メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

記事に、差別を助長したり人を傷つけたりする表現がないかを考えるのも校閲の仕事です。このコーナーでは、「ことば」と人権の問題について考えるヒントになるような記事を紹介します。
たとえば、朝日新聞では通常「障害者」と書いていますが、「害」の字の否定的なイメージを避けようと「障がい者」という表記も広まりつつあります。2010年の常用漢字表改定では、「障碍者」という表記が使えるように「碍」の字を入れてはどうかという声も出ました。結局「碍」は常用漢字に入りませんでしたが、このような動きは、「ことば」と人権を考える上でとても興味深いです。朝日新聞に最近掲載された中から、ことばと人権の問題を考えるヒントになるような記事をご紹介します。

最新記事一覧

編集部からのお知らせ

  • 「ことばの広場」が本になりました

     校閲センターがオピニオン面に連載している「ことばの広場」が本になり、さくら舎から出版されました。

  •  「いつも日本語で悩んでいます」

  • 「クイズ語エ門」が本になりました

     「クイズ語エ門」の過去4年分の問題をまとめた「正しい日本語の練習」が、PHP研究所から出版されました。

Twitter

※ツイッターのサービスが混み合っている時などツイートが表示されない場合もあります。

注目コンテンツ

  • ショッピング・旅行一見ただの大皿に見えるが…

    朝食にも使えるグリルプレート

  • ブック・アサヒ・コム30歳を過ぎて洗礼を受けた

    そして西洋文学に興味を持ち…

  • 【&M】日本のアートは遅れてる?

    Chim↑Pomの過激な展示会

  • 【&w】基本レシピをマスターしたら

    フムスのアレンジレシピ

  • WEBRONZA民主主義を重視しない若者たち

    民主主義とのディスコネクト

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ