メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昔の新聞点検隊

キリシタン勘兵衛の布教活動 えっ毛利輝元も入信?

広瀬 集

1909(明治42)年3月29日付 東京朝日 朝刊3面。画像をクリックすると大きくなります。主な直しだけ朱を書き入れています。現在の朝日新聞の表記基準で認めていない漢字の音訓や、当時は入れていなかった句点を入れる等については、原則として記入を省いています拡大1909(明治42)年3月29日付 東京朝日 朝刊3面。画像をクリックすると大きくなります。主な直しだけ朱を書き入れています。現在の朝日新聞の表記基準で認めていない漢字の音訓や、当時は入れていなかった句点を入れる等については、原則として記入を省いています
【当時の記事】

(前略)孝高洗礼を領し霊名を「シメオン」と称す 後隠居して如水と号し下図の如き一印章を製して之を用ひたりき 該印象は必ず黒田家に保存して今猶之を伝るならん

▲如水の伝道 天正十四年の頃秀吉の軍大阪を発して下ノ関に到着し暫時同地に滞陣せしが其部将中黒田孝高及其子長政は令名最も高かりき 孝高は此時毛利輝元に邂逅せしが輝元は天主教を喜ばずして宣教師等が其領内に入るを許さず且往往妨碍を加へたるが孝高素と輝元と交誼厚かりしより恰も此面会を好機として輝元を説きしに輝元忽ち心機一転して熱信者の一人と成れり 且其以後領内に布教伝道することを歓諾するに至れり 此時輝元は伯父毛利秀包と共に洗礼を領して霊名「シメオン」を称せり 秀包は後に筑後国久留米城主として大名たり 尚輝元の家臣にして有名なる阿曽沼豊前其外黒田孝高の弟二名其子長政皆同時に受洗して信者となりたりき(後略)

(1909〈明治42〉年3月29日付 東京朝日 朝刊3面)


【解説】

 NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」の視聴率が回復傾向だと最近話題です。物語は長い日本史でも屈指の山場、本能寺の変(1582年)から豊臣秀吉が一気に天下を狙うあたり。秀吉を支える主人公・黒田官兵衛(ドラマでは岡田准一さん)の策士ぶりの熱演も、好評を得ているとか。

「天主教徒としての黒田如水」の記事全体。赤い部分が今回の記事拡大「天主教徒としての黒田如水」の記事全体。赤い部分が今回の記事
 その好調ぶりにあやかって?今回は3月4日公開の記事の続編です。当時の記事の主見出しは「天主教徒としての黒田如水」でした。キリシタンとしての官兵衛を、今回は見てみます。

 いつもの点検をしながら、進んでいきましょう。官兵衛は洗礼名(霊名)を「シメオン」といいました。後に洗礼名の入った「印章」を用いたとありますが、次の文では「印象」になってしまっていますね。「印象」は「印を押した跡」といった意味もありますが、ここでは「黒田家が今も保存しているだろう」と、印そのものを指しています。「印章」にそろえましょう。

 さてこの印章、福岡市博物館に尋ねたところ、今は残っていないと思われる、とのことでした。しかし記事では唯一の挿絵で、その印影を紹介しています。記者が参考にした、としている「THE CHRISTIAN DAIMYOS」にも載っておらず、当時は他に官兵衛の伝記を紹介する主立った書籍もありません。推測ですが、1901年発行の「大日本史料」に、この印影がある官兵衛の書状が載っています。手描きで写して紙面に掲載したのかもしれません。

黒田如水ローマ字印書状。福岡市博物館蔵。捕鯨や毛利輝元から贈られた船屋形の仕立て直しを家臣に命じている。1604年のものとされる。「如水」の署名とローマ字印が見える拡大黒田如水ローマ字印書状。福岡市博物館蔵。捕鯨や毛利輝元から贈られた船屋形の仕立て直しを家臣に命じている。1604年のものとされる。「如水」の署名とローマ字印が見える
 この「大日本史料」掲載の書状は現在所在不明とのことですが、ローマ字印と官兵衛の署名が入った別の書状が、同博物館に1通残っていました。十字の周りに「SIMEON I(J)OSUI」(シメオン・ジョスイ)とあり、記事の挿絵が間違いでないことが分かりますね。さらに今年に入って、新たに3通も見つかったとのことで、同博物館で現在公開中です(企画展示「官兵衛の手紙」、8月17日まで)。いずれも、関ケ原の戦い(1600年)以降のものと考えられています。

上の書状のローマ字印部分の拡大。印影は下から時計回りに「SIMEON IOSUI」と見える拡大上の書状のローマ字印部分の拡大。印影は下から時計回りに「SIMEON IOSUI」と見える
 キリシタンとなった官兵衛は、伝道、勧誘に熱心だったようです。九州平定戦の直前、滞陣中の下関では、キリスト教に厳しい対応をとっていた領主・毛利輝元を説き伏せ、領内の布教の許可を得た、とあります。そして輝元は「毛利秀包(ひでかね)と共に洗礼を領して」「熱信者の一人と」なった……っと、これはびっくり、輝元がキリシタンだったという話は聞いたことがありません。

 参考文献の「THE~」にも記載は見当たりません。念のため、当時の宣教師の記録を見てみましょう。ルイス・フロイスの「日本史」はご存じの方も多いと思います。他にも宣教師たちが欧州に発した報告書や書簡などが「十六・七世紀 イエズス会日本報告集」として邦訳されています。

福岡の老舗菓子店・如水庵が最近発売した、ローマ字印影を模した焼き菓子「シメオン・ジョスイ」。中にイチジクとオレンジが練り込まれ、フルーティーな味わい。10個1080円など。「如水庵」の屋号も官兵衛にちなんでいる=如水庵提供拡大福岡の老舗菓子店・如水庵が最近発売した、ローマ字印影を模した焼き菓子「シメオン・ジョスイ」。中にイチジクとオレンジが練り込まれ、フルーティーな味わい。10個1080円など。「如水庵」の屋号も官兵衛にちなんでいる=如水庵提供
 それらを見ると、下関、そして山口はかつてフランシスコ・ザビエル(1506~52)が寄り、日本で初めての教会が建てられた、宣教師にとっては重要な地。ところが毛利氏の勢力内に入ってからは迫害されていたようです。輝元の祖父である毛利元就などは「暴君」と表現されています。この地での再活動は、宣教師たちの悲願でした。

 一方、官兵衛の受洗は1585年の書簡などに見えるので、その頃行われたと考えられています。ドラマでもあったように、官兵衛は本能寺の変の前後から毛利側との折衝を担当していました。官兵衛本人の協力の申し出もあり、宣教師たちは輝元やその叔父の小早川隆景(ドラマでは鶴見辰吾さん)らの説得を依頼します。

 結果、難航していた布教許可や施設の開設が、官兵衛の交渉開始後「数日の内に目的を達成」(1588年2月20日付フロイス書簡)した、とありました。しかし、輝元が宣教師を歓待した様子の記述はあれど、信者になったとは、やはり見当たりません。筆者に念押しをするしかなさそうですね。

 この頃、輝元の叔父の毛利秀包や、官兵衛の弟2人(利高〈ドラマでは兵庫助の呼称〉、直之)も入信。記事では他に「阿曽沼豊前」が挙げられていますが、これが謎の人物です。「THE~」にも「Asonuma Buzen-no-Kami」とあるので記者の写し間違いではなさそう。毛利氏の研究書をいくつか見たところ、阿曽沼「豊後(守)」(元秀?)という武将がいたようです。

 しかし宣教師たちの記録には登場せず、代わりに熊谷「豊前守」元直の名が見えます。おそらくこの人物と間違えたのでしょう。ただし「THE~」では、「宣教師の史料には熊谷とあるが、これは阿曽沼氏のこと。阿曽沼氏は熊谷氏の子孫」のようなことをわざわざ書いています。何か根拠があったのかもしれませんが、毛利関係の論文を見る限りでは、熊谷氏と阿曽沼氏はやはり別の家。筆者に熊谷元直ではないかと問い合わせましょう。

 その他では、官兵衛の息子・長政(ドラマでは松坂桃李さん)も同時に受洗したとありますが、宣教師の記録では、九州に進軍後のようでした。他の4人も全く同時かは分からないので、「同時期」としてはどうか提案してみます。

 今回、宣教師の記録を見て、「官兵衛殿」が頻出することに驚きました。なお、これらの記録では「Cambioye」などと表記されており、当時は「かんびょうえ」と呼ばれていたようです。「日本史」では「優れた才能の持主」「万人の尊敬を一身に集めていた」「清廉な人物」と絶賛です。キリシタンとなって日が浅いながら、秀吉の側近で才能ある官兵衛に期待しているようでした。官兵衛も期待にたがわぬ熱心さで、例えばこの九州平定の戦場では修道士2人を随行させて、教義を学んだり兵士に教えを広めたりしていたとフロイスは伝えています。大勢の武将の前で「まだ不慣れな手つきで十字の印しを」切って祈りを捧げていた、との記述もありました。

龍光院殿如水円清居士寿像(黒田如水像)。円清寺蔵。福岡県指定文化財拡大龍光院殿如水円清居士寿像(黒田如水像)。円清寺蔵。福岡県指定文化財
官兵衛がキリシタンだったことを示す箇所が削られている拡大官兵衛がキリシタンだったことを示す箇所が削られている

 一方、国内の史料で官兵衛がキリシタンだったことを伝えるものは、前述のローマ字印以外、ほとんど残っていません。江戸幕府の禁教政策などの影響でしょう。わずかに、福岡県朝倉市の円清寺に伝わる官兵衛像の賛に、その痕跡が残っています。一部が消されたその跡にはうっすら「一旦入南蛮宗門 聞法談雖有年」と見えます。「いったん南蛮の宗門(キリスト教)の法談を聞いた頃もあった」といった意味です。なお円清寺は、一番の家臣だった栗山善助(ドラマでは濱田岳さん)が、官兵衛の死後、菩提(ぼだい)を弔うために建てたお寺です。

 今後、官兵衛とキリスト教との関わりが大河ドラマではどう描かれるのかも、見どころの一つですね。


【現代風の記事にすると…】

 (前略)官兵衛は洗礼を受けた。霊名は「シメオン」。官兵衛は後に隠居して「如水」と名乗るが、その頃「SIMEON I(J)OSUI」と刻まれた印鑑を使っている。

◆官兵衛の説得

 1586(天正14)年、豊臣秀吉軍は豊後(現・大分県あたり)・大友氏の救援要請に応える形で一部が大坂を出発し、下関に滞在する。九州平定だ。その軍の中でも官兵衛はひときわ有名だった。一方、この辺りの領主・毛利輝元はキリスト教を嫌っていて、宣教師が領内に入ることを禁じ、活動をたびたび妨害していた。知己だった官兵衛が輝元を説き伏せると、輝元は一転、布教を許した。

 この頃、輝元の叔父で、後の久留米城主(現・福岡県久留米市)の毛利秀包(ひでかね)が洗礼を受けた。洗礼名は「シモン」。輝元の家臣である熊谷元直、官兵衛の弟の利高と直之も、同時期に洗礼を受けたという。官兵衛の長男・長政は、この少し後に入信している。(後略)

(広瀬集)

当時の記事について

原文どおりに表記することを原則としますが、読みやすさの観点から

  • 漢字の旧字体は新字体に
  • 句点(。)を補った方がよいと思われる部分には1字分のスペース
  • 当時大文字の「ゃ」「ゅ」「っ」等の拗音(ようおん)、促音は小文字に

等の手を加えています。ご了承ください