メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

語エ門

クイズ語エ門

かすみ、おぼろ――どう違う?

2015年4月20日

歳時記では、景色が薄ぼんやりと見える春の宵を「おぼろ」と言う。

解答

閉じる

正解

 この季節、遠くの山々がうっすらと見え、月も淡い光を放ちます。大気が潤むため、このように目に映ります。問題にした「かすみ」と「おぼろ」は春の季語で、ともに「ぼんやりとした様」を表します。では、何か違いがあるのでしょうか? 歳時記によると、薄い雲のように見える現象を、昼間は「かすみ」と言い、夜間を「おぼろ」と呼んで区別しているようです。「朝がすみ」「昼がすみ」「夕がすみ」と時がたち、日が落ちてからも昼と同じ状態で、月が浮かんでいれば「おぼろ月夜」などと表現も変わります。

←前へ 次へ→

歳時記では、景色が薄ぼんやりと見える春の宵を「かすみ」と言う。

解答

閉じる

残念

 この季節、遠くの山々がうっすらと見え、月も淡い光を放ちます。大気が潤むため、このように目に映ります。問題にした「かすみ」と「おぼろ」は春の季語で、ともに「ぼんやりとした様」を表します。では、何か違いがあるのでしょうか? 歳時記によると、薄い雲のように見える現象を、昼間は「かすみ」と言い、夜間を「おぼろ」と呼んで区別しているようです。「朝がすみ」「昼がすみ」「夕がすみ」と時がたち、日が落ちてからも昼と同じ状態で、月が浮かんでいれば「おぼろ月夜」などと表現も変わります。

←前へ 次へ→

編集部からのお知らせ

  • 「ことばの広場」が本になりました

     校閲センターがオピニオン面に連載している「ことばの広場」が本になり、さくら舎から出版されました。

  •  「いつも日本語で悩んでいます」

  • 「クイズ語エ門」が本になりました

     「クイズ語エ門」の過去4年分の問題をまとめた「正しい日本語の練習」が、PHP研究所から出版されました。

Twitter

※ツイッターのサービスが混み合っている時などツイートが表示されない場合もあります。

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】自宅で黒にんにくをつくろう

    通常1ヶ月の熟成期間を12日に

  • 写真

    【&TRAVEL】東京を盛り上げる豪華客船

    2020年に東京湾に入港〈PR〉

  • 写真

    【&M】低いノーズがくさび形を強調

    小川フミオの「世界の名車」

  • 写真

    【&w】一目で義理とわかるチョコ

    はじまりの場所

  • 写真

    好書好日多様な命を育むマサイマラ

    藤巻亮太が見た野生動物の王国

  • 写真

    WEBRONZA橋本治は「体」の人だった

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンオーデマ ピゲ個性的な新作

    四半世紀ぶりの新コレクション

  • 写真

    T JAPANフレンチと日本酒の新たな出会い

    一ツ星シェフ流のペアリング

  • 写真

    GLOBE+絶景に場所取りはつきもの

    詩歩さん連載

  • 写真

    sippoこれで愛犬もかわいく変身

    100均の意外な人気商品

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ