「自閉症」について、どんなことを知っていますか。名前は聞いたことがあっても、くわしくは知らない方も多いかもしれません。


 自閉症は、先天的な脳の機能障害です。一般に、社会的なコミュニケーションが苦手、特定のものへのこだわりが強いなどの特徴があります。たとえば、①冗談や比喩の理解が苦手で、言葉を額面通り受け取ってしまう②変化が苦手で、物の配置や予定が急に変わるとパニックをおこす③指さしなどの社会的な合図、ジェスチャーの理解が苦手――などです。ただ、苦手なことや知的な発達度は人によって違い、この「一口には語れない」ことにより、自閉症への理解がすすんでいないという面があります。

 実際に自閉症の世界を「体験」することを理解のきっかけにしてもらいたいと、昨年12月、東京・新宿でワークショップが開かれました。会場は、廃校になった小学校を改装したイベントスペースの一室。記者自身も参加し、「謎解き」に挑戦しながら自閉症について学んできました。その様子をご紹介します。

■ゲーム仕立てで問題に挑戦

 「では、くじをひいてくださーい」。参加者12人が3チームに分かれ、くじで先生役1人と子ども役3人に割り振られます。

 舞台設定は「未来の学校」。そこに迷い込んだ3人の子どもが、先生の助けを借りながら、謎を解いて元の世界に戻るというストーリーです。

 迷い込んだ3人は、まずいつもと違う感覚に戸惑います。いろんな音が聞こえる、目が見えにくくなり、指先の感覚も鈍くなって、細かい作業をするのが難しい――。そんななかで、先生の助けを借りながら問題に挑戦していきます。

 「いつもと違う」感覚になるために、子ども役の人は、耳に集音機、目には視界を狭くするゴーグル、そして2枚重ねの手袋を身につけます。

 自閉症の人の持つ感覚はさまざまで、個人差があります。たとえば聴覚ひとつをとっても、敏感な人は大きな音やざわざわした場所が苦手で、反対に感覚が鈍い人は名前を呼ばれても気づかなかったりします=下図参照。

 参加者がつけた三つの器具は、音に敏感・視野が狭い・触覚がにぶい、という状況をそれぞれ体験するためのものです。

青山 絵美(あおやま・えみ)

広島県出身。2011年に入社し、以来、東京本社校閲センター勤務。大学では、日本古典文学を学び、アメフット部で青春を燃やした。猫をこよなく愛するが、20歳を過ぎてアレルギーを発症。悲嘆の日々をおくる。