本紙ひと欄(昨年12月31日付)で、盲導犬と歩く夢を語っていた盲ろうの門川紳一郎さん(51)=視聴覚二重障害者福祉センターすまいる理事長=がこのほど、念願の盲導犬使用者になりました。公益財団法人日本盲導犬協会によると、見えない聞こえない全盲ろうの人で盲導犬を使用するのは、日本ではいま、門川さんだけだといいます。

■盲ろう者の社会参加の先頭に立って

 門川さんは生まれつきの弱視で、4歳の時に失聴。視力は光を感じる程度です。日本で初めて盲ろう大学生となった東大教授福島智さんに続いて大学に進み、卒業後は米国に渡って手話やリハビリテーションを学びました。

 帰国して1999年、「就労へつないでいけたら」と、盲ろう者が集い情報交換できる拠点としてNPO法人すまいるを大阪で始動。単身、海外の盲ろう大会に出向くなど、盲ろう者の社会参加の先頭に立ってきました。

 盲導犬を使用している盲ろう者が欧米にいることは、実際に海外で出会って知っていました。留学中に知り合ったインド人の盲ろう男性は生まれつきのろう者で、言葉はしゃべりませんでしたが、ニューヨークの街を盲導犬と地下鉄に乗り、マンハッタンの門川さんのところへも来たといい、その勇気ある行動に心動かされたそうです。

 当時門川さんはまだ、白杖を使って1人で歩くことができたので、日本では全く聞こえない人には盲導犬を持たせてもらえないのかな、というくらいに考えていたそうです。しかし、十数年前から視野が狭まり、視力も落ちて1人では歩きにくくなり、「以前のように自由に動き回りたくて」盲導犬使用の可能性を考えるようになりました。

■「風を切って自由に歩けるように」

 そんな折、盲ろう団体で一緒に活動している弱視で難聴の男性が盲導犬使用者になったことを知り、男性に日本盲導犬協会を教えてもらってすぐに連絡をとったのが3年前の夏。その年の秋に同協会の理事で、盲導犬育成統括責任者の多和田悟さん(63)と会い希望を伝えました。そのとき、多和田さんは「門川さんの歩きたいという強固な意志」を感じたそうです。

 盲ろう者の盲導犬使用については、犬との共同訓練の際に訓練士が即座に犬の動きや指示を伝える難しさや、犬がほえてもそれが聞こえないなど盲ろう者と犬とのコミュニケーションの難しさなどが言われていました。しかし、以前から盲ろう者の歩行について研究してきた多和田さんはこのときすでに、「この人をどうやって歩かせようか。そのためにはどんな準備をすべきか」を考えていたといいます。

 去年4月、大阪市天王寺区のすまいるの事務所で、多和田さんと担当に決まった同協会神奈川訓練センター訓練部マネージャーの田中真司訓練士(34)が門川さんと顔合わせ。以来、コミュニケーションの取り方や講習の内容などについてメール等で下準備を重ね、今年2月8日、横浜市港北区の訓練センターでいよいよ門川さんと盲導犬、訓練士の共同訓練が始まりました。盲導犬と一緒に寝起きしながらの、約1カ月のプログラムです。

門田 耕作(もんだ・こうさく)

1957年、兵庫県生まれ。84年、活版時代の大阪・校閲部入社。用語幹事として「朝日新聞の用語の手引」(2015年3月刊)を編集。現在、東京で用語担当。差別・人権問題の紹介にも取り組む。日本酒と焼きそば(古里ではそば焼きと言った)が好き。