メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

中原 光一(なかはら・こういち)

1972年生まれ、大阪府出身。98年入社。校閲だけでなく、高松総局で出稿記者を2年弱、大阪編集センターで紙面編集を約3年経験。また教育総合本部でも2年勤務。クラシックからアイドルまで音楽なら何でも大好物。

記事一覧

  • こちら人権情報局「色覚多様性」とUNO(2017/11/14)

     ことし9月、日本遺伝学会が遺伝学用語を改訂し、用語集としてまとめたものを発売しました。約10年をかけて検討してきたという改訂の主眼は、誤解・偏見・差別につながりかねない用語を改めたり、分かりにくい …続きを読む

  • こちら人権情報局SOGIへの取り組み~トイレから始める(2017/9/6)

     「SOGI」という言葉があります。どの性を好きになるかを表す「性的指向(Sexual Orientation)」と、自分の性別をどう考えるかを表す「性自認(Gender Identity)」の頭文 …続きを読む

  • ことば談話室金管楽器よ、君の名は? 「ニウム」が「ニアム」になった理由を調査(2017/3/31)

    (withnewsで3月26日に掲載した記事を再録しました)  皆さん、この金管楽器をご存じですか? 吹奏楽の経験者なら即答でしょう。「Euphonium」ですね。日本語(カタカナ)ではどう書きま …続きを読む

  • 「色覚多様性」とUNO(2017/11/14)

     ことし9月、日本遺伝学会が遺伝学用語を改訂し、用語集としてまとめたものを発売しました。約10年をかけて検討してきたという改訂の主眼は、誤解・偏見・差別につながりかねない用語を改めたり、分かりにく …続きを読む

  • SOGIへの取り組み~トイレから始める(2017/9/6)

     「SOGI」という言葉があります。どの性を好きになるかを表す「性的指向(Sexual Orientation)」と、自分の性別をどう考えるかを表す「性自認(Gender Identity)」の頭 …続きを読む

  • 金管楽器よ、君の名は? 「ニウム」が「ニアム」になった理由を調査(2017/3/31)

    (withnewsで3月26日に掲載した記事を再録しました)  皆さん、この金管楽器をご存じですか? 吹奏楽の経験者なら即答でしょう。「Euphonium」ですね。日本語(カタカナ)ではどう書き …続きを読む

  • (ことばの広場)オワハラ(2016/2/3)

    (1月27日付朝刊に掲載した「ことばの広場」を再録しました)大学生の就職活動が長期化した昨年、企業が内定を出す際に就活を早く終えるよう学生に迫ることが問題化しました。学生たちは「就活終われハラスメ …続きを読む

  • 銀座のブラの物語――下(2011/12/8)

     「銀ブラ」って「銀座ブラブラ歩くこと」じゃないの?と思いきや、なんと、「銀座でブラジルコーヒーを飲むこと」との説もあるとか! 驚き!  ここまでが前回。  そんな文献ホンマにあるの?  …続きを読む

  • 銀座のブラの物語――上(2011/12/1)

     大阪から東京に転勤してきて早1年8カ月……って「書き出し先週のパクリか!」とか言わないで下さい。江戸の水にもすっかり慣れて、今やすっかり帝都東京の暮らしを満喫する、ちょっとシャレオツなシティーボ …続きを読む

  • 魅惑のチャーム(2010/10/14)

     どこの世界にも「業界用語」てもんがある。入社早々、その日掲載しない記事を翌日以降に繰り延べることを「AZ(エーゼット)する」って言うのを聞いて、  「さっすがー!何かカッコイイっすねー!」  …続きを読む

  • 豚丼~「ぶた」か「とん」か、それが問題だ2(2010/06/10)

    ◇まずは北海道・十勝へ  某牛丼チェーン店で女性が発したひと言で始まった「ぶたどん」と「とんどん」の覇権争い(?)。  いろいろ考察してみたが、ここは実際「豚丼」を提供しているところに白黒つけ …続きを読む

  • 豚丼~「ぶた」か「とん」か、それが問題だ 1(2010/06/3)

    ◇早朝の牛丼店で始まった  それは、いつものように朝方まで痛飲したあとの「シメ」だか「メシ」だか分からないものを腹に収めるべく、某牛丼チェーン店に突入したときに発生した。  牛よりは鶏や豚を愛 …続きを読む

編集部からのお知らせ

  • 「クイズ語エ門」が本になりました

     「クイズ語エ門」の過去4年分の問題をまとめた「正しい日本語の練習」が、PHP研究所から出版されました。

  • 「ことばの広場」も収録

     校閲センターがオピニオン面で連載している「ことばの広場」の記事を「ことば談話室」のコーナーにも収録します。

Twitter

※ツイッターのサービスが混み合っている時などツイートが表示されない場合もあります。

注目コンテンツ

  • ショッピング・旅行磁石でくっつくペンケース

    手帳やノートにペタリ

  • ブック・アサヒ・コム「中国の検閲には波がある」

    代表的な作家・閻連科が語る

  • 【&M】空飛ぶタクシーが登場!?

    写真特集「CES 2018」

  • 【&w】風がまわり光がふりそそぐ家

    リノベーション・スタイル

  • WEBRONZA受信料不払い広がるのは当然

    NHK受信料判決めぐる問題点

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ