この一戦に勝てば1994年のサッカー・ワールドカップ(W杯)米国大会に出場できるという大一番、アジア地区最終予選最終戦の日本-イラク戦(93年10月28日)。試合終了間際に同点ゴールを奪われて日本が本大会出場を逃した。これが「ドーハの悲劇」という名で語り継がれています。日本時間29日午前0時すぎ(現地時間28日午後6時すぎ)、テレビの前で衝撃を受けた方も多いかと思います。この「ドーハの悲劇」という言い回しについて新聞各紙を中心に調べると、「悲劇」から1週間のうちにいろいろな媒体で使用されていたことが分かりました。一方、W杯本大会進出を決めた韓国の新聞には「ドーハの奇蹟」という見出しが躍っていたのですが、後年、サッカーとは異なるスポーツで「ドーハの悲劇」という言葉が使われるようになりました。

 93年10月の「W杯アジア地区最終予選」には、1次予選を突破した6チームが参加しました。総当たり戦で戦い、上位2チームが本大会に出場。順位は勝ち点(勝利=2点、引き分け=1点)で決まり、それが同じ場合は得失点差で判断するというシステムでした。日本は10月25日の第4戦(ハリファ競技場)で韓国を1-0で破り、この時点でトップを走っていました。最終第5戦で日本はイラクを破れば無条件で本大会進出決定、負ければ敗退決定、引き分けの場合は韓国・サウジアラビアの勝ち点と得失点差により決まるという状況で、各チームの条件差をなくすために最終戦のみ3スタジアムで一斉にキックオフされることが決まっていました。この同時進行の方式がドラマを生みました。