メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月12日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

門田 耕作(もんだ・こうさく)

記事一覧

  • こちら人権情報局医学用語、配慮・気づかいを追い求めて(2016/8/5)

     6月、日本医学会の医学用語を考えるシンポジウムが東京都内で開かれました。患者の側に立った治療をするためには患者と医療従事者の十分なコミュニケーションが必要で、分かりやすい用語で会話することが医療現 …続きを読む

  • 医学用語、配慮・気づかいを追い求めて(2016/8/5)

     6月、日本医学会の医学用語を考えるシンポジウムが東京都内で開かれました。患者の側に立った治療をするためには患者と医療従事者の十分なコミュニケーションが必要で、分かりやすい用語で会話することが医療 …続きを読む

  • 全盲ろうの門川さん、盲導犬と歩む人生へ(2016/4/15)

     本紙ひと欄(昨年12月31日付)で、盲導犬と歩く夢を語っていた盲ろうの門川紳一郎さん(51)=視聴覚二重障害者福祉センターすまいる理事長=がこのほど、念願の盲導犬使用者になりました。公益財団法人 …続きを読む

  • 「難民しよう!」「在日しよう!」のイラスト本に抗議(2016/2/5)

     昨年9月、難民の少女をモデルにして「他人の金で。そうだ 難民しよう!」との文言を添えたイラストがフェイスブックに投稿され、難民に対する差別ではないかと議論を呼びました(毎日新聞2015年10月8 …続きを読む

  • 難民のこと、難民映画祭でもっと知って!(2015/9/25)

     シリア難民の受け入れが欧州などで大きな問題になっています。難民や移民を乗せた船が地中海で転覆して犠牲者が出たという悲劇は、紙面で何度も目にしてきました。この間、オーストリアを移動中の大勢の難民が …続きを読む

  • 教科書のアイヌ記述、検定で“歴史歪曲”(2015/8/21)

     2016年度から中学校で使われる教科書の検定結果が4月、文部科学省から公表されました。それによると、「東京裁判」や「慰安婦」などの社会科の記述について、政府見解に基づくよう意見が付けられ、修正が …続きを読む

  • ランチ難民は「難民」じゃない!(下) (2013/7/26)

    ■「難しい民」に否定的なイメージ  「ネットカフェ難民」や「ランチ難民」のように、行き場のない人、困っている人の比喩で使われることが多くなった「難民」という言葉。「世界難民の日」の6月20日、東京 …続きを読む

  • ランチ難民は「難民」じゃない!(上) (2013/7/12)

    ■まずは知ることから始めよう「難民」というと、まず何をイメージしますか。インドシナからのボートピープルはふた昔以上も前のことで、アフガニスタン、イラクなど中東やアフリカの紛争地の難民キャンプは遠い …続きを読む

  • ヨイトマケ「放送禁止」はナンセンス(2013/2/8)

    ■紅白歌合戦の衝撃「ちょ!さっきの紅白見た人いる!?衝撃!!」「どうして美輪さんは金髪じゃなかったんだろうねぇ」「凄(すご)い歌詞らしいけど、衝撃で内容一切入って来んかったーー(; ;)」 この会 …続きを読む

  • ホームレスの人たちに「支援」は届いているか(2012/11/16)

    ■襲撃事件すら「忘れられてしまう」 10月13日と14日の未明、大阪市北区のJR大阪駅と阪急梅田駅周辺でホームレスの男性5人が相次いで襲われ、富松国春さん(67)が亡くなりました。ホームレスの人た …続きを読む

  • ハンセン病回復者にハンストさせるのか!(2012/8/24)

    ■平均年齢80歳超、介護が必要な人も 7月、「ハンセン病 元患者ハンストへ」などと見出しにうたった記事をいくつかの新聞が掲載しました(冒頭の見出しは20日付東京新聞夕刊、ほかに19日付毎日新聞など …続きを読む

  • アイヌ副読本「修整問題」は「日本人問題」(2012/6/8)

    ■発行を延期、いまだ配布されず  財団法人「アイヌ文化振興・研究推進機構」(札幌市)が発行してきた小中学生向けの副読本「アイヌ民族:歴史と現在」が今年度、まだ子どもたちに配布されない事態が続いてい …続きを読む

  • 「見た目問題」――顔の差別と向きあう人びと〈下〉(2012/3/2)

     顔や体にあざがあったり、事故や病気による傷ややけどの痕、脱毛などといった症状があったりする人たちが生活の中で直面している「見た目問題」。いま、大阪市浪速区の大阪人権博物館(リバティおおさか)で開 …続きを読む

  • 「見た目問題」――顔の差別と向きあう人びと〈上〉(2012/2/25)

     単純性血管腫、アルビノ、口唇・口蓋(こうがい)裂、眼瞼(がんけん)下垂、円形脱毛症、トリーチャー・コリンズ症候群……、読者のみなさんはごぞんじでしょうか。顔や体にあざや、事故や病気による傷、やけ …続きを読む

  • 歌で発達障害への理解訴え(2011/12/23)

    ■シンガー・ソングライターうすいまさとさん ライブ&トーク 障害者週間の12月9日、3人の発達障害の子を持つシンガー・ソングライターうすいまさとさん(37)のライブ&トーク「生まれてくれてありがと …続きを読む

  • 障害ではなく、家族を描いた(2011/11/26)

    ■「自分の中に差別意識があった」 映画「ちづる」監督語る 自閉症の妹を、大学の卒業制作で撮った赤崎正和さん(23)のドキュメンタリー映画「ちづる」が、東京都中野区のポレポレ東中野などで上映されてい …続きを読む

  • 原発ジプシー 比喩としての「ジプシー」考(2011/7/15)

     福島第一原発の事故を受け、ライター堀江邦夫さんの旧著「原発ジプシー」が、講談社文庫から「原発労働記」とタイトルを変え、現代書館からは原題のまま増補改訂版の単行本として、それぞれ復刊されました。文 …続きを読む

編集部からのお知らせ

  • 「ことばの広場」が本になりました

     校閲センターがオピニオン面に連載している「ことばの広場」が本になり、さくら舎から出版されました。

  •  「いつも日本語で悩んでいます」

  • 「クイズ語エ門」が本になりました

     「クイズ語エ門」の過去4年分の問題をまとめた「正しい日本語の練習」が、PHP研究所から出版されました。

Twitter

※ツイッターのサービスが混み合っている時などツイートが表示されない場合もあります。

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】吸引機能がついた賢いゴミ箱

    センサーでゴミを検知して吸引

  • 写真

    【&TRAVEL】クルナス湖で足こぎボート

    クノッソス宮殿は子連れに過酷

  • 写真

    【&M】2カ月住み込んで作る観光本

    『d design travel』

  • 写真

    【&w】目からウロコの歴史の真実

    まんがで読む世界史〈PR〉

  • 写真

    好書好日観ても読んでも怖くて面白い

    映画「来る」と原作本レビュー

  • 写真

    WEBRONZA国内避難民を知ってますか?

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンハワイ島で過ごす最高の時間

    人気ホテルがリニューアル

  • 写真

    T JAPANホリデーシーズンにおすすめ!

    贈りものごよみVol.10

  • 写真

    GLOBE+大江千里が語る47歳の転身

    絶頂期にポップスを捨てNYへ

  • 写真

    sippo弱った犬や猫を引き取り介護

    「私の宝物」「気を張りすぎず」

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ