(4月8日付朝刊に掲載した「ことばの広場」を再録しました)

 大リーグが開幕しました。キャンプ中に交際相手の妊娠を発表して話題になったダルビッシュ有投手は、右ひじを手術し、残念ながら4季目をリハビリのシーズンとして迎えています。

 2月下旬、「入籍等はまだ未定」と、彼のブログから記事に引用したところ、「入籍」を婚姻の意味で使うのは女性差別的で不適切なのではと指摘する女性読者のメールが届きました。

 戸籍用語としての「入籍」は本来、すでにある戸籍に別の人が入る手続きのこと。出生届で子が親の戸籍に入る例などが該当します。結婚の場合、初婚同士であれば、2人だけの戸籍が新たに作られるため「入籍」には当たりません。再婚時など自分の戸籍をすでに持っている場合は、配偶者が「入籍」する結婚もあり得ますが、結婚イコール入籍ではありません。