【解説】

 東京都の中央卸売市場は、築地から豊洲に移転し11月7日に開場するはずでした。ところが、小池百合子知事の就任後、土壌汚染対策の盛り土がなかった問題など不測の事態が次々と明らかになり、移転の行方が分からなくなっています。では、今から約90年前、関東大震災をきっかけに日本橋の魚市場が築地への引っ越しを決めたころの様子はどうだったのでしょうか。

 今回取り上げるのは1924(大正13)年3月30日付の記事です。いきなり「魚市場問題で市会に押寄せた河岸の哥児(あにい)連……」で始まっていて、見出しには「銀座松本楼を襲撃す」とあります。

 記事の大要は、「魚市場問題で怒った市場の働き手1千~2千人が、東京市会に押し寄せて気勢を上げ、(自分たちに不利な)議案が可決されたのを知ると大騒ぎになった。憤激のあまり議案に賛成した(と彼らが思い込んだ)小坂梅吉議員に報復しようと、小坂氏の経営する料理店の銀座松本楼を襲撃、石やれんがを投げつけ店をめちゃめちゃに破壊。警察が動き首謀者を拘束して警戒にあたると、ようやくこの夜の騒ぎは収まった」ということです。

 ずいぶんと乱暴な話です。なぜこんなことが起きたのか、まず「魚市場問題」とは何かといった事件の背景を知らないとこの記事は理解できません。

 もともと東京の魚市場(魚河岸)は、江戸幕府に魚を納めた余りの魚を市中で売ることを許された漁民、商人たちが船による運送の便のよい日本橋の河岸周辺に集まって市(いち)が立つようになったことから始まりました。幕府の後ろ盾があったとはいえ、魚河岸は民間のもので公設市場ではありません。江戸時代を通じて河岸独特の商習慣や既得権ができていて、明治に時代が替わっても、魚河岸の仕組みは変わりませんでした。

 明治政府は、旧態依然たる日本橋魚河岸を衛生面などから問題視します。1889(明治22)年の「東京市区改正設計」など、数次にわたり市場の移転新設計画が出てきましたが財政難などで実現はできませんでした。第1次大戦後、食料品が値上がり、1918(大正7)年には全国的な米騒動が起きる世相の中、ようやく23(大正12)年3月に帝国議会で「中央卸売市場法」が成立します。生鮮食料品の物価を調整し、人口増加にも対応しきれない小規模な民営市場を統合し、全国に地方公共団体が運営する中央卸売市場を造ろうとするものです。

原文どおりに表記することを原則としますが、読みやすさの観点から

・漢字の旧字体は新字体に
・句点(。)を補った方がよいと思われる部分には1字分のスペース
・当時大文字の「ゃ」「ゅ」「っ」等の拗音(ようおん)、促音は小文字に

等の手を加えています。ご了承ください

町田 和洋(まちだ・かずひろ)

1958年生まれ、群馬県出身。84年入社、名古屋で紙面編集、学芸部記者などを12年ほど転々。名古屋、東京、大阪校閲部を経て08年から東京校閲センター。1万歩ウオーキングが日課。最近は白土三平「カムイ伝」と中森明菜にはまっている。