の高熱で死んだのは天罰だ」などと言われてきた清盛の命日が大いに祝われたのだ。

 「戦後いち早くこの祭りをやろうといったら、あいつは共産主義者だと言われましたな」と厳島神社の田島権宮司は言う。「建物全体が国宝に指定されているこのお社からして、清盛様が大改修してつくりあげたものです。交通の要路、豊富な産物。瀬戸内海を握ろうとした識見の高さは……」と時を得て弁舌も滑らかだ。

 宝物館には平家一門の繁栄を祈った納経33巻があり、中には清盛の自筆もある。「思いがけず清盛その人に会ったような気がする。この筆跡からは小学校の歴史で観念づけられてきた清盛とはおよそ人違いしそうな優雅な書風……」。昨年ここを訪れた吉川英治氏がこう述べたところ、「清盛様」のよさを認められた神社は大喜び。宮島観光協会でも大鳥居に照明を当てて夜の海に浮かびあがらせたり、鹿を呼び集めたりして、「清盛ブーム」を盛り上げた。

 清盛が厳島参拝の近道を求めて切り開いたという音戸の瀬戸は、呉駅(同県呉市)からバスで20分。運輸省による改良工事中だが、技師の一人の「清盛が掘ったというのはウソらしい」という発言が新聞に出たため、同県音戸町の町議や有力者が押しかけるという一騒動があった。ここでもこの春に「清盛祭」を開くと前代未聞の人出。名産の「瀬戸いりこ」が今年は大漁だったのも「清盛様のおかげ」だそうで、いりこを干す時期に雨が多くて困ったときさえ「久しぶりのお祭りで、清盛様のうれし涙じゃろう」。

 神戸市も「兵庫開港の恩人」という縁から、市主催で清盛供養をやった。放送局は、すかさず、壮年期の清盛が進めた瀬戸内海航路開発をテーマにした新作歌劇「音戸の瀬戸」を電波にのせる。この「清盛熱」を西田直二郎・京大名誉教授は「変転きわまりない平安末期と現代の世相が似ているし、彼のエネルギッシュなところが国民感情にマッチするのだろう」と解説する。

クリックするとジャンプします→【解説】 【当時の記事】 【現代風にすると…】

当時の記事について

原文どおりに表記することを原則としますが、読みやすさの観点から

  • 漢字の旧字体は新字体に
  • 句点(。)を補った方がよいと思われる部分には1字分のスペース
  • 当時大文字の「ゃ」「ゅ」「っ」等の拗音(ようおん)、促音は小文字に

等の手を加えています。ご了承ください