メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

語エ門

クイズ語エ門

国やぶれてサンガリア…ではなくて

2013年5月6日

清涼飲料会社・サンガリアの社名は、杜甫の詩の一節「国破れて山河あり」に由来する。

解答

閉じる

正解

 「国破れて山河あり」は、芭蕉が「奥の細道」で引用したことでも有名ですね。作者は盛唐の詩人・杜甫。「春望」という題の詩の一節で、757(至徳2)年、長安での作といいます。「国破山河在(国都は破壊されたけれども山も河もむかしのままであり)」のあとは「城春草木深(都城には春がおとずれて草や木が青々としげっている)」と続きます(訳は「中国詩人選集」<岩波書店、1957年>から)。ちなみにサンガリアは、「みっくちゅじゅーちゅ」「こどもののみもの」など、ユニークな製品と印象的なCMで知られる大阪市の会社です。  

←前へ 次へ→

清涼飲料会社・サンガリアの社名は、杜甫の詩の一節「国敗れて山河あり」に由来する。

解答

閉じる

残念

 「国破れて山河あり」は、芭蕉が「奥の細道」で引用したことでも有名ですね。作者は盛唐の詩人・杜甫。「春望」という題の詩の一節で、757(至徳2)年、長安での作といいます。「国破山河在(国都は破壊されたけれども山も河もむかしのままであり)」のあとは「城春草木深(都城には春がおとずれて草や木が青々としげっている)」と続きます(訳は「中国詩人選集」<岩波書店、1957年>から)。ちなみにサンガリアは、「みっくちゅじゅーちゅ」「こどもののみもの」など、ユニークな製品と印象的なCMで知られる大阪市の会社です。  

←前へ 次へ→

編集部からのお知らせ

  • 「ことばの広場」が本になりました

     校閲センターがオピニオン面に連載している「ことばの広場」が本になり、さくら舎から出版されました。

  •  「いつも日本語で悩んでいます」

  • 「クイズ語エ門」が本になりました

     「クイズ語エ門」の過去4年分の問題をまとめた「正しい日本語の練習」が、PHP研究所から出版されました。

Twitter

※ツイッターのサービスが混み合っている時などツイートが表示されない場合もあります。

注目コンテンツ

  • ショッピング・旅行磁石でくっつくペンケース

    手帳やノートにペタリ

  • ブック・アサヒ・コムずっと描きたかったテーマ

    チンギス・ハーンの生涯を描く

  • 【&M】店主が狩猟、ジビエのカレー

    ビートイート(東京・喜多見)

  • 【&w】料理家・冷水さんの新連載

    冷水希三子の何食べたい?

  • WEBRONZA平成の終わりとスポーツ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ