メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

語エ門

クイズ語エ門

国やぶれてサンガリア…ではなくて

2013年5月6日

清涼飲料会社・サンガリアの社名は、杜甫の詩の一節「国破れて山河あり」に由来する。

解答

閉じる

正解

 「国破れて山河あり」は、芭蕉が「奥の細道」で引用したことでも有名ですね。作者は盛唐の詩人・杜甫。「春望」という題の詩の一節で、757(至徳2)年、長安での作といいます。「国破山河在(国都は破壊されたけれども山も河もむかしのままであり)」のあとは「城春草木深(都城には春がおとずれて草や木が青々としげっている)」と続きます(訳は「中国詩人選集」<岩波書店、1957年>から)。ちなみにサンガリアは、「みっくちゅじゅーちゅ」「こどもののみもの」など、ユニークな製品と印象的なCMで知られる大阪市の会社です。  

←前へ 次へ→

清涼飲料会社・サンガリアの社名は、杜甫の詩の一節「国敗れて山河あり」に由来する。

解答

閉じる

残念

 「国破れて山河あり」は、芭蕉が「奥の細道」で引用したことでも有名ですね。作者は盛唐の詩人・杜甫。「春望」という題の詩の一節で、757(至徳2)年、長安での作といいます。「国破山河在(国都は破壊されたけれども山も河もむかしのままであり)」のあとは「城春草木深(都城には春がおとずれて草や木が青々としげっている)」と続きます(訳は「中国詩人選集」<岩波書店、1957年>から)。ちなみにサンガリアは、「みっくちゅじゅーちゅ」「こどもののみもの」など、ユニークな製品と印象的なCMで知られる大阪市の会社です。  

←前へ 次へ→

編集部からのお知らせ

  • 「ことばの広場」が本になりました

     校閲センターがオピニオン面に連載している「ことばの広場」が本になり、さくら舎から出版されました。

  •  「いつも日本語で悩んでいます」

  • 「クイズ語エ門」が本になりました

     「クイズ語エ門」の過去4年分の問題をまとめた「正しい日本語の練習」が、PHP研究所から出版されました。

Twitter

※ツイッターのサービスが混み合っている時などツイートが表示されない場合もあります。

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】吸引機能がついた賢いゴミ箱

    センサーでゴミを検知して吸引

  • 写真

    【&TRAVEL】しるこにイチゴ、静かな時間

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】複業は人生を広げる選択肢

    著者と語る朝渋・西村創一朗

  • 写真

    【&w】「余白のある街」の可能性

    日本橋浜町のブックカフェ

  • 写真

    好書好日気持ち悪いのにクセになる

    白井智之ミステリーの世界観

  • 写真

    WEBRONZA柳川前町長から玉城知事へ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    キュートな猫缶は高感度UP

  • 写真

    T JAPANすきやばし次郎、マグロを語る

    日本の水産資源の現実とは

  • 写真

    GLOBE+中国「真の男をつくる学校」

    NYタイムズ世界の話題

  • 写真

    sippoオスの三毛猫は存在しない?

    まだまだ残る猫のなぞ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ