メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

語エ門

クイズ語エ門

姑息な男は誰だ?

2015年10月12日

これといった目的もなく、日々を姑息(こそく)に送っていた。

解答

閉じる

正解

 姑は「しばらく」の意で、姑息は「しばらくの間、息をつくこと」。転じて「一時しのぎ」を意味するようになりました。ところが、2010年度の文化庁「国語に関する世論調査」では「ひきょうな」の意が正しいと答えた人が7割を超え、本来の「一時しのぎ」を正解とした人はわずか15%でした。根本的な解決をせず「一時しのぎ」で済まそうとする態度が、すなわち「ひきょう」に映るからでしょうか。意味が変転していく言葉の代表選手、と言えそうです。


【おしらせ】
「クイズ語エ門」が本になりました。過去4年分の問題をまとめた「正しい日本語の練習」が、PHP研究所から出版されました。

←前へ 次へ→

汚い手を使いおって、なんと姑息(こそく)なまねをする男よ。

解答

閉じる

残念

 姑は「しばらく」の意で、姑息は「しばらくの間、息をつくこと」。転じて「一時しのぎ」を意味するようになりました。ところが、2010年度の文化庁「国語に関する世論調査」では「ひきょうな」の意が正しいと答えた人が7割を超え、本来の「一時しのぎ」を正解とした人はわずか15%でした。根本的な解決をせず「一時しのぎ」で済まそうとする態度が、すなわち「ひきょう」に映るからでしょうか。意味が変転していく言葉の代表選手、と言えそうです。


【おしらせ】
「クイズ語エ門」が本になりました。過去4年分の問題をまとめた「正しい日本語の練習」が、PHP研究所から出版されました。

←前へ 次へ→

編集部からのお知らせ

  • 「ことばの広場」が本になりました

     校閲センターがオピニオン面に連載している「ことばの広場」が本になり、さくら舎から出版されました。

  •  「いつも日本語で悩んでいます」

  • 「クイズ語エ門」が本になりました

     「クイズ語エ門」の過去4年分の問題をまとめた「正しい日本語の練習」が、PHP研究所から出版されました。

Twitter

※ツイッターのサービスが混み合っている時などツイートが表示されない場合もあります。

注目コンテンツ

  • ショッピング・旅行磁石でくっつくペンケース

    手帳やノートにペタリ

  • ブック・アサヒ・コムずっと描きたかったテーマ

    チンギス・ハーンの生涯を描く

  • 【&M】店主が狩猟、ジビエのカレー

    ビートイート(東京・喜多見)

  • 【&w】料理家・冷水さんの新連載

    冷水希三子の何食べたい?

  • WEBRONZAITが生み出す「偽証拠」

    今日の編集長おすすめ記事

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ