メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

平井 一生(ひらい・かずお)

1966年生まれ、福岡県出身。89年入社、西部本社校閲部配属。以降、写真部、朝日学生新聞社などで勤務。東京本社地域面支援担当次長を経て、朝日新聞メディアプロダクション統括次長。写真部勤務時、日本初の国産旅客機YS11の退役フライトを取材。以降も航空関係等の取材を継続している。

記事一覧

  • ことば談話室夢へ 力強く一歩!(下)(2017/1/25)

     前回の拙稿で正月気分がまだ抜けていないことを申し上げたが、それどころか、録画していた年末の紅白を今ごろ改めて見ていると、ますます時間の感覚がおかしくなる。例年いろいろ言われるNHK紅白歌合戦だが、 …続きを読む

  • ことば談話室夢へ 力強く一歩!(上)(2017/1/11)

     三が日はとうに終わり、世の中も動き出したが、どうも鏡開きの後でないと正月が終わった気がしない。筆者は長崎県生まれで、同郷の妻が作った具がたくさん入った雑煮を食べてひたすら寝正月を過ごした。うつらう …続きを読む

  • ことば談話室夢に向かって出発進行!(下)~バトンのチカラ~(2016/6/1)

    バトントワリング世界大会で「金」  福岡勤務時代のことだが、西部本社発行の夕刊社会面に「偏西風」というコラムがあった。1990年の5月21日付から始まり、2008年の9月30日付で終了した。各部の …続きを読む

  • ことば談話室夢に向かって出発進行!(上)~ダンスのチカラ~(2016/5/25)

    それぞれの「目的地」へ  一時期、「しつもん! ドラえもん」の出題を担当していた。趣味を仕事に生かせる要素もあり、「飛行機と言葉」、そして「鉄道と言葉」をテーマにさまざまな問題を作成したが、そのな …続きを読む

  • ことば談話室北海道を「線」でたどる(2016/3/30)

    津軽海峡を越えて  テレビはほとんど見ないがCMには関心があり、最近は某缶コーヒーのCMに興味を持った。石川さゆりと北島三郎とトミー・リー・ジョーンズが出てきて、舞台は「津軽海峡の鉄道を取り巻く人 …続きを読む

  • ことば談話室さよなら青ガエル(2016/3/23)

    鉄道車両の愛称  前回はJR最後の定期夜行急行列車「はまなす」についてお読みいただいた。自分の書いた原稿を読み返してみると、我ながら物好きだと、しみじみ思う。鉄道というものは実用のためのもので、本 …続きを読む

  • ことば談話室春なのに 散る花また一つ(2016/3/16)

     この時季、「卒業ソング」という言葉が話題に出る。「蛍の光」や「仰げば尊し」などの定番の「卒業曲」とは異なり、定義は難しいが、いわゆるJポップで卒業を題材とする、あるいは卒業をイメージさせる曲をさす …続きを読む

  • 夢に向かって出発進行!(下)~バトンのチカラ~(2016/6/1)

     福岡勤務時代のことだが、西部本社発行の夕刊社会面に「偏西風」というコラムがあった。1990年の5月21日付から始まり、2008年の9月30日付で終了した。各部のデスク、総局長、編集委員や論説委員 …続きを読む

  • 夢に向かって出発進行!(上)~ダンスのチカラ~(2016/5/25)

     一時期、「しつもん! ドラえもん」の出題を担当していた。趣味を仕事に生かせる要素もあり、「飛行機と言葉」、そして「鉄道と言葉」をテーマにさまざまな問題を作成したが、そのなかの一つに、3月9日付紙 …続きを読む

  • 北海道を「線」でたどる(2016/3/30)

     テレビはほとんど見ないがCMには関心があり、最近は某缶コーヒーのCMに興味を持った。石川さゆりと北島三郎とトミー・リー・ジョーンズが出てきて、舞台は「津軽海峡の鉄道を取り巻く人々」という、「まる …続きを読む

  • さよなら青ガエル(2016/3/23)

     前回はJR最後の定期夜行急行列車「はまなす」についてお読みいただいた。自分の書いた原稿を読み返してみると、我ながら物好きだと、しみじみ思う。鉄道というものは実用のためのもので、本来は興味の対象物 …続きを読む

  • 春なのに 散る花また一つ(2016/3/16)

     この時季、「卒業ソング」という言葉が話題に出る。「蛍の光」や「仰げば尊し」などの定番の「卒業曲」とは異なり、定義は難しいが、いわゆるJポップで卒業を題材とする、あるいは卒業をイメージさせる曲をさ …続きを読む

  • 日本の翼~国産ジェット旅客機への道(2016/1/6)

     10年前になる。2006年9月30日、鹿児島空港のエプロン。目の前でYS11がプロペラを止めた。この日をもって、戦後初の国産旅客機の国内民間路線での定期運航が終わった。YS11は国と民間が195 …続きを読む

  • 駅(下)-それぞれの物語(2015/8/12)

     鉄道に関連するさまざまな分野のなかでも、駅に興味を持つようになり、駅とその背景を絡めて考えるようになったのは、前回述べた「福岡駅風土記」によるところが大きい。誰でも、折にふれ、繰り返し読む本があ …続きを読む

  • 駅(上)-北の大地を訪ねて(2015/8/5)

     小欄で、「鉄道もの」についていろいろ書かせてもらっている。以前も述べたが、「鉄道オタク(テツ)」といえば、一般の方々からは「電車が好きなんですね」といわれ、「いや電車は好きではありません」と返答 …続きを読む

  • はるかなる流氷原を求めて(2015/4/23)

    子どものころからあまりテレビを見ない筆者だったが、いまでも心に残っているCMがある。  大滝秀治による「流氷を故郷とした人々がいた」というセリフで始まるナレーションが流れ、宇津井健と二宮さよ子が …続きを読む

  • そして一番星は消えた(2015/3/26)

     「一番星」。「広辞苑」では「かつて菅原文太が演じた主人公が映画中で使用したトラックおよび主人公の愛称」と書いているはずもなく「夕方、一番はじめに輝き出す星」、とある。天文少年ではなかったが、夕焼け空続きを読む

編集部からのお知らせ

  • 4月から更新日を変更します

     4月から更新日を下記のように変更します。
    ■こちら人権情報局 第1月曜
    ■クイズ語エ門 第2・最終月曜
    ■昔の新聞点検隊 第3月曜
    ■漢字んな話 第4水曜
    ■ことば談話室 随時
     今後ともご愛読をよろしくお願いします。

  • 3コーナーは3月で休止します

     あなたも校閲記者、文字@デジタル、こつこつコウエツの3コーナーは3月いっぱいで定期更新を休止します。どうかご了承下さい。

  • 「クイズ語エ門」が本になりました

     「クイズ語エ門」の過去4年分の問題をまとめた「正しい日本語の練習」が、PHP研究所から出版されました。

Twitter

※ツイッターのサービスが混み合っている時などツイートが表示されない場合もあります。

注目コンテンツ

  • ショッピング・旅行磁石でくっつくペンケース

    手帳やノートにペタリ

  • ブック・アサヒ・コム執筆5年の町田康の大作

    新境地ともいえる神話的世界

  • 【&M】記憶に残るマツダ・サバンナ

    小川フミオのモーターカー

  • 【&w】年齢の持つ意味とは?

    湯山玲子さんに聞く〈PR〉

  • WEBRONZAイスラム国から解放される日

    ISの戦闘員市民盾に最後の抵抗

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ