熊

 咲の授業参観ってのに行ってきたんだが、先生ってのは偉いねえ。

ご隠居

 熊が授業参観? 熱でもでたのかい。

熊

 これでも父親だよ。でもって、授業で校倉造りってのが出てきたわけだ。

ご隠居

 正倉院の?

熊

 そうそう。そしたら咲が「校倉(あぜくら)」の「あぜ」ってどういう意味ですかって、生意気なことを聞くんだよ。

ご隠居

 ほう。先生は、どう答えたんだい。

熊

 さすがだよ。慌てず騒がず「あぜ」は組み合わせる、寄り合わせるという意味の「あざう」からきたものといわれています、だってさ。

写真・図版

校 説文

ご隠居

 そりゃ、お見事。「あぜに造ったくら」っていう説もあるようだけどねえ。

熊

 そりゃ、誰かさんの駄洒落(だじゃれ)みたいだね。でもどうして「校」という字を当てはめたんだろうね。

ご隠居

 辞書によると校にはいくつか解釈があってね。その一つが、木を組み合わせたものをいって、手足を締め付ける、枷(かせ)なんて意味。

前田 安正(まえだ・やすまさ)

前東京本社編成局校閲センター長、現在は朝日新聞メディアプロダクション校閲事業部長。1955年、福岡県生まれ。早稲田大学卒業、82年入社。2005年1月、東アジアの漢字事情をリポートした「アジアズームイン漢字圏」、07年1月、IT時代の漢字をテーマにした「漢字とつきあう」などを担当。13~16年、夕刊に「漢話字典」を連載。