メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月11日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

森本 類(もりもと・るい)

1986年生まれ、東京都出身。2009年入社、東京本社校閲センター。大学ではクラシックギターのサークルに所属。「校閲のギャンブル担当」を自称するが、馬券の神には見放されている。好きな馬はグラスワンダー。

記事一覧

  • 「六曜」は差別につながる?(2016/3/18)

     「結婚式は大安に挙げた方がよい」「友引に葬式をしてはいけない」――。「六曜」にまつわるこうした言い伝えは、日本人の多くが知っています。でも、六曜についてほかに知っていることは?と聞かれたら、はた …続きを読む

  • 障害者の仕事と欠格条項(2015/11/6)

     聴覚障害者の職域拡大につながるニュースがありました。警察庁が先月22日、バスやタクシーを運転できる「二種免許」を聴覚障害者が取得できるよう、道路交通法施行規則の改正案をまとめたのです(10月23 …続きを読む

  • 英文における日本人の姓名の順番(2015/10/28)

    (ことばの広場+)自己紹介は、外国語を習うとき、初めに学ぶことが多いと思います。名前の順番という誰にとっても重要なことの変更が、なぜ最近になって行われたのでしょうか。 10月21日付紙面に掲載し …続きを読む

  • (ことばの広場)英語で自己紹介(2015/10/28)

     Yamada TaroかTaro Yamadaか――。英語で自己紹介をするとき、どちらを選びますか。  中学校では、2002年度からすべての教科書で「姓―名」中心の表記になりました。注釈で「名 …続きを読む

  • 高齢ドライバーと認知症(2015/7/3)

     認知症のドライバーによる交通事故をいかに減らすか――。6月11日、運転免許を持つお年寄りに大きな影響をもたらす法改正がなされました。施行されると、いまより多くのお年寄りが医師の診断を受ける必要が …続きを読む

  • 「声なき市長」はやめるべきか(2015/1/30)

     昨年11月、山形県酒田市の本間正巳市長が半年ぶりに公務に復帰しました。市長は咽頭(いんとう)に悪性の腫瘍(しゅよう)が見つかり、5月から休養。手術や放射線治療を受けたのち、リハビリに取り組んでい …続きを読む

  • どんな最期を迎えたいですか?――安楽死と尊厳死(2014/11/21)

    ■波紋広げた米国人女性の選択  どんな最期を迎えたいか、考えたことはありますか。またそのことについて、家族と話し合ったことはありますか。  今月1日、末期がんで余命半年と宣告されていた米国人女 …続きを読む

  • アイス・バケツ・チャレンジと難病助成(2014/9/26)

     氷水をかぶって難病患者を支援――こんな一風変わった活動が世界的に広まったのは、すでにみなさんご存じの通りです。  まずは、一連のニュースのおさらいをしましょう。 …続きを読む

  • 都議会ヤジ問題に学ぶ(2014/7/25)

     東京都議会における女性都議へのヤジが大きく取り上げられました。晩婚化や晩産化の対策について質問する塩村文夏都議(みんな)が「早く結婚したほうがいいんじゃないか」など女性蔑視のヤジを受けた問題です …続きを読む

  • DH制――「二刀流」で脚光、奥が深いルール(2014/7/24)

     人と違うことに挑戦し続ける若者がいます。プロ野球で「二刀流」として注目されている日本ハムの大谷翔平選手。プロ2年目の今季、投手としては前半戦終了時点で9勝(1敗)を挙げ、打者としても自身の20歳 …続きを読む

  • 「手話は言語」広がる条例(2014/5/16)

    ■鳥取県議会や北海道、三重の自治体なども制定  「手話は独自の言語体系を有する文化的所産」――。昨年10月、鳥取県議会で、手話を言語として普及を進める「手話言…続きを読む

  • 「サッカー無観客試合」の教訓(2014/4/4)

    ■Jリーグでもっとも重い処分  3月23日。埼玉スタジアムで、Jリーグ史上初めて無観客試合が行われました。リーグ22年目でもっとも重い処分でした。  発端は8…続きを読む

  • 長野パラリンピックを振り返る(2014/2/21)

     熱闘が続くソチ冬季五輪も残すところあとわずかとなりました。閉幕後、バトンは3月7日から始まるパラリンピックへと渡されます。  日本では2020年に東京パラリ…続きを読む

  • 進まぬ女性の社会進出、メディアの影響は?(2013/12/6)

    ■「男女格差報告」136カ国中105位  先月15日、米国の元大統領ジョン・F・ケネディの娘であるキャロライン・ケネディ氏が女性として初めて駐日米大使に着任し…続きを読む

  • 見え方は十人十色――色覚異常って何?(2013/10/11)

    ■身近な友人から打ち明けられて  「色覚異常、気づけず後悔」――。先月の朝日新聞東京本社版1面に、色覚異常についての記事が載りました。小学4年生を対象に全国で…続きを読む

  • 障害者からみた参院選――もっと民意を反映させるために(2013/8/9)

    ■成年後見制度、利用者の選挙権再び  与党の圧勝で幕を閉じた参院選。投票率は戦後3番目の低さでしたが、一方で明るいニュースもありました。公職選挙法の改正によって、成年後見制度の利用者(被後見人) …続きを読む

  • 馬名にまつわるエトセトラ~もっと競馬をおもしろく見るために(2013/5/23)

     モグモグパクパク――今月5日のNHKマイルカップに出走した馬の名前です。競走馬の名前にはユニークなものがたくさんあって眺めているだけで楽しいものですが、勉強になることもあります。 …続きを読む

  • これを持ってりゃウマくいく?~左馬を訪ねて(3)(2013/4/12)

     天童駅構内から道案内、マンホールのデザインなど、街のいたるところで左馬に出あうことができました。さらに探してみると、オートバイのナンバープレートにも発見。特産品の将棋駒に、縁起物の左馬をあしらっ …続きを読む

  • これを持ってりゃウマくいく?~左馬を訪ねて(2)(2013/3/29)

     縁起物とされる「左馬」のルーツを探るべく、将棋の街・山形県天童市を訪れた筆者。今回は、将棋駒の橋が架かる倉津川から南へ足を延ばして、舞鶴山(天童公園)へ向かいます。少しきつめの坂をえっちらおっち …続きを読む

  • これを持ってりゃウマくいく?~左馬を訪ねて(1)(2013/3/15)

     その不思議な字と出あったのは、競馬グッズ売り場でした。  「馬」を左右反転させた字の名前は、「左馬」。字が刻印された根付けを手に取ってみると、どうやら馬券がよく当たるお守りなのだとか。小学生の …続きを読む

  • 大悪党が大流行!?(2013/2/19)

     100年ほど前、はやりすぎたため上映禁止となった犯罪映画がありました。その名は「ジゴマ」。フランスからやってきた怪盗の名を冠したこの映画がどれほど日本人に影響を与えたのか、当時の記事を通して見て …続きを読む

  • 公衆電話のため息(2012/12/11)

     今年、携帯電話の人口普及率(全人口に対して契約数が占める割合)が100%を超え、「1人1台」の時代になりました。その影響もあり、1985年のピーク時に約93万台あった公衆電話は2011年に約25 …続きを読む

  • 子どもに人気! 淡水魚の水族館(2012/10/23)

     世界有数の魚消費国、日本。そんな背景もあるのでしょうか、水族館の普及率も世界一だそうです。普段はなかなか目にできない水中での魚たちの様子が見られるとあって、子どもから大人まで幅広い世代の人気を集 …続きを読む

  • 駅弁地獄からの脱出(2012/9/4)

     1872(明治5)年に新橋-横浜間を「陸蒸気(おかじょうき)」が走ってから、この12日でちょうど140年になります。その長い鉄道の歴史と切っても切れないのが駅弁。発祥は宇都宮や神戸など諸説ありま …続きを読む

  • 時を告げる「怪物」の正体(2012/7/10)

     「ドンに代った怪物」――。見出しだけ見て、何の記事かわかる方はいるでしょうか。政財界のボスが交代? はたまた、超高校級の投手が登場? しかし、記事に写るのは平和な写真です。  先週公開の記事を …続きを読む

  • 史上最高配当のダービー(2012/5/29)

     2012年の第79回東京優駿(日本ダービー)はディープブリランテが優勝し、09年に生まれたサラブレッド7572頭の頂点に立ちました。3歳馬による日本ダービーは、馬にとっては一生に一度しか出ること …続きを読む

  • 下町の怪談 踊り出す猫(2012/4/3)

     ときは明治末期。そぼ降る雨の中、東京・本所の住宅地に忍び寄る、あやしい猫の影――。  3年目を迎えました、昔新聞点検隊。今回は、明治の紙面に残る怪談をご紹介したいと思います。見出しによれば、何 …続きを読む

  • 特ダネ記者は忍者?(2012/2/14)

     ある日突然、不正などを明るみに出すことを「すっぱ抜く」と言います。記者のあいだでは、いわゆる特ダネを報じることを「抜く」と言い、「抜かれた」記者は急いで追っかけ取材をします。私たちが省略してしま …続きを読む

  • 警官のふり見てわがふり直せ?(2011/12/6)

     「おいおいおまえ、しばらく待て」――。突然おまわりさんにこんな風に言われたら、誰でも気分が良くないはず。しかし特定の職業の人に、こうしたことば遣いをするというマニュアルが存在していた時代がありま …続きを読む

  • 映画館でのデート解禁!(2011/10/18)

     「はじめてのデートでどこへ行った?」。お酒を飲んでいると、よく出る話題です。やはりよく聞かれる答えが、「映画館」。お互いのことをまだあまり知らない2人が、経験を共有するのにちょうどいい場所なのか …続きを読む

  • トリコロールは3等分じゃない?(2011/8/30)

     7月9日、アフリカで新しい国が誕生しました。スーダンから分離独立した、南スーダン共和国です。アフリカで54カ国目、国連加盟では193番目の国となりました。独立から5日後の14日には加盟が承認され …続きを読む

  • あさましい夢 いじけ切った希望?(2011/7/5)

     子どものころ、何になりたかったですか? Jリーグ発足間もない時期に小学生だった私は、「サッカー選手」。4年生の文集に、応援していたヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)のエンブレムとユニホーム …続きを読む

  • 小便小僧もおしゃれに夢中?(2011/5/10)

     人前でやってはいけないことをやっているくせに、世界中から大人気の、いなせなあいつ……。今回は、ベルギーはブリュッセルに立つ「小便小僧」のお話です。なんと、朝日新聞とも意外な関係がありました。 …続きを読む

  • 日本初のナイター(2011/4/5)

     震災の影響で、4月は東日本での実施が控えられるプロ野球のナイター。昔新聞を開くと、夜間試合の始まりは戦前にさかのぼることがわかります。まだプロ野球が確立していなかった時代。大学の「2軍」対「新人 …続きを読む

  • コロッケ=ゲートボール?(2011/3/1)

     ワイフもらってうれしかったが  いつも出てくるおかずは コロッケコロッケ  今日もコロッケ 明日もコロッケ  これじゃ年がら年中コロッケ  アハハハアハハハこりゃおかし …続きを読む

  • 駅名は右から? 左から?(2011/1/18)

     ホームの駅名表示をじっくり見たことがありますか? 「漢字」「ひらがな」「ローマ字」の3通りで表記されていることが多く、駅によっては中国語やハングルが加わっていることもあります。漢字を多く知らない …続きを読む

  • サンタクロースはどんな人?(2010/12/7)

     「クリスマスが近づきました」。11月にこう感じるなんて、大正時代もクリスマスが待ち遠しいイベントだったことがわかります。  今回は、クリスマス特集第2弾。読者の質問に答える「読者課題」のコーナー …続きを読む

  • 日本でもあった!落盤事故から奇跡の生還(2010/10/26)

     鉱山の落盤事故で地下約700メートルに閉じこめられた作業員33人が、69日ぶりに全員無事帰還――。今月13日、チリ北部サンホセ鉱山で起きた奇跡は、今年一番の明るいニュースといっても過言ではありま …続きを読む

  • 小海線でゆく 日本一の高原の旅(2010/9/14)

     連日のように「猛暑」「酷暑」の見出しが並ぶ今年の夏。涼を求めて、少しでも北へ、少しでも高いところへ、足を延ばした方も多いのではないでしょうか。人出の多い時期を避けて、これから避暑地へ出かけるとい …続きを読む

  • 金鯱の正体、金助の自白(2010/8/10)

     今回は「名古屋城鯱(しゃちほこ)のうろこ盗難事件」の解決編。発生から3週間後に、容疑者は大阪で捕まりました。この事件を「大胆! 空中夢を実現」の大見出しをつけて社会面で大きく扱っています。中でも …続きを読む

  • 金のうろこ、盗まれる(2010/7/27)

     名古屋といえば名古屋城、名古屋城といえば金の鯱(しゃちほこ)。その鯱から、うろこが盗まれた!!  名古屋城は今年、1610(慶長15)年に徳川家康が建て始めてから400年を迎えました。名古屋の …続きを読む

  • 「ありがとう」を人形で(2010/6/22)

     「はな子さんの送別会」――といっても、人間の話じゃありません。  今回は、5月11日に掲載した「日米の懸け橋」の続編をお送りします。「青い目の人形」を米国から贈られた日本は、やはり人形でお返し …続きを読む

  • 日米の懸け橋(2010/5/11)

     昭和に入って間もない1927年、米国から日本へ「青い目の人形」と呼ばれる1万2739体の人形が贈られました。  人形には、両国の関係を良くしたいという米国人宣教師の思いが込められていました。当 …続きを読む

  • 流行は気になる(2010/4/13)

     いつの時代も、「はやり」というものはあるようで……。  「モガ」ということばを、みなさんは知っていますか。「モボ」はどうでしょう?  それぞれ、モダンガール、モダンボーイを略したものです。昭 …続きを読む

編集部からのお知らせ

  • 4月から更新日を変更します

     4月から更新日を下記のように変更します。
    ■こちら人権情報局 第1月曜
    ■クイズ語エ門 第2・最終月曜
    ■昔の新聞点検隊 第3月曜
    ■漢字んな話 第4水曜
    ■ことば談話室 随時
     今後ともご愛読をよろしくお願いします。

  • 3コーナーは3月で休止します

     あなたも校閲記者、文字@デジタル、こつこつコウエツの3コーナーは3月いっぱいで定期更新を休止します。どうかご了承下さい。

  • 「クイズ語エ門」が本になりました

     「クイズ語エ門」の過去4年分の問題をまとめた「正しい日本語の練習」が、PHP研究所から出版されました。

Twitter

※ツイッターのサービスが混み合っている時などツイートが表示されない場合もあります。

注目コンテンツ

  • ショッピング・旅行磁石でくっつくペンケース

    手帳やノートにペタリ

  • ブック・アサヒ・コム養老孟司が書いた「遺言。」

    口述ではなく書き下ろし

  • 【&M】女優水崎綾女さんのイケ麺

    私の常識を覆したカレーうどん

  • 【&w】揚げたての天ぷらとワイン

    ワインバル・クルージング

  • WEBRONZAがん検診かくあるべし

    急増の大腸がん効果的な検診を

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ