メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

語エ門

クイズ語エ門

国やぶれてサンガリア…ではなくて

2013年5月6日

清涼飲料会社・サンガリアの社名は、杜甫の詩の一節「国破れて山河あり」に由来する。

解答

閉じる

正解

 「国破れて山河あり」は、芭蕉が「奥の細道」で引用したことでも有名ですね。作者は盛唐の詩人・杜甫。「春望」という題の詩の一節で、757(至徳2)年、長安での作といいます。「国破山河在(国都は破壊されたけれども山も河もむかしのままであり)」のあとは「城春草木深(都城には春がおとずれて草や木が青々としげっている)」と続きます(訳は「中国詩人選集」<岩波書店、1957年>から)。ちなみにサンガリアは、「みっくちゅじゅーちゅ」「こどもののみもの」など、ユニークな製品と印象的なCMで知られる大阪市の会社です。  

←前へ 次へ→

清涼飲料会社・サンガリアの社名は、杜甫の詩の一節「国敗れて山河あり」に由来する。

解答

閉じる

残念

 「国破れて山河あり」は、芭蕉が「奥の細道」で引用したことでも有名ですね。作者は盛唐の詩人・杜甫。「春望」という題の詩の一節で、757(至徳2)年、長安での作といいます。「国破山河在(国都は破壊されたけれども山も河もむかしのままであり)」のあとは「城春草木深(都城には春がおとずれて草や木が青々としげっている)」と続きます(訳は「中国詩人選集」<岩波書店、1957年>から)。ちなみにサンガリアは、「みっくちゅじゅーちゅ」「こどもののみもの」など、ユニークな製品と印象的なCMで知られる大阪市の会社です。  

←前へ 次へ→

編集部からのお知らせ

  • 「ことばの広場」が本になりました

     校閲センターがオピニオン面に連載している「ことばの広場」が本になり、さくら舎から出版されました。

  •  「いつも日本語で悩んでいます」

  • 「クイズ語エ門」が本になりました

     「クイズ語エ門」の過去4年分の問題をまとめた「正しい日本語の練習」が、PHP研究所から出版されました。

Twitter

※ツイッターのサービスが混み合っている時などツイートが表示されない場合もあります。

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】「音のカーテン」で騒音を遮断

    睡眠時や集中したい時に使える

  • 写真

    【&TRAVEL】豪華客船でショーを観劇

    現代風「鶴の恩返し」〈PR〉

  • 写真

    【&M】「東京顔マラソン」を体験

    完走してわかったその楽しさ

  • 写真

    【&w】インスタ時代の新しいパン屋

    このパンがすごい!

  • 写真

    好書好日一条ゆかり、デビュー50年

    原動力は究極のナルシシズム

  • 写真

    WEBRONZAマインドフルネスってなに?

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン山本編集長が語る選ぶべき靴

    ビジネスで最適な一足とは?<PR>

  • 写真

    T JAPAN漫画家、荒木飛呂彦の創造哲学

    アトリエに潜入取材

  • 写真

    GLOBE+中国に学ぶ時代が来た?

    連載「創業@中国」

  • 写真

    sippoブログで見かけた柴犬

    やっぱり犬を飼いたい!

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ